ニュース Topics

CS:GO『ESL Pro League Season 6 Finals』で SK Gaming が優勝 CS:GO『ESL Pro League Season 6 Finals』で SK Gaming が優勝

世界最大のeスポーツカンパニー『ESL』が主催するCS:GOリーグの最終戦『ESL Pro League Season 6 Finals』で SK Gamingが優勝となりました

ZOWIE GEAR FK2 ZOWIE GEAR FK2

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門より


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

Overwatch 『Overwatch』のヒーロー「トレーサー」も登場、映画『レディ・プレイヤー1(Ready Player One』の最新映像公開

ready-player-one

2018年4月20日(金)に公開となる映画『レディ・プレイヤー1(Ready Player One)』の最新映像が公開されています。

『Overwatch』の「トレーサー」も登場、映画『レディ・プレイヤー1』の最新映像公開

映画『レディ・プレイヤー1』は、アーネスト・クライン氏の小説『Ready Player One(邦題: ゲームウォーズ)』を元に、スティーブン・スピルバーグ監督が映像化する注目作です。

ゲーマーなら楽しめることが間違いなしの世界観

この物語は、「オアシス」と呼ばれる仮想世界が舞台。この世界を作り出した天才プログラマーで世界一の富豪であるハリデーが、死去する前に全財産と「OASIS」の運営権をミッションとして残していたことが判明。最初にミッションをクリアしたものがその全てを手に入れることが出来るというものです。

ゲームやアニメなどのオマージュが多数登場

作者のアーネスト・クライン氏は「クラシックゲーム」「オンラインゲーム」「アニメ」「特撮」などがかなり好きな方のようで、物語にはこれらからのオマージュエピソードやキャラクターがこれでもかというほど登場します。

この作品の最新映像が公開されたのですが、その中で『Overwatch』の「トレーサー」や『ストリートファイター』シリーズの春麗、ガンダムなどおなじみのキャラクターの姿を確認する事が出来ました。

下記より最新映像をチェックしてみてください。

かなり前に小説版を読んで書いたエントリがあるので、こちらを読んでいただくとより興味を持ってもらえるのではないかと思います。

ちなみに、原作は『Overwatch』がリリースされるよりも前に書かれた作品なのでトレーサーは出てきません。映画では原作には登場していないキャラクター等も見ることが出来るようです。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『ESL Pro League Season 6 Finals』で SK Gaming が優勝

esl

世界最大のeスポーツカンパニー『ESL』が主催するCS:GOリーグの最終戦『ESL Pro League Season 6 Finals』で Brazil SK Gamingが優勝となりました。

ESL Pro League Season 6 Finals

『ESL Pro League Season 6 Finals』には、アメリカとヨーロッパで12チームずつが参戦して実施された総当たり方式のレギュラーシーズンで上位6チームに入賞した欧米の代表計12チームが出場。

『Finals』ではグループステージとして6チーム×2グループによる総当たり戦を行ない、1位通過チームがプレーオフの準決勝、2位・3位チームが準々決勝に進出。

プレーオフからはデンマークの屋内競技上「Sparekassen Fyn Arena」で実施され、決勝戦は Brazil SK Gaming と Europe FaZe Clan という誰もが認める最強チームの対決となりました。

決勝戦は Europe FaZe Clan が1マップ目Infern、その後は Brazil SK Gaming が Overpass と Mirageで勝利。 Brazil SK Gaming がリーチをかけた Trainでの4試合目はオーバータイムに突入する接戦となりましたが、19-16で Brazil SK Gaming が勝利となりました。

