ニュース Topics

CS:GO『ECS Developmental League』の招待チーム発表 CS:GO『ECS Developmental League』の招待チーム発表

CS:GO『Esports Championship Series (ECS) Developmental League』の招待チームが発表されています

ZOWIE GEAR FK2 ZOWIE GEAR FK2

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門より


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Fnaticが若手育成を目的としたCS:GOのアカデミーチームを設立

Fnatic Academy

プロゲームチーム Fnatic が若手育成を目的としたCS:GOのアカデミーチームを設立したことを発表しました。

Fnatic Academy: CSGO

Fnatic Academy CS:GOチームは、ヨーロッパで将来が有望視される若手選手で構成されたチームとなります。
位置づけ的にはFnatic所属のセミプロチームとなり、サポートを受けながらオンライン大会を中心に活動を行なっていく計画です。

Fnatic Academy: CSGO

  • Sweden Niclas "PlesseN" Plessen (18歳, Entry Fragger)
  • Sweden Aleksandar "jayzaR" Zarkovic (19歳, AWP)
  • Sweden Alex "Karus" Saglamoglu (17歳, Entry Fragger / Secondary AWP)
  • Sweden Linus "Bååten" Andersson (17歳, Defensive Support)
  • Sweden Maikil "GOLDEN" Selim (22歳, In-Game Leader)
  • Sweden Andreas "Samuelsson" Samuelsson (Coach and Manager)

平均年齢18.6歳の若きチームです。
PlesseN選手は、Fnaticメインチームのエース olofmeister 選手が負傷欠場していた時に、代役に選ばれたことで注目を浴びました。

Fnatic Academy: CSGOは『ECS Developmental League』ヨーロッパ部門の予選に出場予定とのことです。

Fnatic Academyは、League of LegendsでスーパースターMartin "Rekkles" Larsson選手を輩出した実績があります。CS:GOでも次世代のFnaticを率いることになる才能が開花するでしょうか。

Patrik "cArn" Sättermon

Counter-Strikeは常にFnaticの基本的な要素であり、その競技的な側面がチームに興奮、喜び、誇りをもたらしました。

Counter-Strikeシリーズとの10年以上の付き合いから学んできた貴重な教訓は、Fnaticの事業全体の日常的な業務に適用されています。

本日、Counter-Strikeの新たな冒険、Fnatic Academy CS:GOについて発表することをうれしく思います。私たちはヨーロッパにおいて最も才能がありハードに取り組むことが出来るであろう人材を見つけました。

彼らは本日より最強のセミプロチームの1つとなり、Fnaticは明日のeスポーツ界のスターとなる彼らの旅をサポートしていきます。

Niclas, Aleksandar, Alex, Linus, Maikil, Andreas、Fnaticファミリーへようこそ。最大のGLFHをあなたたちに贈ります!

Andreas "Samuelsson" Samuelsson

Fnaticファミリーの一員となったことを誇りに思うと共に感謝しています。

私はcArn, Dsn, Tentpole, Archi, Forestといった伝説的なラインナップで構成された2006年頃からFnaticを追い続けている大ファンです。

ヨーロッパ最高才能を持つの若き5人を含むアカデミーチームはエキサイティングなプロジェクトです。5人は最高のプロ選手になるための才能、献身性、モチベーションを備えています。

チームの目標は今年中にオンライン、オフラインで可能な限りの経験を詰み、2017年後半をめどにはメジャー大会へと出場することです。私はチームがこの目標を達成することが出来ると確信しています。

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

DOTA 2 Dota 2チームOGがメンバー変更、Miracle-、Cr1t-が脱退、MoonMeanderがスタメン落ち

OG

Dota 2チーム Europe OGがチーム公式Facebookにてメンバー変更の発表を行ないました。

左より Moon、Miracle-、Fly、N0tail、Cr1t-

Miracle-、Cr1t-が脱退、MoonMeanderがスタメン落ち

Europe OGは2015年10月に設立されたプロDota 2チームで、翌月に開催された賞金総額300万ドルのメジャー大会『The Frankfurt Major 2015』を制し一気に話題のチームとなりました。その後も全てのメジャー大会に出場し優勝2回を達成。

