ニュース Topics

『World Cyber Arena 2017』CS:GO & Dota 2アジアオープン予選の参加登録スタート 『World Cyber Arena 2017』CS:GO & Dota 2アジアオープン予選の参加登録スタート

『World Cyber Arena 2017』CS:GO & Dota 2アジアオープン予選の参加登録がスタートしています

ZOWIE GEAR FK2 ZOWIE GEAR FK2

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門より


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

Quake Champions 賞金総額100万ドル『Quake Champions』公式大会『Quake World Champions』の賞金配分発表

qc-prize-money

賞金総額100万ドル(約1.1億円)で実施される『Quake Champions』公式大会『Quake World Champions』の賞金配分が発表されています。

Quake World Champions

『Quake World Champions』は、ゲームを開発する「id Software」とパブリッシャーの「Bethesda Softworks」が、世界最大規模のeスポーツリーグ『ESL』と提携して開催する『Quake Champions』の公式eスポーツ大会です。

賞金総額はシリーズ史上最高となる100万ドルとなり、「Duel」(1vs1)と「Sacrifice」(4vs4)のモードを採用。6月よりアメリカとヨーロッパの2エリアでオンライン予選、地域オフライン予選を開催し、「Duel」8選手、「Sacrifice」24チームが2017年8月24~26日にアメリカで開催される『QuakeCon 2017』で実施されるFinalsに進出となります。

賞金 - $1,000,000

QuakeChamp_ChampionshipsMoneyBreakdown

Duel - $330,000
1位: $100,000
2位: $50,000
3位: $30,000
4位: $20,000
5位: $15,000
6位: $15,000
7位: $15,000
8位: $15,000
9-16位: $10,000
9-16位: $10,000
9-16位: $10,000
9-16位: $10,000
9-16位: $10,000
9-16位: $10,000
9-16位: $10,000

Sacrifice - $660,000

  • 1位: $300,000
  • 2位: $150,000
  • 3位: $55,000
  • 4位: $55,000
  • 5位: $25,000
  • 6位: $25,000
  • 7位: $25,000
  • 8位: $25,000

アジアは今月末よりスタートするヨーロッパリージョンの予選に出場することが出来ます。ただ、サーバーはヨーロッパとロシアにホスティングされているため、現地以外からの出場は非常に不利となります。

予選ページ

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

DOTA 2 Digital Chaos所属のAbed選手が『Dota 2』史上初となる「10,000」MMRに到達

プロゲームチーム United States Digital Chaosに所属する Philippines Azel "Abed" Yusop選手が、『Dota 2』史上初となる「10,000」MMRに到達しました。

Abed選手が『Dota 2』史上初となる「10,000」MMRに到達

『Dota 2』では、「アメリカ」「ヨーロッパ」「東南アジア」「中国」の4リージョンに分れてランクゲームが実施され、勝敗によって「Match Making Rating(MMR)」が変動していきます(勝利で+25、敗北で-25、若干異なる場合もあり)。

Abed選手は連勝を重ね「9,975」に到達し、勝てば「10,000」達成というゲームに臨みましたが、なんとこのゲームでの配分は「+24」となり「9,999」で記録達成ならず。

「9,999」だった時のリアクション

The 10k game was anticlimactic but here's the team's reaction to 9999!

Team Digital Chaosさん(@digitalchaosgg)がシェアした投稿 - 2017 6月 25 9:58午後 PDT


しかし、続く試合でも勝利して見事に「10,024」を達成しました。

「9,000」を超えるのは世界で9人、「10,000」をオーバーしたのは Philippines Abed選手が初となります。

情報元

esports(eスポーツ) 日本のesportsエージェンシー『Libalent』がVainglory部門『Libalent Supernova』の結成を発表

Libalent

株式会社Libalentが、Vainglory部門『Libalent Supernova』の結成を発表しました。

Vainglory部門『Libalent Supernova』の結成を発表

株式会社Libalentはeスポーツエージェンシー事業を展開する日本企業で、2017年6月1日にプロチーム Japan Unsold Stuff Gamingから選手を獲得し、『Overwatch』部門 Japan Libalent Supreme を結成。

続いて、下記3選手と契約し Vainglory部門 Japan Libalent Supernova を立ちあげました。

Japan Libalent Supernova

株式会社Libalentは公式サイトにて、Japan Libalent Supernova が世界で戦えるチームとなるように全力で支援していくとコメントしています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『eSports座談会 in STORIA』レポート、プロチーム運営者、eスポーツ関連企業、元プロゲーマー、実況者が登壇

DSC_1172

プロゲームチーム Japan DeToNator代表の江尻勝氏がホストを務めるトーク企画「まさるの部屋」の番外編『eSports座談会 in STORIA』が6/23(金)に開催されました。

