eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

GOM TV 『STAR INVITATIONAL』 史上最強のベスト16誕生

GOM TV 『STAR INVITATIONAL』 史上最強のベスト16誕生
最近プロリーグが終わり、このところは個人リーグが少しずつ行われています。選手たちにとってはつかの間の休息期間なわけですが、有名選手には休みなんてないと言ったところでしょうか。
今日紹介するのは、このプロリーグのシーズンオフを利用して、新しい大会が開かれることになったというニュースです。

組み合わせ抽選会の会場で発表されることになっている後援者指名選手については、ファンの間ではいろいろな憶測が飛び交っていますが、圧倒的にイムヨファン選手(空軍)を予想、希望している人が多いようです。

和訳

GOM TV 『STAR INVITATIONAL』 史上最強のベスト16誕生

開催・後援者指名選手は組み合わせ抽選式で公開

マジェユン、キムテギョン、ソンビョング、イジェドン、イユンヨルなど、国内スタークラフトプロゲーマー最強の選手が「史上最強のベスト 16 対戦」を構成し、一発勝負を通じて最強者が決まる。

インターネット TV の GOM TV が主催し、XNOTE とインテルが後援する史上最強の総合最強者戦『XNOTE ―インテル ® セントリーノ ® GOM TV STAR INVITATIONAL』(以下 GOM TV インビテーショナル、www.gomtvstar.com)の出場選手名簿が 24 日公開された。

今回の GOM TV 『インビテーショナル』出場選手は、2007 年国内外の主要大会決勝進出者および優勝者、プロリーグ成績優秀選手、KeSPA ランキング上位圏者などを基準に 16 名の選手を選抜した。

これにより 2007 年スターリーグ決勝進出者および優勝者資格で Lecaf のイジェドン、CJ のマジェユン、ピョンヒョンテ、MBC ゲームのキンテギョン、Hanbit のキムジュニョン、Wemade のイユンヨル、パクソンギュンが選抜され、プロリーグの前期リーグ MVP である三星電子のソンビョング、後期リーグ MVP である Lecaf のオヨンジョン、前期リーグ個人戦最多勝である Hanbit のユンヨンテが合流した。

ここへ、主要大会決勝進出やタイトルはなくても 2007 年一年間、一貫した活躍で 2008 年 1 月基準の KeSPA ランキング順位に入った STX のジンヨンス(6 位)、MBC ゲームのヨムボソン(7 位)、KTF のイヨンホ(10 位)、MBC ゲームのイジェホ(13 位)、CJ のパクヨンミン(14 位)など 5 名の選手が追加され、15 名の選手が選抜された。

最後に主催・後援者指名選手が合流すれば、GMT TV 『インビテーショナル』に出場する 16 名の選手がすべて確定する。

主催側は最後の一人である指名選手について、「招待戦という大会の性格に合わせて、実力のみならずネームバリューと人気などをすべて備えた選手を選抜した」とし、「ファンの皆様にお楽しみを残すため、28 日の組み合わせ抽選式の現場で公開する」と話した。

今回の GOM TV 『インビテーショナル』出場選手構成を種族別に見ると、去年各種リーグで強勢を見せたテランが 7 名で最多出場種族となり、プロトスが 5 名でその後に続き、ザーグは 3 名の選手が選抜されるにとどまった。

GOM TV 『インビテーショナル』は、16 名の出場選手とともに競技方式も公開した。今回の GOM TV 『インビテーショナル』は、16 名の選手が 4 つのグループの中でフルリーグベスト 16 を行った後、各グループの上位 2 名がベスト 8 に進出し、その後はトーナメントで競技が行われ優勝者が決まる。

ベスト 16 のグループ別フルリーグ後に行われるベスト 8 から決勝までのトーナメントは、ワールドカップと同じようにAグループ 1 位―Bグループ 2 位、Bグループ 1 位―Aグループ 2 位が対戦し、進出者が決まる。ベスト 16 のグループ別フルリーグは一回勝負、ベスト 8 は 3 戦 2 先勝、ベスト 4 と決勝戦は 5 戦 3 先勝制。

また、12 のプロゲームチームの関係者会議を通じて選定された公式マップは、2007 年プロリーグで使われた 10 種類の個人戦マップの中からブルーストーム、カトリーナ、白馬高地を選び、全競技に均等に配置して使用することとなった。

最後に史上最強の 16 名を対象に最高の選手を選ぶ『XNOTE ―インテル ® セントリーノ ® GOM TV STAR INVITATIONAL』組み合わせ抽選式は、28 日午後 5 時に開かれる。

今回の組み合わせ抽選式は他の大会の方式とは違い、選手が自分のグループを抽選するのではなく、主催および後援者側と有名人など別途の組み合わせ抽選者が無作為で抽選し、グループ編成を仕上げるのが特徴だ。これにより 1 ラウンドでは、KeSPA ランキング 1 位から 4 位のソンビョング、キムテギョン、イジェドン、マジェユンがシードに割り振られA~Dグループに最初に配置され、その後 2 ラウンドからは種族配分の原則にしたがって抽選し、最終 4 グループが確定される。

一方、今回の組み合わせ抽選式をはじめ来たる 2 月 17 日から『XNOTE ―インテル ® セントリーノ ® GOM TV STAR INVITATIONAL』を進行するキャスターと解説者も確定した。まずキャスターは、韓国 eスポーツキャスターの元祖チョンイルフンキャスターとともに、この一年間、結婚と出産で現場を離れていたイヒョンジュキャスターがカムバックを通じて、過去の視聴者を熱狂させた話術を再現することが期待される。

また、最近引退したキムドンスと eスポーツ 2007 で解説に変身したイジュノ氏がともに解説者として合流し「前 KTF 解説組」が構成され、一世代プロゲーマー出身チェジョンウォン解説とスーパーファイトなどで安定した姿を見せたアンジュニョン解説が参加する。彼らは 28 日の組み合わせ抽選式に参加し、別途のグループ別分析を通じて顔見せをする。

『XNOTE ―インテル ® セントリーノ ® GOM TV STAR INVITATIONAL』組み合わせ抽選式はインターネット TV とケーブル Xports で生中継される。

情報元

Avatar
Writer
寄稿者