賞金 - $750,000

  • 1位: Brazil SK Gaming - $225,000
  • 2位: Europe FaZe Clan - $100,000
  • 3-4位: Sweden Fnatic - $60,000
  • 3-4位: United States Misfits - $60,000
  • 5-6位: Europe OpTic Gaming - $45,000
  • 5-6位: Europe HellRaisers - $45,000
  • 7-8位: Brazil Luminosity Gaming - $40,000
  • 7-8位: United States NRG Esports - $40,000
  • 9-10位: Denmark Astralis - $35,000
  • 9-10位: Sweden Ninjas in Pyjamas - $35,000
  • 11-12位: United States Team Liquid - $32,500
  • 11-12位: Denmark North - $32,500

ファイナル

  • Europe FaZe Clan] [1-3] Brazil SK Gaming
    • Europe FaZe Clan] [16-13] Brazil SK Gaming (Inferno) [動画]
    • Europe FaZe Clan] [11-16] Brazil SK Gaming (Overpass) [動画]
    • Europe FaZe Clan] [09-16] Brazil SK Gaming (Mirage) [動画]
    • Europe FaZe Clan] [16-19] Brazil SK Gaming (Train) [動画]

出場チーム

ヨーロッパ代表

  • Sweden Fnatic - KRIMZ, JW, flusha, Golden, Lekr0
  • Denmark North - MSL, k0nfig, cajunb, aizy, valde
  • Europe FaZe Clan - rain, karrigan, NiKo, Republic GuardiaN, olofmeister
  • Denmark Astralis - dupreeh, Xyp9x, Kjaerbye, gla1ve, RUBINO
  • Sweden Ninjas in Pyjamas - f0rest, GeT_RiGhT, Xizt, draken, REZ
  • Europe HellRaisers - ANGE1, DeadFox, woxic, ISSAA, FejtZ

アメリカ代表

  • Europe OpTic Gaming - mixwell, friberg, allu, Magisk, HS
  • Brazil SK Gaming - FalleN, fer, coldzera, TACO, boltz
  • United States Team Liquid - nitr0, EliGE, jdm64, Twistzz, zews
  • United States NRG Esports - FugLy, daps, Brehze, AnJ, CeRq
  • United States Misfits - seangares, SicK, ShahZaM, AmaNEk, devoduvek
  • Brazil Luminosity Gaming - PKL, yeL, SHOOWTiME, chelo, NEKIZ

グループステージ

Group A

  • 13pt: Europe FaZe Clan [プレーオフ進出]
  • 10pt: Europe HellRaisers [プレーオフ進出]
  • 10pt: Sweden Fnatic [プレーオフ進出]
  • 5pt: Brazil Luminosity Gaming
  • 4pt: Denmark Astralis
  • 3pt: United States Team Liquid

Group B

  • 12pt: Brazil SK Gaming [プレーオフ進出]
  • 9pt: Europe OpTic Gaming [プレーオフ進出]
  • 9pt: United States Misfits [プレーオフ進出]
  • 6pt: United States NRG Esports
  • 5pt: Sweden Ninjas in Pyjamas
  • 4pt: Denmark North

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2プロサーキット マイナー大会『MDL Macau』でOGが優勝

mdl

Dota 2プロサーキット対象大会『MDL Macau』で Europe OG が優勝となりました。

Perfect World Masters

『MDL Macau』は『Dota 2プロサーキット』の「マイナー」ランク大会として、マカオの「Macau University Music Hall」にて12月8日~10日に開催されました。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

