ニュース Topics

2015年3月の『Intel ESL Expo Katowice』でCS:GOトーナメントが開催 2015年3月の『Intel ESL Expo Katowice』でCS:GOトーナメントが開催

2015年3月にポーランドで開催される『Intel ESL Expo Katowice』でCounter-Strike: Global Offensiveのトーナメントが行なわれることが明らかになりました

SteelSeries KANA SteelSeries KANA

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門 1位


『ドスパラ』はゲーミングイベントや LAN パーティをスポンサード

最新ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』でdRuleが優勝

CS:GO JapanChampionsLeague Season2

2週間にわたり開催された『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』でdRuleが優勝となりました。

CS:GO JapanChampionsLeague Season2

『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』はユーザー主催のオンライン大会で、16チーム97選手が参加し、予選1日間、決勝トーメント3日間の計4日の日程で実施されました。

順位

  • 1位: dRule - impalement, noppo, barusa, namie, norisen, misovich
  • 2位: Absolute - Ashley, aferax, Chenimenil, Micke, orechan, vanilla, Yatt3
  • 3-4位: 歌舞伎町wolves - TissueP, NAMA, 宮永照, colona, tabajax
  • 3-4位: Let´s rock! - nikosier, kossy, vesta, ekskin, Soraek
  • 5-8位: Global Life - Asp, uNess, Poem, barce, Bicyclele
  • 5-8位: AKIRASpecial - YuE, lime, StoppinG PoweR, 諸行無常, UW
  • 5-8位: MyBads - Garanty, Awk, pokkuru, Hewitt, Cl0wn, KaijiN, Ka1ChaN
  • 5-8位: SAMURAI FUNK - Patrasche, siorin, 新宿, Medaruof, NoeLy, VI0L4
  • 9-12位: OnechanPower - frost, volcom, GraceEye, ice, Hokkori, Recoix, hikaru
  • 9-12位: NewType - asdfNi, RennyS, cchhaarr, phobos, piyo, MarusaN
  • 9-12位: Monol1th - b0ne, col, p0ti, raku, SeiraN, hypo
  • 9-12位: Vitality - fuji, quako, rainy, jack, sqall
  • 13-16位: NCR - akagi, cherish, sioooooooooooon, ぷらに。, ZEMIX, ALEX先輩, 兄者
  • 13-16位: YOLO - Dis, BMC.Mug11Shq, Muumin, Radium[L], mindobU, Dragstar...., Rolo
  • 13-16位: CruelCrime - Lieny, Syarunaku, NasteL, tRiCkStAr, sakurahi, ANBI, No0bu
  • 13-16位: Gaijin - Larkins, °deFrag, kenjuuu, šhuτ-dÖwÑ™, dy, 100_LIVES

決勝

  • Japan Absolute [2-0] Japan dRule

    • Japan Absolute [06-16] Japan dRule (de_nuke)
    • Japan Absolute [08-16] Japan dRule (de_inferno)

予選、トーナメントを勝ち抜き12/21(日)に行なわれた決勝戦に進出したのは有名プレーヤーで構成される Japan dRule と、『GAMERS LEAGUE 2014 CS:GO Season 3』準優勝の
Japan Absoluteの2チームでした。

1試合目 - de_nuke
1試合目は Japan dRule が選択した de_nukeでの対戦。
テロリストサイドでスタートした Japan dRule が ramp側にプレッシャーをかけながら進撃しB設置から勝利。アドバンテージを得た Japan dRule がそのまま5ラウンドを連取しました。

6ラウンド目、攻めに時間を取られAポイントに入り込んできた Japan dRule の選手を待ち構えていたAshley選手が2連続ヘッドショットでしとめJapan Absoluteはが初のラウンド獲得。

その後、Micke選手の2kill、Ashley選手とYatt3選手がうまくEcoを潰すなどして徐々に反撃していきます。

Japan dRuleは13ラウンド目にロングから回り込みタワー上にブースティングで上がり込む奇襲作戦を展開し。これがBルートを予測していたJapan Absoluteの裏をかく形となり見事にラウンドを取得することに成功しました。