しかし、先月に開催された総決算の『The International 2016』では1回戦で勝者側Korea MVP Phoenix、敗者側2回戦で Philippines TnC Gamingに破れ9-12位と予想外の早期敗退となってしましました。

メジャー大会成績

  • 2015年11月 The Frankfurt Major 2015 - 1位
  • 2016年03月 The Shanghai Major 2016 - 7-8位
  • 2016年06月 The Manila Major 2016 - 1位
  • 2016年08月 The International 2016 - 9-12位

Europe OGは再びナンバーワンの座を取り戻すために、3名の選手を入れ替える苦渋の決断に至ったとのこと。

スタメンに残るのは、立ちあげメンバーでもある Denmark N0tailと Israel Flyの2名。Canada MoonMeanderはチームには残るものの、アクティブロスターからは外れることになるそうです。また、Jordan Miracle-とDenmark Cr1t-は脱退となり新たな所属先を探すことになります。

MoonMeander 選手のコメント

OGが私のためにしてくれた全てに感謝します。
チームの将来的な努力が実ることを願っています。

Miracle- 選手のコメント

OGの全てに感謝します。素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。Red Bullのサポートは最高でした。チームは共に素晴らしい時間を過ごし、思い出を作りました。Johan、Talありがとう。いまもOGのみんなを愛しています。彼らは私にとって家族同然。成功することを願っています。

Cr1t- 選手のコメント

OGで他の4人と共にした過去のシーズンは非常に賞賛すべきものです。
私たちは数人しか期待していなかったであろうことを成し遂げました。それは自身のキャリアに対する夢の始まりでした。
チームを去り、OGで全てが始まった私のキャリアを発展させていくのは複雑な思いです。

OGを応援してくれているファンの皆さんが、新たなチームでも声援を送ってくれることを願っています。

OG Dota 2

  • Denmark Johan "N0tail" Sundstein
  • Israel Tal "Fly" Aizik
  • Canada David "MoonMeander" Tan (Sub)
  • Sweden Steve "Xcalibur" Ye (Sub)

脱退

  • Jordan Amer "Miracle-" Barqawi
  • Denmark Andreas Franck "Cr1t-" Nielsen

情報元

negitaku Negitaku.org 開設14周年

Negitaku.org

Negitaku.orgが2002年8月24日の開設以来14周年となりました。

Negitaku.org 14周年

またもやあっという間に1年が過ぎまして、サイトも14年目になりました。
14年も続けていると、サイトを運営していく上での考え方も結構変わっていきます。

最初の頃は「ページビューを増やしたい」とか思いながらやってきましたが、14年もやっているとほとんど興味が無くなってアクセス解析も全然みていません。
最近思うのは、サイトで紹介している情報を通じて「何かを感じてもらうことが出来れば」ということです。

例えば、単純に記事を読んで「へー」と思ってもらえるのでも良いですし、大会レポートの写真等を見て、選手がカッコイイと思ってもらえたり、自分も出てみたい、やってみたい、こんな大会なら次は行ってみたいと思ってもらえたりしたらとてつもなくうれしいという感じです。

全ての記事ではむずかしいかもしれませんが、いまはそんな思いを持って続けていくつもりですので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『SL i-League StarSeries Season 2』CS:GOファイナルの開催地がサミット開催の影響により中国からウクライナに変更

SL i-League StarSeries Season 2

『SL i-League StarSeries Season 2』CS:GOファイナルの開催地変更が発表されました。

SL i-League StarSeries Season 2

『SL i-League StarSeries Season 2』は、中国・南京で開催が予定されていました。

しかし、2016年9月4~5日に杭州で開催される『G20 Leaders Summit』(G20サミット)の影響で厳戒態勢が敷かれ、ビザ審査を含む入国の手続きが大変厳しくなっており、この状況でオフライン大会を実施することは選手や観客に取ってもむずかしい状態であることから、開催地を中国からウクライナに変更する決定を下したそうです。