本大会に出場したのは招待3チームと予選を勝ち抜き出場権を獲得した6チームを合わせた計9チームでした。

大会ではグループステージとして9チームによる総当たり戦を実施し、上位4チームがシングルイリミネーション方式トーナメントのプレーオフに進出。

決勝では Europe OG が東南アジアの強豪 Philippines TNC Pro Team を2-0で下し、久々のタイトルを獲得しています。

Europe OGは今大会、 JerAx選手の Elder TitanとN0tail選手のTinyがかなり機能していた印象です。

順位

  • 1位: Europe OG - $130,000、150ポイント
    • N0tail, Resolut1on, s4, JerAx, Fly
  • 2位: Philippines TNC Pro Team - $65,000、90ポイント
    • Raven, Kuku, Sam_H, Tims, 1437
  • 3-4位: Ukraine Natus Vincere - $30,000、30ポイント
    • Crystallize, Dendi, GeneRaL, RodjER, SoNNeikO
  • 3-4位: Russia Virtus.Pro - $30,000、30ポイント
    • RAMZES666, No[o]ne, 9pasha, Lil, ArtStyle
  • 5位: China EHOME - $9,000
    • old chicken, Cty, Faith_bian, Hym, y`
  • 6位: China LGD.Forever Young - $9,000
    • Monet, Super, Inflame, Ahfu, ddc
  • 7位: Peru Infamous - $9,000
    • Kotarō Hayama, Papita, StingeR, Scofield, Accel
  • 8位: China LGD Gaming - $9,000
    • Ame, Somnus丶M, fy, Yao, Victoria
  • 9位: United States VGJ.Storm - $9,000
    • kpii, Ryoya, Sneyking, FrancisLee, Stan King

ファイナル

Dota 2 Pro Circuit チームランキング

  • 1位 ― Team Secret - $730,000、3,690pt
  • 2位 ― Team Liquid - $550,000、2,700pt
  • 3位 ― Virtus.pro - $549,000、2,361pt
  • 4位 ― Newbee - $275,000、1,035pt
  • 5位 ― Evil Geniuses - $130,000、765pt
  • 6位 ― Mineski - $190,000、720pt
  • 7位 ― Vici Gaming - $125,000、540pt
  • 8位 ↑(NEW) OG - $130,000、450pt
  • 9位 ↓(-1) Natus Vincere - $100,000、315pt
  • 10位 ↑(NEW) TNC Pro Team - $65,000、270pt
  • 11位 ↓(-2) LGD-GAMING - $52,000、201pt
  • 12位 ↓(-2) compLexity Gaming - $48,000、135pt
  • 12位 ↓(-2) LGD.Forever Young - $30,000、135pt
  • 14位 ↓(-2) Immortals - $30,000、90pt

Dota 2プロサーキット』のポイントは獲得したチームの1人ずつに付与されます。
チームポイントは、5人中の上位3選手の合計として算出される方式です。

今年最後のプロサーキットとして、12月13日から賞金総額は30万ドル、総ポイント300の『DOTA Summit 8』が予定されています。今回優勝の Europe OG はこちらの大会にも出場予定です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 世界大会『WESG 2017』CS:GO部門がアジアパシフィック予選の追加出場チーム決定、日本からSZ.Absoluteが参戦

wesg2017

eスポーツ世界大会『World Electronic Sports Games(WESG) 2017』CS:GO部のアジア代表を決定するアジアパシフィック予選の追加出場チームが決定しました。

『WESG 2017』CS:GO部門がアジアパシフィック予選の全出場チーム決定

『WESG 2017』CS:GO部門のアジアパシフィック予選には、各エリア・国で実施される予選を勝ち抜いた20チームが出場し、2018年1月11~14日に中国・膠州市で開催予定です。