前半は Japan dRule が不利なテロリスト側ながらも9-6で折り返し。後半はJapan dRule が早い寄せやカバーが利くうまいポジショニングでJapan Absoluteを完封し、16-6で勝利となりました。

『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』 Game1

2試合目 - de_inferno

2試合目は Japan Absolute 選択の de_infernoで対戦。
1ラウンド目はテロリストサイドでスタートした Japan dRuleがBポイントに設置から全滅させて勝利し、3ラウンド目までを取得。

Japan Absoluteは4ラウンド目に Ashley選手が Noppo 選手との1vs1を制しラウンド獲得。以降は互いにラウンドを取り合う展開となり、Japan Absoluteが8-7とリードして後半へ。

後半は1試合目と同じく Japan dRuleが堅い守りで8ラウンドをストレートで獲得し16-8で勝利。見事に優勝となりました。

決勝戦は、下記よりのリンクから実況配信付きで視聴することが出来ます。

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

Counter-Strike: Global Offensive 2015年3月の『Intel ESL Expo Katowice』でCS:GOトーナメントが開催

Intel ESL Expo Katowice

2015年3月にポーランドで開催される『Intel ESL Expo Katowice』でCounter-Strike: Global Offensiveのトーナメントが行なわれることが明らかになりました。

Intel ESL Expo Katowice

『Intel ESL Expo Katowice』は、『Intel Extreme Masters World Championship』が開催される競技場「Spodek Arena」に隣接する「Katowice International Congress Center」にて実施されます。

『Intel Extreme Masters World Championship』の競技ゲームは「League of Legends」と「StarCraft II: Heart of the Swarm」の2タイトル。今回は「Spodek Arena」と「Katowice International Congress Center」が競技会場となっており、こちらの場所を利用して CS:GO のトーナメントも行なわれることになります。

スケジュール

  • 2015年3月12日(木) CS:GO、SC2 (International Conference Centre)
  • 2015年3月13日(金) CS:GO、SC2 (International Conference Centre)、LoL (Spodek Arena)
  • 2015年3月14日(土) CS:GO、SC2 (International Conference Centre)、LoL (Spodek Arena)
  • 2015年3月15日(日) CS:GO、SC2、LoL (Spodek Arena)

2014年はValveが賞金支援を行ない「Spodek Arena」にて、『EMS One Katowice CS:GO Championship』が賞金25万ドルで実施されました。

今回の賞金や出場チームがどうなるかはいまのところまだ明らかにされていません。

情報元

e-Sports(eスポーツ) 『Red Bull 5G 2014 Finals』で4ジャンルを制した西日本チームが優勝

『Red Bull 5G 2014 Finals』で4ジャンルを制した西日本チームが優勝

2014年12月21日(日)に開催された『Red Bull 5G 2014 Finals』で西日本チームが4ジャンルを制し優勝となりました。

Red Bull 5G 2014 Finals

『Red Bull 5G 2014』は 5 ジャンルのゲームを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた16人の選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施。日本一の座をかけて競い合いました。

会場は秋葉原の「AKIBA SQUARE」。今年も円形のステージ、ライトの効果的な演出とDJによるBGMというこれまでのスタイル。

Red Bull 5G 2014 Finals

続きを読む "『Red Bull 5G 2014 Finals』で4ジャンルを制した西日本チームが優勝" »

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) 新記録や驚異的展開が続出、『Red Bull 5G 2014 Finals』で記憶に残った“5つ”の出来事

Red Bull 5G 2014 Finals

2014年12月21日(日)に開催された『Red Bull 5G 2014 Finals』では新記録や驚異的な展開が続出しました。今回は「5G」にちなんでたくさんの中から個人的に記憶に残った“5つ”の出来事を紹介します。