これに伴い、開催日程が2016年9月7~11日にが変更となっています。
大会には招待・予選通過を合わせた16チームが出場し、賞金総額30万ドルで実施されます。

出場チーム

  • Ukraine Natus Vincere – direct invite
  • Poland Virtus.pro – direct invite
  • Sweden Ninjas In Pyjamas – direct invite
  • Sweden GODSENT – direct invite
  • Denmark Astralis – direct invite
  • France G2 Esports – direct invite
  • Denmark Team Dignitas – EU Qualification
  • Denmark Team X – EU Qualification
  • Korea MVP.Phoenix – CN Qualification
  • China TyLoo – CN Qualification
  • China VG.CyberZen – CN Qualification
  • France Team EnVyUs – EU Qualification
  • Brazil Immortals – NA Qualification
  • United States Optic Gaming – NA Qualification
  • Ukraine HellRaisers – direct invite
  • World TBA – direct invite

情報元

関連ニュース

League of Legends LoL国際大会『IWCQ 2016』が8月25日(木)朝5時より開幕、日本代表Rampageが出場

IWCQ 2016

『League of Legends』の国際大会『2016 International Wildcard Qualifiers』が日本時間の8月25日(木)朝5時より開幕予定です。

2016 International Wildcard Qualifiers

『IWCQ 2016』は、世界大会『2016 World Championship』のワイルドカード出場枠2つを賭けて実施される国際大会です。
大会には、8エリアで出場権を獲得した世界の強豪が出場。

大会の開催地は、オリンピックが終了したばかりのブラジルで、総当たり戦を「CBLoLスタジオ」で実施し上位4チームが9月3~4日のプレーオフに進出。

プレーオフは「Ópera de Arame」で実施され、シングルイリミネーション方式トーナメント・Best of 5形式の上位2チームが「2016 World Championship」の出場権を獲得することが出来ます。

日本からは、『LJL 2016 Summer Split Final』で優勝した Japan Rampage が出場となります。

Rampage

出場チーム

Brazil INTZ e-Sports (CBLoL 2016 Stage 2王者) [チーム紹介]
Yang, Revolta, tockers, micaO, Jockster

Ukraine Albus NoX Luna (2016 LCL Summer王者) [チーム紹介]
Smurf, PvPStejos, Kira, aMiracle, Likkrit

Japan Rampage (2016 LJL Summer王者) [チーム紹介]
Paz, Tussle, Roki, Meron, Dara

Mexico Lyon Gaming (2016 LAN Closing Cup王者)
Jirall, Oddie, Seiya, WhiteLotus, Arce

Chile Kaos Latin Gamers (2016 LAS Closing Cup王者) [チーム紹介]
Element, Juliostito, Plugo, TheFoxz, Bear

Australia Chiefs eSports Club (2016 OPL Split 2王者) [チーム紹介]
Swip3rR, Spookz, Swiffer, Raes, EGym

Viet Nam Saigon Jokers (2016 GPL Summer王者)
Row, HanYiAnn, Warzone, Celebrity, Tsu

Turkey Dark Passage (2016 TCL Summer王者) [チーム紹介]
Elwind, Kirei, CozQ, Zeitnot, Rogu

試合スケジュール (日本時間)

DAY 1 - 8/25(木)

  • 05:00 – Chile Kaos Latin Gamers(LAS) [vs] Brazil INTZ e-Sports(CBLOL)
  • 06:00 – Ukraine Albus NoX Luna(CIS) [vs] Australia Chiefs eSports Club(OPL)
  • 07:00 – Chile Kaos Latin Gamers(LAS) [vs] Turkey Dark Passage(TCL)
  • 08:00 – Mexico Lyon Gaming(LAN) [vs] Brazil INTZ e-Sports(CBLOL)
  • 09:00 – Japan Rampage(LJL) [vs] Viet Nam Saigon Jokers(GPL)

DAY 2 - 8/26(金)

  • 05:00 – Japan Rampage(LJL) [vs] Ukraine Albus NoX Luna(CIS)
  • 06:00 – Australia Chiefs eSports Club(OPL) [vs] Chile Kaos Latin Gamers(LAS)
  • 07:00 – Turkey Dark Passage(TCL) [vs] Mexico Lyon Gaming(LAN)
  • 08:00 – Brazil INTZ e-Sports(CBLOL) [vs] Japan Rampage(LJL)
  • 09:00 – Viet Nam Saigon Jokers(GPL) [vs] Australia Chiefs eSports Club(OPL)

