『Team Fortress 2』バグ修正のアップデートリリース

Team Fortress 2

『Team Fortress 2』のバグを修正したアップデートがリリースされました。

Team Fortress 2 Update Released

  • paged pool memoryトラッキングを改善した
  • 正しいjpegファイルでないスプレーロゴをインポートした時にクラッシュするのを修正した
  • MedicのUberCharge統計のトラッキングを修正した
  • Engineerが建築物を破壊することでスコアを取れていたバグを修正した
  • Engineerは自分が作ったテレポーターを使ってもポイントを得ることが出来なくなった
  • Freezepanel hudの改善は、”jpeg”コマンドの使用をトリガーとするようになった
  • Spyが変装がとけていない状態で変装している間に攻撃できるようになっていたバグを修正(訳あやしいです)
  • 打撃武器に切り替え中に発生するバグを修正した
  • プレーヤーがctfでインテリジェンスと共にテレポートできるようになっていたバグを修正した
  • MP3再生時にクライアントがクラッシュするのを修正した
  • 統計サーバーに接続できなかった際にクライアントが統計データを取り扱うのを改善した。いくつかのケースで統計がロスしてしまうのを修正した。

――――

「jpeg」コマンドでどのようになるのかためしてみたところ、スクリーンショットが撮影されましたが挙動的に正しいのでしょうか。
jpeg_qualityで画質が変更できるようなので100にしてみたところ容量が大きくなりました。

jpegコマンド

縮小しているので文字がちょっとにじんでしまっています。

情報元

コメント

Avatar codename-G-

jpgでスクリーンショットをとるコマンドなんでしたっけ?

Avatar Yossy

Cvarリストみましたが、「jpeg」みたいですね。

jpeg : Take a jpeg screenshot:
jpeg [filename] [quality 1-100]
jpeg_quality : 90 jpeg screenshot quality.

bind "F5" "screenshot"

bind "F5" "jpeg"

試したらこれでいけました。