『Red Bull 5G 2014 Finals』で記憶に残った“5つ”の出来事

その1: 3大会目にして2ジャンル制覇が実現。エリア横断王者も登場

今大会には過去大会のファイナリストたちが出場していました。

「SPORTS」部門の2012年王者のPoigaman選手(以前は「Jengaman」で出場)、2013年王者のバイキー選手(以前は「マイキー」で出場)選手が東日本チームの「FREE GENRE」ジャンル部門にタッグを組んで出場。

今大会、見事に優勝し両選手は「SPORTS」と「FREE GENRE」で優勝を達成し2ジャンル制覇となりました。また、Poigaman選手は前回、西日本チームでも優勝を達成していたので、今大会で東西両方での優勝を実現させています。

バイキー & Poigaman
左: Poigaman選手、右: バイキー選手

その2: 敗者が次のタイトルを決める前代未聞の競技展開

これまでの『Red Bull 5G』では、主催者側が大会で実施するゲームの順番を決定していました。今年はどんな順番でタイトルで試合が行なわれるか注目を集めていましたが、なんと発表されたのは「敗者が次の競技競技を決定する」というもの。

これにより、各チームは試合展開に応じてどのタイトルで勝負をかけるか、といった戦略や駆け引きが非常に重要となります。観客側は次はどんなタイトルになるのだろうという期待感が高まり、非常に盛り上がる結果となりました。

敗者が次のタイトルを決める前代未聞の競技展開

しかし、通常、大会やイベントを行なう際は予想外のトラブルを避けるために、不確定要素を取り除くのがセオリーと言えます。次のタイトルを選手達が決めるということは、あらかじめ決まった順番で設営が出来ない事になりますから、運営サイドとしては非常にリスキーな進行と言えるでしょう。

この展開は、プロジェクトアドバイザーを務める松井悠 氏の発案によるものとのことなのですが、大会後に競技ステージの運営スタッフに後ほど話を聞いてみたところ「なんてとんでもない事を言い出すんだと思いましたよ。めちゃくちゃ大変でしたけど、無事終了して良かったです…」と安堵していました。

大会を影で支えた裏方スタッフの方にも拍手を贈りたいです。

その3: 真剣にプレーしているこそから諦めない選手たち

今大会では選手達がとにかく諦めないのがとても印象的でした。
「SPORTS」部門のみんなのゴルフでは、前評判の高いVAN選手が2ラウンド目に2ホール連続のイーグルを決めて会場を巻き込んでの逆転劇を期待させる流れを作りましたが、自分のスタイルを崩さず勝利を目指した斬鉄剣選手が見事に勝利。

斬鉄剣

また、ぷよぷよテトリスでも2セットを先取されてあとが無くなった東日本チームのHBM 選手とSelva選手が2セットを取り返し、最終セットにもつれ込む展開となりました。

真剣にプレーしているこそから諦めない選手たち

お互いのチームメイト達も、選手を信じて大声で応援していて非常に格好良いと思わされました。

東日本

西日本

その4: 日本の競技ゲーム史上最年長? 43歳の斬鉄剣選手が見事王者に

西日本の「SPORTS」部門代表の斬鉄剣選手は43歳。

競技的なゲームシーンにおいては若いプレーヤーの方が有利とされているなか、43歳の選手が厳しい予選を勝ち抜き、大勢の観客が見守る決勝で実力を発揮し、「40代でも勝てることを証明したい」という事前コメントを有言実行し優勝を達成したのは素晴らしいとしか言いようがありません。

斬鉄剣

「eスポーツ」は年齢や体格に関係なく勝負出来るのが魅力、とよく言われますが、それを証明する良い実例とも言える結果となったのではないでしょうか。

斬鉄剣

その5: 西日本チームが3年目にして初の優勝を達成

これまで、2012年、2013年大会は東日本チームが優勝し。今大会、東日本チームは「2度あることは3度ある」ということで大会3連覇を狙っていました。

対する西日本チームをチームリーダーとして率いるのは、唯一の3年連続ファイナリスト Kamestry選手。

2年連続で優勝決定戦を任されましたが、残念ながら敗北となり涙を呑んで来ました。

今大会はついに、自身が出場する「PUZZLE」部門でチームメイトのせーは選手と優勝し、西日本チームを勝利に導きました。

Kamestry選手 & せーは選手
右: Kamestry選手

『Red Bull 5G』を3年間見てきたファンに取っても非常にうれしい瞬間だったと思います。

大会の動画配信のアーカイブを以下より見ることができますので、興味が沸いた方は時間がある時にでもぜひご覧になってみてください。

参考

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』決勝戦Absolute vs dRuleが12/21(日)20時より開催中