DAY 3 - 8/27(土)

  • 05:00 – Ukraine Albus NoX Luna(CIS) [vs] Turkey Dark Passage(TCL)
  • 06:00 – Chile Kaos Latin Gamers(LAS) [vs] Mexico Lyon Gaming(LAN)
  • 07:00 – Australia Chiefs eSports Club(OPL) [vs] Brazil INTZ e-Sports(CBLOL)
  • 08:00 – Turkey Dark Passage(TCL) [vs] Japan Rampage(LJL)
  • 09:00 – Mexico Lyon Gaming(LAN) [vs] Viet Nam Saigon Jokers(GPL)

DAY 4 - 8/28(日)

  • 05:00 – Japan Rampage(LJL) [vs] Chile Kaos Latin Gamers(LAS)
  • 06:00 – Australia Chiefs eSports Club(OPL) [vs] Mexico Lyon Gaming(LAN)
  • 07:00 – Ukraine Albus NoX Luna(CIS) [vs] Chile Kaos Latin Gamers(LAS)
  • 08:00 – Brazil INTZ e-Sports(CBLOL) [vs] Turkey Dark Passage(TCL)
  • 09:00 – Viet Nam Saigon Jokers(GPL) [vs] Ukraine Albus NoX Luna(CIS)

DAY 5 - 8/29(月)

  • 05:00 – Mexico Lyon Gaming(LAN) [vs] Japan Rampage(LJL)
  • 06:00 – Brazil INTZ e-Sports(CBLOL) [vs] Ukraine Albus NoX Luna(CIS)
  • 07:00 – Chile Kaos Latin Gamers(LAS) [vs] Viet Nam Saigon Jokers(GPL)
  • 08:00 – Turkey Dark Passage(TCL) [vs] Australia Chiefs eSports Club(OPL)
  • 09:00 – Viet Nam Saigon Jokers(GPL) [vs] Brazil INTZ e-Sports(CBLOL)

DAY 6 - 8/30(火)

  • 05:00 – Mexico Lyon Gaming(LAN) [vs] Ukraine Albus NoX Luna(CIS)
  • 06:00 – Turkey Dark Passage(TCL) [vs] Viet Nam Saigon Jokers(GPL)
  • 07:00 – Australia Chiefs eSports Club(OPL) [vs] Japan Rampage(LJL)

トレーラー

ストリーミング配信

Watch live video from riotgamesjp on www.twitch.tv

大会はストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) GoodGame Agency、EvilGeniusesの創設者Alexander Garfield氏が買収元のTwitchを退社

GoodGame Agency

Alexander Garfield氏が自身のTwitterにてTwitchを退社したことを発表しました。

GoodGame Agency、EvilGeniusesの創設者Alexander Garfield氏が買収元のTwitchを退社

Alexander Garfield氏はプロゲームチーム United States Evil Geniuses、Sweden Alliance のオーナーであり、同チームをマネジメントするeスポーツ代理店「GoodGame Agency」の創設者でもあります。

2014年12月、Amazon傘下のゲームストリーミング配信大手『Twitch』が同社を買収しました。

買収後は、Twitchにて仕事を継続していたようですが、先のツイートのとおりこの度退社が決定したとのこと。詳しいことは明らかにされていませんが、おそらくは買収時の契約で縛られていた在籍期限が終了を迎えたのではないでしょうか。該当のツイートには、eスポーツ界の著名人が多数のリプライを寄せていました。

Alexander Garfield氏は今後の動向についての取材にノーコメントとしています。
おそらく、今後もeスポーツ業界でまた独自のプロジェクトを行なっていくのではないでしょうか。

Alexander Garfield氏といえば、Source EngineでCounter-Strike1.6を再現した競技的な『CSPromod』の開発プロジェクトオーナーでもあります。こちらはCS:GOが登場したことにより実質的に終了となって数年が経過しています。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive mousesports CS:GO部門に元HellRaisersのAWPer oskar選手が加入

oskar

mousesportsがCS:GO部門に元HellRaisersのAWPer Czech Republic Tomáš "oskar" Šťastný選手が加入したことを発表しました。

