eスポーツ展開にも注力したオンラインFPS『カウンターストライクオンライン』が2019年3月6日(水)にサービス終了

ネクソンが運営するオンラインFPS『カウンターストライクオンライン』が2019年3月6日(水)のメンテナンスをもってサービス終了となることが発表されました。

カウンターストライクオンライン』が2019年3月6日(水)にサービス終了

『カウンターストライクオンライン』は、『Counter-Strike Condition Zero』をベースとして基本無料のオンラインFPSとしてサービス化されたタイトルです。

2009年8月12日(水)よりサービスを開始し、「ゾンビモード」の実装などをきっかけにプレー人口が爆発的に増加

日本公式大会『Counter-Strike Online Japan Championship』や、世界大会『Counter-Strike Online World Championship』といったeスポーツ展開も実施され、日本代表を世界大会に派遣するということも積極的に実施されてきました。

サービス終了までのスケジュール

  • NEXONポイントによるアイテム販売終了:2018年12月19日(水)メンテナンス
  • サービス終了:2019年3月6日(水)メンテナンス

後継となる『カウンターストライクオンライン2』は、一足早く2018年2月28日(水)にサービス終了となっています。

『カウンターストライクオンライン』をきっかけにFPSやCounter-Strikeシリーズを知ったという人もきっと多いはずです。

『カウンターストライクオンライン』が終了になると、残っている韓国系基本無料オンラインFPSの日本展開サービスは『SUDDEN ATTACK』と『Alliance of Valiant Arms』のみになるでしょうか。

『カウンターストライクオンライン』の終了が決定してしまったのは残念ですが、似たようなゲームをプレーしたいという方は、シリーズ最新作の『Counter-Strike: Global Offensive』が基本無料化されたばかりなので、ぜひこちらをプレーしてみて下さい。

今後、大規模なコミュニティ大会や国際大会の日本予選なども開催されます。

関連記事

世界最高峰のFPS Esportsタイトル『CS:GO』が基本無料化、バトルロワイヤルモード「Danger Zone」実装、同時接続数が65万人を超え『Dota 2』に迫る

コミュニティCS:GO大会『宴』、最上位「大関」リーグの優勝賞金が10万円に決定、出場登録が80チームを突破

『CS:GO』が競技ゲームに採用、『eSPORTS国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜~』2019年1月26日(土)・27日(日)に開催

国際eスポーツ大会『WESG 2018-2019』CS:GO部門 日本予選の出場登録がスタート、優勝賞金2万ドル、決勝戦は東京・渋谷で開催

情報元