CS:GO JapanChampionsLeague Season2

オンライン大会『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』の準決勝が12/21(日)20時より開催されています。

CS:GO JapanChampionsLeague Season2

『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』はユーザー主催のオンライン大会で16チーム97選手が参加。

決勝出場チーム

  • Absolute - 覚醒あかりん, Micke, orechan, vanilla, Yatt3
  • dRule - impalement, noppo, barusa, namie, norisen

決勝

決勝戦は2マップを先に制したチームが勝利となる Best of 3 形式で行なわれています。

  • Absolute [vs] dRule

    • Absolute [vs] dRule (de_nuke)
    • Absolute [vs] dRule (de_inferno)
    • Absolute [vs] dRule (de_mirage)

ストリーミング

キャスター

  • shintax
  • execut1ve

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) [12/21(日)開催] 日本のゲーミング界に翼を授けるゲームイベント『Red Bull 5G 2014 Finals』をより楽しむために

Red Bull 5G 2014 Finals

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームイベント『Red Bull 5G 2014 Finals』がいよいよ今週末12/21(日)に東京・秋葉原の「AKIBA SQUARE」で開催されます。

Red Bull 5G 2014 Finals

『Red Bull 5G 2014』は 5 ジャンルのゲームを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた16人の選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施。日本一の座をかけて競い合います。

今年3回目となる『Red Bull 5G』ですが、独特の雰囲気や世界観、そして選手達が作り出すストーリーを多くの人が楽しみその素晴らしさを伝えてきました。

自分もそんな中の一人なのですが、今回はより楽しむことが出来るのではと思うポイントを紹介してみることにします。

以下は『Red Bull 5G 2014』に限ったことでは無く、様々なゲームイベントや大会を観戦しに行ったり見たりする際のポイントとも言えると思います。

その1: 事前に自分ならではの注目ポイントを作ってみよう

『Red Bull 5G』は事前情報無しでも楽しめるイベントだと思いますが、「自分ならではの注目ポイント」を作っておくとより楽しめること間違い無しです。

例えば、「東チームは今年3連覇がかかっている」とか「今年は初出場選手が多いので予想が難しい」とかそんな些細なことでも良いと思います。これで自分の中に1つ「ストーリー」のきっかけが出来ます。これを軸に、展開ごとに新たなストーリーが次々に追加され、よりイベントを楽しむことが出来るようになっていきます。

東チーム
第1回大会 東日本チーム優勝

東日本チーム優勝
第2回大会 東日本チーム優勝。今年3連覇なるか?

また、各出場選手にフォーカスしてみるのも良いと思います。『Red Bull 5G』は大会公式サイトにて、各選手のインタビュー付きの紹介ムービーを順次リリースしています。

これを見ると、「ゲームに対する姿勢が伝わってきたから注目してみよう」というようなことを感じられたり、「イケメンで格好良いからゲームはよくわからないけどこの人を見に行ってみよう」というアイドル的な見方など、人それぞれに楽しむポイントを作る事が出来ます。個人的には、この動画を全選手分チェックしておくのがオススメというか、マストだと思います。

こちらから各選手や予選の動画をチェック (順次リリース中)

さらに大会の裏側や意図などまで踏み込んでチェックしたい人は、下記のインタビュー記事をチェックしてみてください。

その2: 現地でしか感じる事が出来ない独特の空間を楽しもう

Twitchやニコニコ生放送などのストリーミング配信サイトが充実してきて、会場に行かなくても大会やイベントを楽しめる素敵な時代になりました。
ですが、会場に行った人しか味わうことが出来ない空気や臨場感というものが存在します。


上記は今大会の会場イメージです。
この雰囲気でさらにプロのDJがライブで音楽を流してくれるので、会場にいるだけでも楽しい気持ちになってきます。

DJ TOSHIKIさん
写真は前回担当のDJ TOSHIKI。今年はゲームの世界大会で上位入賞の経験を持つDJ HANGERが登場。

ゲームが始まると、選手・観客の熱気や声援がさらに素晴らしい空間を作りあげられてくれます。あの会場の一体感は、現地で観戦している人達だけが味わえる特権です。

可能な人はぜひ現地で、という流れにするはずだったのですが、今年はストリーミング配信もかなり力を入れたものなるそうなので、会場で観戦して、そのあとに映像を見直して余韻に浸る、というのがベストな観戦方法でしょうか。

その3: 選手だけではなく、観客にいる人たちにも注目してみよう

これまでに開催された『Red Bull 5G』を会場で見てきて、選手達が真剣な表情でゲームをしているのと、団結し勝利を目指す様子がとにかく楽しそうで魅力的でした。

選手を見るはもちろんですが、ふとした時に視線を動かして、選手以外のMC、解説者、運営スタッフ、そして周りの観客の表情もチェックしてみてください。きっと、こちらも真剣に試合を見つめていたり、大声で声援を送っていたり、それぞれが様々な表情で大会を楽しんでいるはず。気づけば自分も笑顔でそのような一員になっているに違いありません。

Red Bull 5G 2013 FINALS

ということで、個人的にまとめてみた『Red Bull 5G 2014 Finals』を楽しむためのポイントでした。

チケットは12/21(日)0時まで販売されますので、興味が沸いた方は是非会場に足を運んでみてください。実際に行くのは難しいという方もいるので、もちろんストリーミング配信で楽しむのもアリです。

下記より、大会詳細、ストリーミング、チケット情報などをチェックしてください。

Red Bull 5G 2014 Finals

Finals 開催情報

  • 開催日: 2014年12月21日(日)14時会場、15時開始
  • 会場: AKIBA SQUARE (東京・秋葉原)
  • 優勝チーム賞品: F1鈴鹿グランプリ観戦ツアー & レッドブル1年分

競技ゲーム

  • RACING - Gran Turismo 6
  • FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV
  • SPORTS - みんなのGOLF 6
  • PUZZLE - ぷよぷよテトリス
  • FREE GENRE - バイキングぽいぽい!!

代表選手

東日本

  • RACING - カルソニック(初出場) 、ほんだ(初出場)
  • FIGHTING - aiai (初出場)
  • SPORTS - VAN (初出場)
  • PUZZLE - HBM (テトリス、初出場)、Selva (ぷよぷよ、初出場)
  • FREE GENRE - スーパーバイキングブラザーズ
    • バイキー(マイキー、2013年SPORTS部門優勝)、Poigaman(Jengaman、2012年SPORTS部門優勝)

西日本

  • RACING - ねぎ(2013年RACING部門2位) 、アユム(初出場)
  • FIGHTING - ひかりん(初出場)
  • SPORTS - 斬鉄剣 (初出場)
  • PUZZLE - せーは(テトリス、初出場)、Kamestry(ぷよぷよ、2012&2013年FREE GENRE部門準優勝)
  • FREE GENRE - Gstyle
    • Katayumi (初出場)、Falqon (初出場)

各部門の実況担当者

  • Gran Turismo 6 - 呉圭崇
  • ULTRA STEREET FIGHTER IV - アール
  • みんなのGOLF 6 - 小番芳範 (みんなのゴルフシリーズプロデューサー)
  • ぷよぷよテトリス - ALF
  • バイキングぽいぽい!! - ブンブン丸