元HellRaisersのAWPer oskar選手がmousesportsに加入

oskar選手は2016年シーズン後半に入ってからHellRaisersのアクティブロスターから外れインアクティブになっていました。この理由は、同チームとの契約が終了する前に別チームとの契約を行なったことが原因で、契約が終了する2016年9月まではインアクティブ扱いになる処分が下されていました。

しかし今回、mousesportsが残りの契約期間を買い取る形でoskar選手を獲得。
Germany Johannes "nex" Maget選手に代わってスターティングメンバーで起用する計画です。

これでmousesportsは chrisJ 選手との2枚AWP構成が可能となりました。

oskar選手のコメント

mousesportsが私を信頼してくれたことに感謝します。チームの目標達成の力になれることを願っており、チームの目標は私の目標でもあります。

Cengiz Tüylü氏のコメント(mousesports, CEO)

最新の改善として、チームに新たな衝撃を与える必要があると感じていました。
私はoskerがmousesportsのジャージを着てプレーするのを見ることに興奮しています。
これはファンにとってもそうに違いないと思います。
oskerは偉大なプレーヤーというだけでなく、個人的なレベルにおいてもmousesportsのラインナップに間違いなくフィットすると感じています。

また、ここ数年Johannes(nex)がチームのために取り組んできてくれたことを非常に評価しています。彼は人間的に素晴らしく、メンバーを入れ替える決断を下すのは本当に大変なことでした。mousesportsは彼ができる限り早くフィールドに戻る事が出来るようサポートしていきます。

Mousesports

  • Bosnia And Herzegovina Nikola "NiKo" Kovač
  • Netherlands Chris "chrisJ" de Jong
  • Germany Denis "denis" Howell
  • Germany Timo "Spiidi" Richter
  • Czech Republic Tomáš "oskar" Šťastný
  • Germany Johannes "nex" Maget (Sub)
  • Slovakia Aleksandar "kassad" Trifunović (Coach)

新ラインナップは、日本時間8/24(水)2時からの『ESL Pro League Season 4』vs Fnatic戦でデビューとなる予定です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Fnatic CS:GO部門のヘッドコーチにJumpyが就任、vuggoはマネージャーに

Fnatic

FnaticがCS:GO部門のマネジメントに関連する人事の発表を行ないました。

Fnatic CS:GO部門のヘッドコーチにJumpyが就任、vuggoはマネージャーに

Counter-Strike1.6にて Meet Your MakersやBegrip Gamingでプロとして活躍した Jimmy "Jumpy" Berndtsso 氏が、Fnaticのヘッドコーチに就任しました。

同氏はCS:GOではFlipSid3 Tactics、Team Propertyなどでプレーし、2016年からは各チームでコーチとして活動してきました。そして今回、より高いレベルで競い合うために必要なリソースをチームに提供することを目的として、Jumpy氏がコーチ、Vuggo氏がマネージャーを担当する体制に変更を行なったとのことです。

Viktor "vuggo" Jendeby氏のコメント

eスポーツの成長速度に合わせて、CSチームに関わるスタッフの数を拡大していくこと、Jimmyがヘッドコーチとなるために一歩下がりそのお膳立てをするのは自然なことだと感じています。彼には選手としての長年の経験があり、チームにとって素晴らしいプラスとなるでしょう。これまでとは異なる仕事と挑戦と共に、Jimmyや新たなチームと取り組んでいくことを楽しみにしています。

Jimmy "Jumpy" Berndtsson氏のコメント

才能ある選手やeスポーツにおいて最も成功している組織の1つであるFnaticの一員として取り組んでいくことに興奮しています。私たちは共に素晴らしい結果を残していくことが出来ると感じています。

Fnatic CS:GO

  • Sweden Olof "olofmeister" Kajbjer
  • Sweden Dennis "dennis" Edman
  • Sweden John "wenton" Eriksson
  • Sweden Jonas "Lekr0" Olofsson
  • Sweden Simon "twist" Eliasson
  • Sweden Jimmy "Jumpy" Berndtsson (Coach)
  • Sweden Viktor "vuggo" Jendeby (Manager)