日本からは東アジア予選を勝ち抜いた Japan SZ.Absoluteが出場。新たに各国の代表が決定し、14チームの代表チームが明らかとなりました。

出場チーム

  • China Flash Gaming - Summer, Attacker, Ayeon, INNOPY
  • China NEW4 - Jewelry, Drea3er, 0i, jackhan, Mi5ERY
  • Jordan Chosen5 - Zerocool, Viper, 3arkooz, Latal, ISSAA
  • Iran イラン - 未定
  • Japan SZ Absolute - crow, t4k3J, barce, Laz, poem
  • Kazakstan Gambit Esports - AdreN, mou, HObbit, fitch, neaLaN
  • World トルクメニスタン - 未定
  • Philippines Mineski - FRiGHT, dispenser, DubsteP, GII, Hannibal
  • Malaysia Fire Dragoon E-sports - aimaNNN, d4v41, acAp, Clickzai, YooNgHwe1
  • Indonesia Recca Esports - xccurate, roseau, FrostMisty, Sys, Eeyore
  • Viet Nam GameTV - crazyguy, Rambutan, Tee, shouta, Fog
  • Viet Nam UTM Esports - kotk, Naokai, NORT, beo, guille
  • Pakistan パキスタン - 未定
  • Singapore B.O.O.T-dream[S]cape - ImpressioN, benkai, splashske, moxie, Tommy
  • Thailand タイ - 未定
  • World 台湾・香港・マカオ - 未定
  • Korea 未定
  • Australia Kings Gaming Club - hatz, liazz, emagine, INS, malta
  • Australia pork - void, 1ukey, Frasbr, Bryaz, Ben
  • New Zealand Parallax - LONS, zewsy, sico, ofnu, RaZ

残り6つの予選を経て、全ての代表チームが決定します。
2018年3月に中国で開催される本戦に出場するためには、アジアパシフィック予選で6位以上に入賞する必要があります。
また、ベスト8以上入賞で賞金を手にすることが出来ます。

賞金

  • 1位 - $40,000、本戦出場権
  • 2位 - $20,000、本戦出場権
  • 3位 - $10,000、本戦出場権
  • 4位 - $6,500、本戦出場権
  • 5-6位 - $4,000、本戦出場権
  • 5-6位 - $4,000、本戦出場権
  • 7-8位 - $4,000
  • 7-8位 - $4,000

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Overwatch Open Division Japan Season3』プレーオフ進出の8チームが決定

Overwatch Open Division Japan Season3

PC版『Overwatch』の公式大会『Overwatch Open Division Japan Season3』のプレーオフ進出8チームが決定しました。

Overwatch Open Division Japan

『Overwatch Open Division Japan』は、高いスキルを持つプレーヤー達を結び付け、世界で活躍する機会を提供する事を目的として開催されます。

Season 3には歴代最多の13チームが出場。6日間をかけてスイスドロー6ラウンドによるオンライン予選が行なわれ、プレーオフ進出8チームが決定となりました。

予選順位

ow-ranking

  • 1位: 6勝0敗 Japan CYCLOPS athlete gaming [プレーオフ進出]
  • 2位: 5勝1敗 Japan Naturals北海道 [プレーオフ進出]
  • 3位: 4勝2敗 Japan DetonatioN Gaming [プレーオフ進出]
  • 4位: 4勝2敗 Japan TEAM ENCOUNT NG [プレーオフ進出]
  • 5位: 4勝2敗 Japan 野良連合 [プレーオフ進出]
  • 6位: 3勝3敗 Japan Rascal Jester MaVeNick [プレーオフ進出]
  • 7位: 3勝3敗 Japan LIFT OFF VON BRAUN [プレーオフ進出]
  • 8位: 3勝3敗 Japan HarmoniX Gaming [プレーオフ進出]
  • 9位: 3勝3敗 Japan LIFT OFF GRANADA
  • 10位: 2勝4敗 Japan DeToNator.GOLD
  • 11位: 2勝4敗 Japan ココアシガレット
  • 12位: 2勝4敗 Japan 名古屋OJA
  • 13位: 0勝6敗 Japan Wolves

プレーオフは決勝戦を東京テレビセンターで実施

プレーオフはシングルイリミネーション方式トーナメントを採用し、12月16日(土)にオンラインにてセミファイナルまでが行なわれます。

決勝戦は、12月24日(日)に東京テレビセンター(東京・中央区)のオフライン会場で実施されます。

決勝戦 開催情報

  • 日時:2017年12月24日(日曜日)、14:00開場、15:00開演~18:00終演予定。
  • 場所:東京テレビセンター(東京都中央区日本橋浜町)
  • 参加費用:無料
  • 募集人数:130名(先着順)
  • https://goo.gl/forms/tSrS83p3rfZQ7aUV2