ストリーミング配信

  • 出演者: BZRZRK、MC MAMUSHI

予選・選手紹介

予選レポート

選手紹介、予選動画

チケット販売ページ

12/21(日)0時まで

※1,500円、レッドブル1本+特別マフラータオル付き

関係者Twitter

調べて見つけることが出来た方、プライベート設定にしていない方のみ記載しています。
漏れや誤りがありましたら教えてください。

東日本

西日本

実況

ストリーミング出演者

会場DJ

運営関連

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』準決勝が12/20(土)20時より開催

CS:GO JapanChampionsLeague Season2

オンライン大会『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』の準決勝が12/20(土)20時より開催されます。

CS:GO JapanChampionsLeague Season2

『CS:GO JapanChampionsLeague Season2』はユーザー主催のオンライン大会で16チーム97選手が参加。
先週に予選と決勝トーナメントの準々決勝が実施され、4チームが本日実施される準決勝にコマを進めています。

出場チーム

  • Let´s rock! - nikosier, kossy, vesta, ekskin, Soraek
  • dRule - impalement, noppo, barusa, namie, norisen, misovich
  • Absolute - Ashley, aferax, Chenimenil, Micke, orechan, vanilla, Yatt3
  • 歌舞伎町wolves - TissueP, NAMA, 宮永照, colona, tabajax

決勝トーナメント

各試合は、2マップを先に制したチームが勝利となる Best of 3 形式で実施されます。
準決勝を勝ち抜いた2チームは、12/21(日)に実施される決勝戦に進出となります。

ストリーミング

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『ZOWIE GEAR』が100%のフラットさを実現する新開発ラバーベースを採用したゲーミングマウスパッド『SR』シリーズを発表

ZOWIE GEAR G-SR

『ZOWIE GEAR』が100%のフラットさを実現する新開発ラバーベースを採用したゲーミングマウスパッド『SR』シリーズを発表しました。

ZOWIE SR シリーズ

『SR』シリーズは、『ZOWIE GEAR』が長年の研究の末に開発した、密度の高いラバーベースを採用したゲーミングマウスパッドです。

ZOWIE SR シリーズ

画像を見ての通り、新しいラバーベースは気泡が小さく均一化されています。これにより、マウスパッドが平らになるほかマウスパッド上でのマウス操作がより正確性を増すことになります。

特徴

  • 滑らかで均一なテクスチャが一貫して快適な滑りを提供
  • 新たに設計したラバーベースによってどのような表面の上でも安定性がアップ
  • 全てのタイプのマウスと100%の互換性

サイズ

  • G-SR: 横480mm × 縦400mm × 厚さ3.5mm
  • P-SR: 横355mm × 縦315mm × 厚さ3.5mm

発売時期や価格については、ZOWIE GEARの公式 Facebookにて改めて発表される予定となっています。

ZOWIE GEARリリース和訳 (マスタードシード社提供)

2014年12月19日(現地時間)
米カリフォルニア州ハンティントンビーチ

ZOWIE GEARは、新開発のラバーベースを採用したマウスパッド「SRシリーズ」を発表します。

ZOWIE GEARは2010年頃から天然ゴム製のラバーベースの開発を続けてきましたが、完全に平らなマウスパッドを開発するのは、ラバーベースの素材として使われる天然ゴムの原材料の質が一定ではないことから、極めて困難なミッションであることが分かってきました。

その後、2011年に発売したTF SpeedシリーズとCMシリーズには、パーフェクトともいえるフラットさを提供する新設計のラバーベースを採用しました。

このTF SpeedシリーズとCMシリーズのラバーベースは優れた部材ではあるのですが、長い間主流となっている化学繊維系マウスパッドに比べるとやや硬めでした。我々は、柔らかいラバーベースの化学繊維系ゲーミングマウスパッドを好むゲーマーのニーズを理解しています。(注釈:柔らかいラバーベースであれば、テーブルに多少の凹凸があってもピタリと接地し、わずかな凹凸であれば吸収して滑走面をフラットにします)

そして、数年に渡る開発とテストを経て、この問題に対する回答を見つけました。ZOWIE GEAR新開発のラバーベースはようやく完成し、新製品SRシリーズに採用することができたのです。