Fnaticは先日、GODSENTとの交換トレードでラインナップを大きく変更したばかりでした。コーチも変更となり、今後のFnaticはこれまでとは別物となっていきそうです。また、Valveが試合中のコーチ関与を制限する方針を表明しており、この件も今回の決定に影響を与えていそうです。

情報元

関連ニュース

Overwatch 『JCG Overwatch Master 2016 Summer Finals』でDeToNatorが優勝、日台国際エキシビションマッチの出場権獲得

JCG Overwatch Master 2016 Summer Finals

『JCG Overwatch Master 2016 Summer』の王者を決定するオフラインファイナルで Japan DeToNatorが優勝となりました。

JCG Overwatch Master 2016 Summer Finals オフラインファイナル

『JCG Overwatch Master 2016 Summer Finals』には、4回に渡って開催された予選で出場権を獲得した13チームが出場。

大会はダブルイリミネーション方式トーナメントで進行され、オフラインファイナルは勝者側トーナメントを制した Japan CrestGaming.Blitz、同チームに2回戦で敗退し敗者側トーナメントからの進出となった Japan DeToNatorの対戦となりました。

オフラインファイナルは秋葉原JCGスタジオにて、3マップ先取制で実施され Japan DeToNator が勝利。
賞金と合わせて、9/18(日)に東京ゲームショウ2016のインテルブースで実施される日本・台湾エキシビションマッチの出場権を獲得しています。

結果

  • 1位 - Japan DeToNator - 240,000円、日台エキシビションマッチ出場権
  • 2位 - Japan CrestGaming.Blitz - 120,000円
  • 3位 - Japan RascalJester MaVeNick - 60,000円
  • 4位 - Japan Green Leaves

オフラインファイナル出場チーム

Japan CrestGaming.Blitz

DeToNator

試合結果

FINAL

  • Japan DeToNator [3-1] Japan CrestGaming.Blitz

    • Japan DeToNator [Win-Lose] Japan CrestGaming.Blitz (KING'S ROW)
    • Japan DeToNator [Win-Lose] Japan CrestGaming.Blitz (HOLLYWOOD)
    • Japan DeToNator [Lose-Win] Japan CrestGaming.Blitz (NUMBANI)
    • Japan DeToNator [Win-Lose] Japan CrestGaming.Blitz (LIJIANG TOWER)

配信アーカイブ

実況・解説

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『ECS Developmental League』の招待チーム発表

CS:GO『Esports Championship Series (ECS) Developmental League』の招待チームが発表されています。

ECS Developmental League

『ECS Developmental League』は、『ECS Season 2』の出場枠をかけて実施される大会です。
今大会は、ヨーロッパ、アメリカの2部門で実施されそれぞれ8チーム(招待×4、予選通過×4)が出場となります。

Europe

  • Sweden GODSENT [招待]
  • Ukraine Natus Vincere [招待]
  • Russia Gambit Gaming [招待]
  • Ukraine FlipSid3 [招待]
  • Poland AGG (Open qualifier #1)
  • Denmark Team X (Open qualifier #2)
  • World Open qualifier #3
  • World Open qualifier #4

North America

  • Brazil SK Gaming [招待]
  • Australia Renegades [招待]
  • Brazil Immortals [招待]
  • United States Selfless [招待]
  • Canada RONIN (Open qualifier #1)
  • United States Prospects (Open qualifier #2)
  • World Open qualifier #3
  • World Open qualifier #4

『ECS Developmental League』終了後、各上位2チームと、『ECS Season 1』の下位2チームで入れ替え戦を行ないし、勝利チームが『ECS Season 2』に出場することが出来ます。

ただし、ヨーロッパ部門は、1位チームが『ECS Season 2』出場権獲得、2位・3位チームが入れ替え戦進出となります。

各部門のオープン予選は8月28日まで行なわれ、『ECS Developmental League』が9月9日~27日まで実施される予定です。

情報元

関連ニュース

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp

Peercast 配信 from 秘密基地TV