出場チーム

  1. Japan DeToNator.GOLD - yoshiharu, Saih4tE, h4ppy0821, Killme, Scarfaze, space, しゃなだん, dofteloff
  2. Japan TEAM ENCOUNT NG - Mason, Mafin, HAYAMIN, How2, ValerieN, YooN, Roadie, AuXesia, ALY
  3. Japan 名古屋OJA - reirey, ibuJapan, takajin, Radlph, Zuyho, えりか, VArts, irustick,
  4. Japan CYCLOPS athlete gaming - CLAIRE, ろく6935, SamuraiD, Yoz, ta1yo, Shikumun, kisame, Ynnnnnnn
  5. Japan DetonatioN Gaming - AmeKen, Xeraphy, Nephrite, Rimlime, kinoko, 铃玉, Kuronon, Rylax, Nosuke
  6. Japan Naturals北海道 - Skyfull, BATA, Royal, さばげー, dante, albert, reayfia, haruno, Ruine
  7. Japan Wolves - WNKSB, Tsuyoshi, TALEOFGENJI, 小枝, GOMMON, HOLLOW, 東條希
  8. Japan 野良連合 - okuyama398, mohu, atheruck, わたあめ, rayu, けんもほろろ, nezuko
  9. Japan LIFT OFF VON BRAUN - rikku, 戦場の歌姫ユナ, yuntaso, におん, Toto, aona, gochiyan, AlterEden, Tot, master
  10. Japan HarmoniX Gaming - Athrun, kira44, Lapin, Reiiiiiii, ふーが, SevENMinT, Arcanine
  11. Japan LIFT OFF GRANADA - NURIO, EdoPhoenix, dalfoy, hirisu16, taigaaa, Liebe3857, GRgr, Alvina, オーティス
  12. Japan Rascal Jester MaVeNick - Sasa, pon, Corone, ShirasPan, CloudVillage, y0900u993, swisrolish, kanna
  13. Japan ココアシガレット - Natsu, webcam, りょー, Airou, torachin0630, tamachan, P4L

情報元

関連ニュース

Overwatch オールスター大会『OVERWATCH ALL STAR JAPAN 2018』が2018年1月6日(土)に開催、コミユニティ投票で選ばれた選手・キャスターが登場

ow-allstar-mainjpg

PC版『Overwatch』のオールスター大会『OVERWATCH ALL STAR JAPAN 2018』が、2018年1月6日(土)にオンラインで開催されます。

OVERWATCH ALL STAR JAPAN 2018

『OVERWATCH ALL STAR JAPAN 2018』はコミュニティ主催で開催される大会で、一般公募で実施される投票によって選出されたプレーヤー18名、実況・解説者が登場して実施となります。

開催情報

  • 開催日: 2017年1月6日(土)21時~
  • 出場選手: 18名 (コミュニティ投票で選出)
  • 実況・解説: 2名 (コミュニティ投票で選出)
  • 試合形式: 3チーム(1チーム6名)による総当たり戦、各試合はBest of 3形式
  • ストリーミング配信: https://www.twitch.tv/teampachimari
  • 投票: https://goo.gl/f4Rgxr

スケジュール

  • 2017年12月09日(土) - 投票開始
  • 2017年12月14日(金) - 中間発表
  • 2017年12月23日(土) - 投票締切
  • 2017年12月30日(土) - 結果発表
  • 2017年01月06日(土) - 21時試合開始

上記フォームデは、自分が出場してほしいアタッカー2名、タンク1名、フレックス1名、サポート2名、実況・解説2名に対して理由を添えて投票することが出来ます。

集計結果を元に本人と交渉して出場が決定すると思われるので、必ずしも最多投票の選手が出場するという事にはならなそうですが、こんな機会だから見てみたいというような人に入れてみるのも面白いでしょう。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2プロサーキット「メジャー」大会『ESL One Katowice 2018』誰でも出場可能なオープン予選が2018年1月6日(土)~7日(日)に開催

dota2

Dota 2プロサーキット対象大会『ESL One Katowice 2018』オープン予選、クローズド予選の日程が発表されています。

ESL One Katowice 2018

『ESL One Katowice 2018』は『Dota 2プロサーキット』の「メジャー」ランク大会として賞金総額100万ドル、プロサーキットポイント総計1,500にて2018年2月20~25日に開催されます。

大会に出場するのは招待10チーム・予選通過6チームの計16チームで実施されます。

出場チーム

  • 招待×10
  • 北米予選 通過×1
  • 南米予選 通過×1
  • ヨーロッパ予選 通過×1
  • CIS予選 通過×1
  • 東南アジア予選 通過×1
  • 中国予選 通過×1

予選日程

  • オープン予選: 2018年1月6日(土)~7日(日)
  • クローズド予選: 2018年1月9日(火)~12日(金)

オープン予選は誰でもエントリー可能、クローズド予選はオープン予選の通過チームと招待チームが出場し、こちらを勝ち抜くことで各エリアの本戦代表として出場することが出来ます。

参加登録の開始日程は改めて発表予定です。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) プロゲームチーム『SK Gaming』がeスポーツのマネジメントプラットフォーム『DreamTeam』と提携

dreamteam

プロゲームチーム『SK Gaming』が、eスポーツのマネジメントプラットフォーム『DreamTeam』と提携したことを発表しました。

『SK Gaming』がeスポーツのマネジメントプラットフォーム『DreamTeam』と提携

『DreamTeam』は、プロゲームチームNatus Vincereの創設者Alexander "ZeroGravity" Kokhanovskyy氏が展開するeスポーツのメンバー募集・マネジメント管理を行う事が可能なプラットフォームです。

現在は『CS:GO』のメンバー・コーチの募集&応募や大会・スクリムなどへの参加を手助けつする機能が展開されていますが、今後はチームのマネジメント・分析・練習プロセスの確立・マネタイズなど様々な機能が追加される他、『Dota 2』『Overwatch』『League of Legends』『PUBG』などにも対応予定です。

今回の提携は、eスポーツの発展やお互いの成長を加速させることを目的とし、それぞれが持つノウハウを共有し展開していくために実現しました。

SK Gamingは、『DreamTeam』が提供する様々な機能を用いてチームの運営を行っていく事になります。

『DreamTeam』は2017年の『東京ゲームショウ2017』にブース出展した他、ZeroGravity氏による講演なども実施しており、世界中にこのプラットフォームを広めていく計画です。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『The Game Awards 2017』eスポーツ部門でFaker(選手)、Cloud9(チーム)、Overwatch(ゲーム)が受賞

best-esports

2017年12月7日にアメリカのロサンゼルスで開催された『The Game Awards 2017』にて、ゲームに関する様々なアワードの受賞者が発表されました。

The Game Awards 2017

『The Game Awards 2017』では、eスポーツに関連する「Best Esports Player」「Best Esports Team」「Best Esports Game」の3部門が設けられていました。

各部門の受賞者は、SNSなどを舞台に行なわれたファン投票によって下記のような結果となっています。

Best Esports Player, presented by Omen by HP

  • [Winner] Korea Lee "Faker" sang-hyeok (SK Telecom 1, League of Legends)
  • Germany Kuro "KuroKy" Salehi Takhasomi (Team Liquid, DOTA 2)
  • Korea Je-hong "ryujehong" Ryu (Seoul Dynasty, Overwatch)
  • Bosnia And Herzegovina Nikola "NiKo’ Kovac (FaZE Clan, Counter-Strike: Global Offensive)
  • Brazil Marcelo "coldzera’ David (SK Gaming, Counter-Strike: Global Offensive)

