eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『LA Complexity』がチームの継続を発表

LA Complexity

Championship Gaming Series(CGS) 終了宣言 以降、どのチームのサイトを見ても終了以降の動向を明言していませんでしたが、『LA Complexity』がチームの継続を宣言しました。

発表によると、『LA Complexity』のチーム名、商標、Web コンテンツ、URL 等は DirecTV が権利を所有している状態で、チームオーナーの Jason “1” Lake 氏がこれらの資産を獲得するために DirecTV 側に連絡を行ったそうですが、今のところからの返事はないようです。
また、チームを再出発させるためには相当の資金が必要で、新しいスポンサーを探す必要があるそうです。

これらの問題を抱えており、チーム名が compLexity ではなくなるかもしれませんが、Jason “1” Lake 氏はチームを継続することを決定しました。

コメント欄にはプロゲーマーや「PGL を思い出すよ」と他チームのマネージャーからのコメントが寄せられています。

gotfrag のトップに表示される Daras Venom のマネージャー Jax 氏の がっかりした顔 を見る度に、CGS と契約していた各チームの動向が気になります。

情報元

Avatar
Writer
寄稿者

Comments (0)
  1. Avatar 346 says:

    好きなチームなだけに、何とか継続していって欲しいもんです。
    終了宣言以降の~って所のリンクですが、404が出るので
    上手くリンク出来てないっぽいです。

  2. Avatar Yossy says:

    すいませんリンクミスしてましたので修正しました。
    jaxさんの悲しそうな顔は確かに毎回気になる…。

  3. Avatar GOD藤田 says:

    CSの古参チーム Team3Dがなくならないことを祈ります。
    KsharpというCS界に名を残し続けたプレイヤーのプレイが見れなくならないことを本当に・・・

  4. Avatar _mika7 says:

    3Dは米国内の1.6リーグに参戦してるから大丈夫なはず、と祈りたいですね。

  5. Avatar LYXZEN says:

    fRoDのフラグムービーを見てから、ずっとこのチームが好きだったので頑張って継続してもらいたいですね。

  6. Avatar BOSUKETE2 says:

    本日チェックしたら、ついにCGS系サイトが全て404になってました。
    どうにも他チームの動向がわかりませんが、しばらくニュースサイトを見廻ります。