eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ネクソンが韓国で『Counter-Strike Online』2度目のテストを実施

Counter-Strike Online (カウンターストライク オンライン)

2008 年 1 月 10 日から 4 日間、『Counter-Strike Online』二度目のテストが韓国で実施されます。

日本のみなさんもテストに参加できるといいんですが、残念ながら韓国の住民登録番号がないと「ゲームポータルネクソン」の会員にはなれないようです。

和訳

来たる10日から4日間テスト進行

(株)ネクソン(代表クォンジュンモ)は来たる 10 日から、自社で開発した『Counter-Strike Online』の二度目のテストを実施する。

今回のテストは、最初のテストと同じように「ゲームポータルネクソン」の会員であれば誰でも別途の申請手続きなしに参加が可能で、13 日まで計 4 日間行われる。

ネクソンは、ユーザーの便利性の増大と快適なプレー環境の提供に重点を置き、今回のテストを行う予定だ。

特に今回のテストバージョンでは、マウス感度調節、ズーム感度調節などゲームの細部数値を調節できる 40 種類余りのコンソール(Console)命令語を追加し、ユーザー各々のプレー環境の最適化をサポート、初テストでユーザーから受けたさまざまなテスト結果をもとに、より快適なネットワーク環境を提供する予定だ。

また、前回の初テストでユーザーから希望のあった「オープン GL (OpenGL, Open Graphics Library)」がサポートされる。「オープン GL」は原作「カウンターストライク」で基本的にサポートされていたグラフィック処理モードで、「オープン GL」のサポートにより、グラフィック処理能力が一層向上し、アニメーションがナチュラルになった。

そしてクランを生成して加入できるシステムをオープンし、5 名以上で構成されたクランを対象に 10 のクランを抽選し、クラン名を今後持続的に使用できる「クラン名先占」イベントも行われる。

『Counter-Strike Online』の開発を総括しているパクギョンミン室長は、「前回の初テストを通じて原作のゲーム性と正統性継承に関する部分を重点的にお見せしたならば、今回のテストではより快適な環境でプレーできるようにさまざまなサポートをする予定」とし、「今回のテストも、多くの関心と参加をお願いしたい」と話した。

『Counter-Strike Online』はアメリカのバルブ社の原作を基盤にネクソンが開発中のオンライン FPS ゲームで、アジア 4 か国(韓国、日本、中国、台湾)でサービスが提供される予定。原作「カウンターストライク」は発売後、今までに全世界で 900 万枚を超えるパッケージが販売され、一日平均 30 万名の同時接続者数を記録している全世界ベストセラータイトルだ。

情報元

Avatar
Writer
寄稿者

Comments (0)
  1. Avatar mishima2006 says:

    コンソールが使えるのかー

  2. Avatar morisoba says:

    始まったらやってみたい気がする・・・

  3. Avatar cha$er says:

    30万名同時接続ってよく考えてみればすごいな・・・。
    CSOも始まったらとりあえずはやってみたいね。

  4. Avatar [ says:

    昔は外国人垢が作れたから まだ垢持ってる人はデキル

  5. Avatar JamesB says:

    startmovieが使えることを切に願います…。(多分ムリ