Best Esports Team

  • [Winner] Cloud9
  • Team Liquid
  • SK Telecom 1
  • Lunatic-Hai
  • FaZe Clan

Best Esports Game

  • [Winner] Overwatch (Blizzard)
  • Rocket League (Psyonix)
  • League of Legends (Riot Games)
  • Dota 2 (Valve)
  • Counter-Strike: Global Offensive (Valve)

Faker選手が人気・実力共に素晴らしいのは明白で票が集まりやすいということがあるかと思いますが、個人的に2017年の「Best Esports Player」にはこの中だと Germany KuroKy 選手を推したいところです。

Germany KuroKy 選手は2017年8月に開催された賞金総額2400万ドル(約27億円)というeスポーツ史上最高賞金総額を誇るDota 2公式世界大会『The International 2017』で優勝。さらに個人としては2011年から『The International』に毎年出場、7年目にしてついに世界王者となったというバックグラウンドストーリーもあり受賞には申し分なかったはずです。

「Best Esports Team」では複数ゲームで実績を残している「Team Liquid」が評価されても良いように感じます。

「Best Esports Game」はFPSとしては桁外れのプレー人口を獲得しeスポーツシーン的にも注目を集めた『Overwatch』はなるほどという感じがしますが、『Overwatch League』スタートに至るまでは正直なところ暗雲が漂っている感がありました。

始まったばかりではありますが、『Dota 2』のプロサーキット展開なども面白いと思うので来年に評価されることを期待しています。

情報元

関連ニュース

League of Legends 年越しゲーミングイベント『RIZeST Gamer's Base』にLoLファンとして知られる俳優ケイン・コスギさんを含む豪華出演者の登場決定

rgb

eスポーツエンターテイメント事業を展開する株式会社RIZeSTが開催する、年越しでゲームを楽しむイベント『RIZeST Gamer’s Base(RGB)』のゲスト出演者、開催イベント、スケジュール等が発表されました。

RIZeST Gamer’s Base

『RIZeST Gamer’s Base』は、2017年最後の締めくくりとして自身の基地にいるような最高の環境でゲームを楽しむことができることができるオフラインゲームイベントとして実施されます。

会場では、eスポーツ大会やコミュニティイベントが実施される他、スペシャルゲストが登場しての特別イベント等も実施されます。

今回発表されたゲストとして注目なのは、自身も『League of Legends』をプレーするほか日本プロリーグ『League of Legends Japan League』のオフラインファイナルにプライベートで観戦に訪れているという俳優のケイン・コスギさん。今回はステージにてスペシャルマッチが実施される予定です。

出演者(MC・ゲスト)

guest

  • 岸 大河 (MC)
  • 堀内華央理 (アシスタントMC)
  • ケイン・コスギ (ゲスト)
  • LeChat (ゲスト)

イベント

Logicool G CUP 2017 Final

  • ステージエリア:12月31日(日)14:00~18:30

FCB:Fighter's Crossover -BABA-

  • ゲーミングエリア :12月31日(日)14:00~18:00
  • ステージエリア :12月31日(日)21:00~23:30

DONCUP OFFLINE at RIZeST Gamer's Base

  • ゲーミングエリア:12月31日(日)19:00~23:30

ケイン・コスギによるスペシャルマッチを一緒に楽しもう!

  • 日時:2017年12月31日(日)19:00~20:30

カウントダウンで大きく盛り上がろう!

  • 日時:2017年12月31日(日)~新年

この他にも様々なイベントが実施されます。
スケジュールについては、下記の公式ページをご覧ください。

開催情報

  • 開催日: 2017年12月31日(日)11:00~2018年1月1日(月)17:00
  • 会場: ベルサール高田馬場
  • ストリーミング配信: https://go.twitch.tv/rizest

チケット情報

  • 販売期間:2017年11月6日(月)~12月18日(月)23:59
  • 一般入場:無料
  • ノーマルPC席付き入場券 :4,000円
  • VIP PC席付き入場券:6,000円
  • 販売情報: https://rizestinc-fan.com/contents/130434

情報元

関連ニュース

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング