eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

NVIDIA が『Electronic Sports World Cup(ESWC)』のメインスポンサーから撤退

Electronic Sports World Cup(ESWC)

半導体メーカーの『NVIDIA』が eスポーツ大会『Electronic Sports World Cup(ESWC)』のメインスポンサーから撤退したことが明らかになりました。

『NVIDIA』がスポンサーから撤退するのでは?という噂は以前からあり、今年の 10 月に開催された『ESWC 2009』へと繋がる『ESWC Masters of Athens』ではスポンサーに NVIDIA の名前がありませんでした。

今回、ESWC の CEO である Matthieu Dallon 氏が複数のメディアに対して、NVIDIA が ESWC のメインスポンサーを降りたことを認めました。
しかし、NVIDIA はメインスポンサーからは看板を下ろしたものの、地域レベルや ESWC 予選ではこれからもスポンサードを継続していくようです。
NVIDIAがスポンサーを降りた理由については明らかにされていません。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar uNleashed says:

    とても怖いニュースですね。
    ESWCだけには生き残ってほしい。

  2. Avatar spooky says:

    グラフィックがそれほど重視されなくなってきたからでしょうかね
    CS:SやQuake4への移行も一時期はありそうでしたが
    結局CS1.6やQ3に逆戻りしてますし

    RTSなんかじゃFPSに比べてそれほど描画性能も求められないでしょうし

  3. Avatar mishima2006 says:

    なるへそ。