eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike1.6』に Steam Community と連動するベータ機能追加

Counter-Strike

Counter-Strike1.6』にサーバー管理者用のベータ機能がリリースされました。
ベータ機能を使うことにより、『Counter-Strike1.6』が『Steam Community』と連動するようになります。

変更点

Integrated Steam Community features into Counter-Strike

  • 自動的に Steam Community のプレーヤー名をゲーム内のプレーヤーネームとして表示するようになった
  • スコアボードにアバターが表示されるようになった

Other fixes

  • いくつかのCvar バグを修正した

使い方

サーバーをベータに対応させるためには、『hldsupdatetool』のオプションに『cstrike_beta』を付けて起動すれば OK です。

この情報は、サーバー管理者向けのメーリングリストにて公開されたものです。
登録していないと読むことが出来ませんが、検索してみたらこちらのページで全文を読むことが出来ました。

まだ正式なリリースではありませんが、Counter-Strike1.6 がアップデートするのは本当に久々なことです。
気になったので過去ログを追ってみたところ、このサイトで一番最後に紹介した Counter-Strike のアップデート情報は、2007年3月のものでした。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. thr0ttle より:

    1年半ぶりとはまたすごい。

    ちなみに(過去に日記 http://www.negitaku.org/diary/1402/ でも書きましたが) 既にこの機能が実装されているTF2でゲーム内の名前をSteam Communityでの名前と無関係に設定するには

    setinfo name "(name)"

    というコマンドを使うようです。
    CS1.6にも setinfo というコマンドがあるので、これでいけるかもしれないです(まだ試していませんが)。

    この機能 CS:Sにも来るんですかね…

  2. T.Float 570- より:

    この機能は先にcs:sに来ると思っていただけに意外でした。

    とりあえず自宅鯖で試してみようと思います。

  3. FAWN より:

    これSteam使わないHLDSupdatetoolの場合どうすれば適用できるんですか?