まさるの部屋番外編『eSports座談会 in STORIA』

今回のeSports座談会は、「eスポーツ」に関わるゲストを迎え、現在の問題や課題に立ち向かう内容のトークを展開しました。

DSC_1100
左: アシスタント YamatoN氏(プロチームDeToNator所属ストリーマー)、江尻勝氏(DeToNator代表)

DSC_1099
ゲスト: 大浦豊弘氏(サードウェーブデジノス コミュニケーション開発部 部長)、谷口 "noppo" 純也氏 (NVIDIA マーケティングマネージャー、元プロゲーマー)、田原尚展氏(C4 LAN運営委員、元プロゲーマー)、アール氏(実況者)

DSC_1152
会場にはeスポーツに関心を持つ50名近い観客が訪れた

今回の座談会では、6つのトピックスと、2つの質問コーナーという構成で展開されていきました。

トピックス

  • Round 1 - 業界発展のために必要なこと
  • Round 2 - 現役選手に求めること
  • Round 3 - 質問コーナー
  • Round 4 - esportsの未来
  • Round 5 - プロフェショナルとは
  • Round 6 - 質問コーナー
  • Round 7 - コミュニティーとは?
  • Final Round - 環境の功罪

続きを読む "『eSports座談会 in STORIA』レポート、プロチーム運営者、eスポーツ関連企業、元プロゲーマー、実況者が登壇" »

esports(eスポーツ) 経済情報誌『月刊BOSS』2017年8月号に特集「eスポーツってなんだ?」が掲載

eスポーツってなんだ?

株式会社 経営塾が発行する経済情報誌『月刊BOSS』にeスポーツの特集記事が掲載されています。

『月刊BOSS』2017年8月号に特集「eスポーツってなんだ?」

特集では、「アジアオリンピック評議会」2022年の『アジア競技大会』公式メダル種目の採用、高額な賞金などでメディアを賑わす「eスポーツ」の現状について紹介する内容となっています。

特集トピックス

○メーカーは冷静な目で状況を見つめている
COLUMN eスポーツはユーザーへの還元
○ライアットゲームズはeスポーツの黒船になるか?
○プロチームオーナーが語るeスポーツへの思いと現実
プロチームのトップランナー デトネーション・ゲーミング CEO梅崎伸幸
持てる才能を伸ばしたい ラスカル・ジェスター 代表大川孝行
コンシューマーから殴り込み 野良連合 代表西泰弘
ビジネスとして成功させるには サイクロプス大阪 オーナー伊草雅幸
COLUMN 大人気! プロゲーマー養成専門学校

https://boss-online.net/

パブリッシャーはe現在のスポーツブームを冷静に見る状況

上記のプロゲーミングチームオーナーに加えて、「日本eスポーツ協会」事務局長・筧誠一郎氏、「株式会社ネクソン」プロモーション2チーム チームリーダーの坂下智久氏、「ネクソンコリア」 eスポーツチーフマネージャー キム・セファン氏、「ライアットゲームズ」ディレクター 齋藤亮介氏が登場し、それぞれの立場からeスポーツへの思いや現状についてコメントしています。

個人的に興味深かったのは、ネクソンの坂下氏による発言。ネクソンは2010年頃から『サドンアタック』や『カウンターストライクオンライン』を含めた自社タイトルで大会やイベントを継続的に開催しユーザーとの関係値を構築していますが、eスポーツが大きく注目されるようになったる結果、無関係な人々に煽られて一過性のブームとなり、これまで築き上げてきたものが壊れてしまうことやオンラインゲームに対する悪いイメージに繋がることを懸念していました。

複数のeスポーツ団体が協力し合う未来は実現するか

また、アジアオリンピック評議会が「esports」を2022年『アジア競技大会』の公式メダル種目に採用したことが大きな注目を集めていますが、選手を派遣するには日本オリンピック協会(JOC)に国内の統一団体を加盟させるすることが必要であると言われています。

現状、eスポーツ関連の団体は日本に複数ありますが、プロゲーミングチーム DetonatioN Gamingのオーナーで「日本eスポーツ連盟」(JeSF)の理事を務める梅崎 伸幸氏は本誌内において「日本eスポーツ協会」はチームや選手からの不満が多い事から、将来的な統合の可能性を示唆しつつも現状は協会からのオファーを断っているとコメントしていました。今後、良い方向に進んで行く可能性はあるのでしょうか?

特集記事は、この他にも興味深い話がたくさん掲載されています。競技ゲームのジャンル説明等もわかりやすく素晴らしいものでした。あとは、主役である選手・プレーヤーの意見もあれば良かったのですが。

『月刊BOSS』は書店、アマゾンのKindleストアで販売されています。
Kindle版は権利の関係か、写真が数点塗りつぶされてしまっているので、読めるならば書籍版の方が良いかと思います。

情報元

Steam 毎年恒例の『Steam Summer Sale』開催中、『CS:GO』が33%割引の「991円」に

Steam Summer Sale

毎年恒例の『Steam Summer Sale』がアメリカ時間の2017年6月22日~7月5日にかけて開催されます。

Steam Summer Sale

『Steam Summer Sale』では、『Steam』プラットフォーム上で販売されているゲーム、ビデオ、ソフトウェアといった様々な製品が、7月5日までの13日、大幅な割引率で購入可能となります。

今年はセールと連動したクエストを完了することでシールを集め、その結果に応じて特典がもらえるシールブック企画が実施されています。

当サイトがメインに紹介するタイトルの一つである『Counter-Strike: Global Offensive』は、33%割引で購入可能となっています。

Counter-Strike: Global Offensive

販売ページ

情報元

関連ニュース

Overwatch 賞金総額48万円の『Overwatch』大会『AOC OPEN』の出場16チームが決定、2017年7月1日(土)に秋葉原で開催

AOC OPEN

賞金総額48万円の『Overwatch』1Dayトーナメント『AOC OPEN』に出場する16チームが発表されました。

AOC OPEN

『AOC OPEN』はゲーミングモニタ『AGON』シリーズを展開する「Admiral Overseas Corporation」社(AOC)が、同社製品の日本展開スタートを記念して開催するeスポーツ大会です。

ag251fz

大会には16チームがエントリー。2017年7月1日(土)に東京・秋葉原の「e-sports SQUARE AKIHABARA」にて、オフラインでのシングルイルミネーション方式トーナメントで対戦が行なわれます。

出場チーム

  • Japan 7th heaven
  • Japan CYCLOPS OSAKA
  • Japan Crest Gaming.Blitz
  • Japan Green Leaves
  • Japan HarmoniX Gaming
  • Japan Libalent Supreme
  • Japan Little Leaf Sister
  • Japan MACHU 55
  • Japan RPG-KINGDOM
  • Japan Rascal Jester MaVeNick
  • Japan SFC Server
  • Japan USG Iridata
  • Japan サイコパス大阪
  • Japan ソシオパス東京
  • Japan 野良連合 OW部門
  • Japan のんけだぞ

開催情報

  • 開催日時: 2017年7月1日(土)11~20時
  • 開催場所:e-sports SQUARE AKIHABARA (東京・秋葉原)
  • ゲームタイトル:Overwatch(PC)
  • 賞金:優勝30万円(1チーム)、準優勝18万円(1チーム)
  • 大会フォーマット:BO1(1マップ先取で勝ち抜け)のシングルエリミネーショントーナメント、決勝のみ、BO3
  • 参加登録: https://e-sports-square.com/aoc_open
  • 主催:AOC

ストリーミング配信

配信ページ

キャスター

  • Japan StanSmith
  • Japan abara
  • Japan mizuiro

大会は会場およびTwitchにおけるストリーミング配信を通じて観戦可能となります。
開場では、当日参加可能なイベントや来場者プレゼントといった企画の実施も予定されています。

情報元

関連ニュース

Quake Champions 『Quake Champions』Patch Notes – New Game Update on 6/22

Quake Champions

Quake Champions』Patch Notes – New Game Update on 6/22がリリースされています。

Patch Notes – New Game Update on 6/22

UI/HUD:

  • キルログにTriboltアイコンを追加
  • デスログにScalebearerのBullRushアイコンを追加
  • 起動時の描写警告をスキップできないよう修正

Custom Game:

  • 観戦者が次の試合に移るのが遅れた場合、ロビー画面から進まなくなるバグを修正
  • Custom Gameでチャレンジ(たぶんデイリー)が進行しない問題を修正
  • 観戦者視点でプレイヤーのアウトラインがズレて表示される問題を修正

Tech:

  • PingはFPSと関連せず、生のPingを表示するよう修正
  • Heat Map Statsを追加
  • 屋外エリアでのTri-boltのbloomエフェクトに関連した問題を修正
  • チャットフィルターを無効化

Crash:

  • SacrificeでSoul投げとアビリティを同時に行なった場合にゲームがクラッシュする問題を修正

Balancing

Tri-bolt:

  • 爆発までの時間を250ms増加
  • 飛ぶ速度を 10m/s 増加
  • 爆風の最低ダメージを5dmgに増加

BJ Blazkowicz:

  • アビリティ利用時のRL, RG, SG, TBの発射速度を1.5倍に設定、より高速な発射速度のGauntlet, MG, NG, HMG, SNG, LGの発射速度を1.25倍に減少した。

Sacrifice:

  • ラウンドの時間制限を60分に増加

Duel:

  • ウォームアップを40秒に増加

Known Issues

  • 不正確なPingが第2ラウンドに表示される場合がある
  • 観戦者がフリーカメラ視点の際、ラウンド間のスコア表示画面が表示されない
  • ウィンドウをリサイズすると観戦者のHUD表示が崩れる

taharasanさん翻訳テキストのご提供ありがとうございました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『Esports Championship Series (ECS) Season 3 Finals』でSK Gamingが優勝

ecs

賞金総額66万ドルのCS:GO大会『ECS Season 3 Finals』で SK Gamingが優勝となりました。

ECS Season 3 Finals

『ECS Season 3 Finals』には、アメリカ、ヨーロッパで実施された予選を勝ち抜いた8チームが出場し、イギリス・ロンドンの「SSE Arena」で開催されました。

出場チーム

ヨーロッパ予選通過

  • Europe FaZe Clan - rain, kioShiMa, allu, karrigan, NiKo
  • Denmark Astralis - dev1ce, dupreeh, Xyp9x, Kjaerbye, gla1ve
  • France G2 Esports - shox, bodyy, NBK, kennyS, apEX
  • Sweden Fnatic - olofmeister, dennis, KRiMZ, JW, flusha

アメリカ予選通過

  • United States Cloud9 - n0thing, shroud, Skadoodle, Stewie2k, autimatic
  • Brazil SK Gaming - FalleN, fer, coldzera, TACO, felps
  • United States Team Liquid - nitr0, EliGE, jdm64, stanislaw, Twistzz
  • United States OpTic Gaming - RUSH, NAF, mixwell, tarik, hazed

賞金

  • 1位: Brazil SK Gaming - $250,000
  • 2位: Europe FaZe Clan - $120,000
  • 3-4位: Denmark Astralis - $65,000
  • 3-4位: United States Cloud9 - $65,000
  • 5-6位: France G2 Esports - $45,000
  • 5-6位: United States Team Liquid - $45,000
  • 7-8位: Sweden Fnatic - $35,000
  • 7-8位: United States OpTic Gaming - $35,000

esports(eスポーツ) 『World Cyber Arena 2017』CS:GO & Dota 2アジアオープン予選の参加登録スタート

wca2017

World Cyber Arena 2017』CS:GO & Dota 2アジアオープン予選の参加登録がスタートしています。

World Cyber Arena 2017

『orld Cyber Arena 2017』の予選は、ヨーロッパ、アメリカ、中東、アジアパシフィック、中国を対象に実施されます。

アジアパシフィック予選は『Faceit』プラットフォームを使用しオンラインで実施されます。

オープン予選参加登録

CS:GO

Dota 2

アジアパシフィック予選本戦は、CS:GOが招待8チーム+オープン予選通過1チーム、Dota 2が招待8チーム+オープン予選通過2チームで実施されます。

CS:GO出場チーム - 9チーム

招待

  • Mongolia The MongolZ - tsogoo, dobu, ncl, kabal, Machinegun
  • Thailand Signature Gaming - bnwGiggs, TOR, RoLEX, stk, Geniuss
  • Australia Grayhound Gaming - bURNRUOk, Gratisfaction, MoeycQ, erkaSt, prakM
  • Singapore B.O.O.T-dreamScape - ImpressioN, benkai, splashske, moxie, Tommy
  • Indonesia Recca Esports - roseau, FrostMisty, Sys, xccurate, crazyguy
  • Thailand 7642 - PTC, qqGod, cbbk, Leaf, CigaretteS
  • Australia Chiefs eSports Club - tucks, INS, Malta, aliStair, pecks
wLE

予選通過

  • オープン予選通過

Dota 2出場チーム - 10チーム

招待

  • Philippines TNC Pro Team - Raven, Kuku, Sam_H, Tims, 1437
  • Philippines Mineski.GGNetwork - .Ark, Mushi, Mag~, ryOyr, ninjaboogie
  • Singapore Team Faceless - Black^, Jabz, iceiceice, xy-, NutZ
  • Philippines Clutch Gamers - Armel, Gabbi, Rapy, Boombacs, flysolo
  • Malaysia Geek Fam - Syeonix, Teehee, Velo, Roddgeee, SexyBamboe
  • Philippines HappyFeet - Jeyo, Benhur, Yaj, JessieVash, eyyou
  • Malaysia Fnatic - Ahjit, QO, Ohaiyo, DJ, Febby
  • Philippines WarriorsGaming.Unity - ChYuan, NaNa, KaNG, xNova-, Net

予選通過

  • オープン予選通過
  • オープン予選通過

各タイトルとも、上位2チームが本戦への出場権を得ることが出来ます。

情報元

関連ニュース

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp