StarCraft『EVERスターリーグ2007』でイジェドン選手が優勝

StarCraft『EVERスターリーグ2007』でイジェドン選手が優勝
StarCraft 個人リーグ『EVERスターリーグ2007』決勝戦の記事です。

韓国ではeスポーツサイトはもちろん、全ての有名スポーツ紙が大きく報道しています。
大きな大会なので、各紙のスポーツ面に掲載されているのですが、今回はある事情により、芸能面にも多数掲載されています。

その事情とは…実は、優勝したイジェドン選手の所属チーム「Lecaf」のチョジョンウン監督が先日、女優のアンヨノンさんとの結婚を発表し、彼女が今日の競技の応援に駆けつけたのです。
そしてジェドン選手の優勝が決まった瞬間、感激の涙を見せたことが話題になっているというわけです。

ちなみに準優勝となったソンビョング(Stork)選手は、今年の『World Cyber Games2007』スタークラフト部門で優勝した選手です。

和訳

「2回、3回優勝のためにベストを尽くしたい」

「破壊の神」イジェドン(Lecaf)が 22 日、一山 KINTEX で開かれた「EVER スターリーグ 2007」決勝戦で、「総司令官」ソンビョングをセットスコア 3 : 1 で破り優勝を果たした。

イジェドンは生涯初の優勝と、スターリーグ通算 8 番目のロイヤルローダー(スターリーグに初進出した選手が優勝すること)となった。
チームの先輩であるオヨンジョンに続きイジェドンまでロイヤルローダーになり、Lecaf だけでも 2 名のロイヤルローダーを輩出する記録を立てた。

競技前半から気勢のいい両選手の接戦は、どの決勝戦にもまして互角だった。
1 セット目ではソンビョングが相手のマルチタイミングを遅らせ、ザーグリングとラーカーをうまく防ぎぬいて勝利を収め、気分のいい出発を見せた。
しかし、2 セット目でイジェドンがスカージとミュータリスクの適切なタイミングラッシュを見せ劇的な逆転勝利を収め、セットスコアを 1 : 1 にした。

3 セット目からは、互角の均衡が崩れた。3 セット目でイジェドンは、コルセアとシャトルリーバーで攻撃を企てるソンビョングに立ち向かい、ヒドラリスク中心の物量で制圧し、セットスコアを 2 : 1 にすることに成功した。
続いて繰り広げられた 4 セット目でもイジェドンは、多数のマルチハッチェリーからわき出る兵力でソンビョングの兵力を制圧し、ウルトラリスクまで生産、勝利を確定させ競技を締めくくった。

情報元