D2、WCGインタビュー

Level UP!にD2のインタビュー動画がアップされてます。
全部起こしてやろうかと思ったけど、
怒られそうだから部分的にしておきました。

海外の大会に多く参加しているBRZRK氏は、
日本のクランがレベルアップして、
レベルの高い戦いをして高めあっていかなければならない、
という事を言っておられました。

「あいかわらず日本とヨーロッパ、アメリカのレベルの差が激しい。
日本が特に出遅れているというのもあるけど、
近い位置には来ていると思う。」

AOCから転向したENZA氏もやはりレベルの底上げの話。

「FPSが自分にあってた。努力していれば上にはいける。
1日12時間くらいやった。そういう人が出てくれば、
全体的な能力があがって上を目指せると思う」

ITOSIN氏もこれまたやはりレベルのお話。

「世界のレベルを感じられて楽しかった。レベルの差は実感した。
今後に関してかなりのプラスになった」

D2のスナイパー、RELOAD氏も世界とのレベルの差を感じているようだ。

「日本では自信があるほうだったが、世界とレベルが違うと感じた」

リーダーのKRV氏はチームワークやチームのまとめで
でいろいろと苦心したらしい。

「このままの状態であがいてもあまり上にはいけない。
解決策を考えなくてはならない」

RockdoGGこと長崎氏のインタビューはかなり興味深いです。

「3年前からFPSの成績は相変わらず。
アジアFPS協会みたいなものが必要じゃないか。」

この他にも今後の日本FPSというものについて
かなり考えさせられるお話があります。

まとめると、世界との差はまだまだあり、
それを埋めるためには日本のクラン全体がレベルアップして
日本のレベルというものを高めあっていかなければならない、
ということが共通しているでしょうか。

情報元 : WCG日本