これほどまでの時間をマウスパッド開発に費やした理由は、ZOWIE GEARがe-Sports(PCゲーム競技)という文化を真剣に考え、そして、ゲームを快適にする優れた商品の重要性を認識しているからであり、ゆえに、ゲーマー本来の実力を引き出せるような製品を常に提供してきました。この新開発のラバーベースは、100%ともいえるフラットさを実現しています。このマウスパッドはこれまで以上に快適で、天然ゴムを裏面に採用するマウスパッドよりも高いグリップ力を発揮します。

新商品G-SRとP-SRは数週間以内に各地域にて発売開始となります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Nキーロールオーバー対応のメンブレン式ゲーミングキーボード『BFKB109UP1』が2015年1月23日に発売

BFKB109UP1

ビットトレードワンが、Nキーロールオーバー対応のメンブレン式ゲーミングキーボード『BFKB109UP1』を2015年1月23日より発売することを発表しました。

エントリー向けゲーミングキーボード BFKB109UP1

『BFKB109UP1』は、複数キーの同時押しやWindowsキーロックなど様々な機能を搭載し比較的安価に手に入れることが可能なメンブレン式のゲーミングキーボードです。

特徴

  • 約 2000 万回の耐久性性能を誇る複数同時押し対応ゲーミングキーボード
  • USB フルスピード N キーロールオーバーに対応し、押したすべてのキーを入力可能に
  • 指の位置を判別しやすいステップスカルプチャー方式を採用
  • 左右の Windows キー 2 秒同時押しで簡単にロック
  • ブレることなく斜めから押した場合でも垂直に押下することができるプランジャー登載
  • 3方向に取り回し可能なケーブルマネージャー搭載

スペック

  • 対応インターフェース規格: USB1.1(タイプAコネクタ) USBフルスピードモード
  • キースイッチ方式: メンブレン
  • キーストローク: 3.8±0.4mm
  • 押下特性: 60g±20g
  • インターロック: Nキーロールオーバー
  • キー耐久性能: 2000万回*スイッチ単体での性能です
  • キー数: 109 日本語かな表記なし
  • ケーブル長: 約1.6m
  • 本体寸法: W448×D148×H34mm(スタンド使用時43mm)(キートップ含む高さ)H38mm
  • 重量: 約1170g(ケーブル含む)

こちらの製品は、『DHARMAPOINT』から2012年11月にリリースされたDRTCKB109UP1』とほぼ同仕様のキーボードです(DRTCKB109UP1は押下特性が55g±20)。

『DRTCKB109UP1』を開発した梅村匡明氏は、現在ビットトレードワンにてゲーミングデバイス等の設計を行なっています。現在『DHARMAPOINT』が事実上のブランド停止状態となっており入手が難しくなっていますが、ビットトレードワンよりある意味復刻版とも言える形で再び製品が市場に登場することになります。

『DRTCKB109UP1』は、3,980円でしたが、『BFKB109UP1』は4,780円ほどで販売予定とのこと。2年前とは円相場がかなり変化していることが値段が異なる利用と思われます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2014-12-18)

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2014-12-18)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 12/18/2014

MISC

  • ホリデーテーマのMidnight Riders Music Kitを追加した。期間限定でオファーとして利用可能。
  • M4A4 | Griffinのアートワークをアップデートした
  • サーバーブラウザの表示結果が非常に少なくなるのを修正した (Thanks, Gamemann)
  • プレーヤーが特定種類の地形を移動中に、スムースに横移動出来ない事があるのを修正した

MAPS

  • Train

    • ハシゴ部屋の下側を広くした
    • ボムサイトBの低いrampからT rampを見えないようにした
    • T spawnの位置をわずかに後ろに下げた
    • train bumperモデル上の collision modelをアップデートした
    • C4がスタックするいくつかの場所を修正した
    • 太陽の位置を修正した

情報元

関連ニュース

スポンサードリンク

SteelSeries

Razer

ZOWIE GEAR

ROCCAT

ARTISAN

EIZO

Gunnar

MadCatz

スケジュールカレンダー

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31