ニュース Topics


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

PUBG 『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』初日DUOで日本「Buhidou Gaming」が2位に入賞、初戦で「ドン勝」達成

pubg-asia

アジア最強決定戦『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』が韓国で開幕し、初日「DUO」モードで Japan Buhidou Gamingが2位入賞となりました。

PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017

『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』は、2017年11月16日~19日に韓国で開催されるゲームショウ『G-STAR 2017』内の「Bluehole」ブースで実施されます。

大会にはアジア各国の代表全20チームが出場予定でしたが、インドネシア Team Viper がビザ問題で出場出来なくなり、19チームでの開催となっています。

大会は全3日をかけて行なわれ、11/17(金)に「DUO」モード4試合を実施。総合成績は以下のようになりました。18日(土)に「SOLO」19日(日)に「SQUAD」が実施されます。

「DUO」順位

  • 1位: Korea KONGDOO REDDOT #1 - 1390ポイント, 3,000万ウォン(約300万円)
    • KD_evermore, KD_FordMustang
  • 2位: Japan Buhidou Gaming #2 - 1175ポイント, 2,000万ウォン(約200万円)
    • BDG_kendesu, BDG_Rapiacta
  • 3位: China OMG #2 - 1080ポイント, 1,500万ウォン(約150万円)
    • OMG_m4gololx, OMG_Ivan
  • 4位: Korea AfreecaTV_ROYAD #1 - 1000ポイント, 1,000万ウォン(約100万円)
    • Afreeca_breakneck, Afreeca_benz
  • 5位: China Armani #2 - 935ポイント, 800万ウォン(約50万円)
    • Armani_karlxigua, Armani_big
  • 6位: Korea Anarchy #2 - 855ポイント
    • Anarchy_suk, Anarchy_Esth3r
  • 7位: Korea Team kakaoTV #2 - 825ポイント
    • kakao_BLACKBEAN, kakao_Para
  • 8位: Thailand MiTH #2 - 820ポイント
    • Mith_Ezqelusia, MiTH_MinORu
  • 9位: Korea Afreeca Bubble #1 - 745ポイント
    • Afreeca_nungil, Afreeca_pinE
  • 10位: Korea 433 #1 - 740ポイント
    • 433_Xerape, 433_bubble
  • 11位: China 4AM #2 - 675ポイント
    • 4AMALuKa_Cherry, 4AMNB211_Cherry
  • 12位: Korea Anarchy #1 - 645ポイント
    • Anarchy_SexyPIG, Anarchy_yureka
  • 13位: China Panda #1 - 635ポイント
    • Panda_FFF, Panda_ADV07R
  • 14位: China wNv #2 - 630ポイント
    • wNv_AiDi_MSI, wVv_GoodBoy_MSI
  • 15位: Korea KONGDOO REDDOT #2 - 630ポイント
    • KD_style, KD_Merald
  • 16位: Japan Sunsister Suicider's #1 - 625ポイント
    • SST_S_fiachan, SST_S_CrazySam
  • 17位: Japan Sunsister Unknown #1 - 575ポイント
    • SST_U_gabha, SST_U_CiNVe
  • 18位: Korea Team kakaoTV #1 - 540ポイント
    • kakao_YachaGO, kakao_Chapelier
  • 19位: Korea Afreeca Bubble #2 - 535ポイント
    • Afreeca_somaz, Afreeca_cold
  • 20位: China Panda #2 - 525ポイント
    • Panda_small2, Panda_Bigcousin
  • 21位: China OMG #1 - 505ポイント
    • OMG_LINDA, OMG_HM
  • 22位: China Armani #1 - 490ポイント
    • Armani_FTD-FQ, Armani_tongk
  • 23位: Japan Team Destroy #2 - 475ポイント
    • TD_Arc, TD_rorichan
  • 24位: Korea 433 #2 - 475ポイント
    • 433_taemin, 433_FitU
  • 25位: Thailand MiTH #1 - 435ポイント
    • mith_tanx, MiTH_CigaretteS
  • 26位: Japan Sunsister Suicider's #2 - 435ポイント
    • SST_S_Spyderaaaa, SST_S_Molis
  • 27位: Japan Buhidou Gaming #1 - 425ポイント
    • BDG_Takomayo, BDG_SeaKingJAWS
  • 28位: China 4AM #1 - 395ポイント
    • 4AMGodv_Cherry, 4AMGodL_Cherry
  • 29位: Malaysia KIZUNAAI #1 - 385ポイント
    • KiZ_Rookie, KiZ_shoroi
  • 30位: Korea AfreecaTV_ROYAD #2 - 385ポイント
    • Afreeca_ruliweb, Afreeca_Tapel
  • 31位: China wNv #1 - 385ポイント
    • wNv_Yangyao_MSI, wNv_Dec-20th_MSI
  • 32位: Philippines 5Peaks #1 - 380ポイント
    • 5peaks_LeanderVB, 5peaks_YAS
  • 33位: Malaysia KIZUNAAI #2 - 360ポイント
    • KiZ_F1nkY7, KiZ_Maying
  • 34位: Japan Team Destroy #1 - 355ポイント
    • TD_DestroySenpai, TD_SikiLL
  • 35 - iFTY #1 - 345ポイント
    • iFTY_Kcoo, iFTY_APLUSVABLE
  • 36位: Japan Sunsister Unknown #2 - 340ポイント
    • SST_U_Wesker, SST_U_Sabrac_
  • 37位: China iFTY #2 - 330ポイント
    • iFTY_TKzhun, iFTY_IIIsa
  • 38位: Philippines 5Peaks #2 - 330ポイント
    • 5peaks_HipsterD, 5peaks_LanS

1位は、2017年8月にドイツで開催された『Gamescom PUBG Invitational』のSOLO部門で優勝した Korea Evermore 選手が所属するKorea KONGDOO REDDOTチーム。1ラウンド9位、2ラウンド12位、3&4ラウンドでドン勝という成績で2位に200ポイント以上の差を付けました。 Korea Evermore選手は『Overwatch』のプロゲーマーとして Korea Team Kongdoo Pantheraに所属し活動していました。

不利な下方から3人抜きしたEvermore選手のスーパープレー

2位となった Japan Buhidou GamingのJapan kendesu と Japan Rapiacta ペアは1ゲーム目のラストで Korea Team kakaoTVとの2on2となり、グレネードを大量に投げ込んでから詰める戦略で見事に「ドン勝」(1位)を獲得。2ラウンド目4位、3ラウンド目9位、4ラウンド目8位の安定した成績でしたが惜しくも「DUO」優勝は逃す結果となりました。

表彰式の様子

他の日本チームは16位以下で、明日の「SOLO」部門での活躍が期待されます。

DUO配信アーカイブ(日本語)

全体キル数ランキング

  • 1位: Thailand Mith_Ezqelusia - 13キル - 300万ウォン(約30万円)
  • 2位: Thailand MiTH_MinORu - 10キル
  • 3位: China OMG_Ivan - 9キル
  • 4位: Korea 433_Xerape - 8キル
  • 4位: Korea KD_evermore - 8キル
  • 4位: China Panda_Bigcousin - 8キル
  • 7位: China 4AMALuKa_Cherry - 7キル
  • 7位: China 4AMNB211_Cherry - 7キル
  • 7位: Thailand MiTH_CigaretteS - 7キル
  • 7位: Japan SST_U_gabha - 7キル
  • 7位: Korea kakao_BLACKBEAN - 7キル

キル数を計算してみたところ、1位はThailand Mith所属の Thailand Ezqelusia 選手。アジアの強豪が出場する大会ながらも1ラウンド目では7キルを獲得する活躍を見せています。Thailand Mithは4選手中3選手がトップ10入賞を果たしています。

日本代表キル数

  • Japan SST_U_gabha - 7キル
  • Japan BDG_SeaKingJAWS - 6キル
  • Japan SST_S_fiachan - 6キル
  • Japan BDG_kendesu - 4キル
  • Japan BDG_Rapiacta - 3キル
  • Japan SST_S_Spyderaaaa - 3キル
  • Japan TD_Arc - 3キル
  • Japan TD_rorichan - 3キル
  • Japan SST_S_CrazySam - 2キル
  • Japan SST_S_Molis - 2キル
  • Japan SST_U_Sabrac_ - 2キル
  • Japan BDG_Takomayo - 1キル
  • Japan TD_DestroySenpai - 1キル
  • Japan TD_SikiLL - 1キル
  • Japan SST_U_CiNVe - 0キル
  • Japan SST_U_Wesker - 0キル

日本代表のキル数も計算してみたところ、上記のようになっていました。

出場チーム

  1. Japan Team Destroy - SikiLL, DestroySenpai, rorichan, Arcccccccc
  2. Japan Sunsister Unknown - CiNVe, gabha, Sabrac_, Wesker
  3. Japan Buhidou Gaming - SeaKingJAWS, takomayo, Rapiacta, kendesu
  4. Japan Sunsister Suicider's - CrazySam, fiachan, Spyderaaaa, MolisJP
  5. Korea Anarchy - SexyPIG, Seayureka, suk_tv, ESTH3R
  6. Korea AfreecaTV_ROYAD - mercedes_benz, ruliweb_com, towerpalace, breakneck
  7. Korea KONGDOOREDDOT - FordMustang-, style-, Merald-, Evermoreow
  8. Korea AfreecaTV_Unbelievable - NUNGIL, Somaz_ez, coldoxygen, pinE-
  9. Korea Team kakaoTV - BlackBean, Le-Chapelier, vkfk, YachaGO
  10. Korea 433 - xerape, 10vic_taemin, fitu, dongdong_ju
  11. China iFTY - APLUSVABLE, Tkzhun, IFTY_kcoo, YY_Isabella_PEI
  12. China OMG - OMGLinda, OMGm4gololx, OMGIvan, OMGHM
  13. China 4AM - wlswlswlsz, LolixdeDie, Douy1969843NB211, Daiyue810
  14. China Armani - armani_tongk, pandatv_karl, bigreggie1, FTD-Fanqie
  15. China wNv - yangyao, Dec_20th, wNv_GoodBoy, wNv_AiDi
  16. China Panda - FHKP_Adv1, ScOrpioBigcoUsi, wang33333, small2
  17. Thailand MiTH.PUBG - CigaretteS7, minoru1st, grean_thailand, Ezqelusia
  18. Philippines 5Peaks - AidreN, HipsterD, MrFlirt, goodguyhero
  19. Malaysia KIZUNAAI - SRookie, F1nkY, Maying, shoroi
  20. Indonesia Team Viper - rezakulir, imamricardo, vipergaming221, askalpro

賞金総額 - 3億ウォン(約3,032万円, 1ウォン=0.10円)

SOLO

  • 1位: 1,500万ウォン(約150万円)
  • 2位: 1,000万ウォン(約100万円)
  • 3位: 800万ウォン(約80万円)
  • 4位: 600万ウォン(約60万円)
  • 5位: 500万ウォン(約50万円)
  • 6位: 400万ウォン(約40万円)
  • 7位: 300万ウォン(約30万円)
  • 8位: 200万ウォン(約20万円)
  • キル賞: 300万ウォン(約30万円)

DUO

  • 1位: 3,000万ウォン(約300万円)
  • 2位: 2,000万ウォン(約200万円)
  • 3位: 1,500万ウォン(約150万円)
  • 4位: 1,000万ウォン(約100万円)
  • 5位: 800万ウォン(約50万円)
  • キル賞: 300万ウォン(約30万円)

SQUAD

  • 1位: 6,000万ウォン(約600万円)
  • 2位: 4,000万ウォン(約400万円)
  • 3位: 3,000万ウォン(約300万円)
  • 4位: 2,000万ウォン(約200万円)
  • キル賞: 300万ウォン(約30万円)

ストリーミング配信

本大会の戦いは、下記配信チャンネルにて実施される日本語放送を通じて観戦可能です。

試合は各日、日本時間の13時スタート予定です。

配信チャンネル

出演

  • キャスター:[RIZeST] eyes (@eyes1015)
  • コメンテーター:[DETONATOR] SHAKA (@avashaka)
  • コメンテーター:[DetonatioN Gaming] SUMOMOXqX (@SUMOMOXqX)
  • スペシャルゲスト:[ファミ通アップVS] えっか (@ekka0705)
  • スペシャルゲスト:[PUBG公式パートナー] GAMEゆうな (@yuna_game_)

スケジュール (日本時間)

pubg_timetable_en

11/17(金) - DUO

  • Round 1 - 13:00~
  • Round 2 - 14:00~
  • Round 3 - 15:00~
  • Round 4 - 16:00~

11/18(土) - SOLO

  • Round 1 - 13:00~
  • Round 2 - 14:00~
  • Round 3 - 15:00~
  • Round 4 - 16:00~

11/19(日) - SQUAD

  • Round 1 - 13:00~
  • Round 2 - 14:00~
  • Round 3 - 15:00~
  • Round 4 - 16:00~

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

PC・ゲーミングデバイス 『SteelSeries』の光るゲーミングマウスパッド『QcK Prism』が11/24(金)より国内販売開始

QcK Prism

『SteelSeries』が、両面仕様の光るゲーミングマウスパッド『QcK Prism』を11月24日(金)より国内販売すると発表しました。

QcK Prism

『SteelSeries QcK Prism』はLEDライトを搭載した土台に、「布」「プラスチック」の両面仕様となるサーフェスを自分の好みに合わせてセット可能なゲーミングマウスパッドです。

マウスパッドは、下記の通り最初は少量かつ一部店舗のみでの取り扱いとなります。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive ムービー『GeForce CUP CS:GO#2 Highlight Fragmovie』

geforce

2017年10月に開催された『GeForce CUP: CS:GO #02』のフラグハイライトムービーが公開されています。

ムービー『GeForce CUP CS:GO#2 Highlight Fragmovie』

No1t4minA RapidWorks製作による『GeForce CUP CS:GO#2 Highlight Fragmovie』では、大会で繰り出された素晴らしいフラグシーンを厳選して紹介。今回は約8分間に渡るムービーとなっているため、出場した選手は自分が登場するか気にしながら視聴してみてください。

シーンのつなぎ演出が色々と工夫されているのでそちらにもチェックしてみてください。

ムービーの評価を見る・投票する "ムービー『GeForce CUP CS:GO#2 Highlight Fragmovie』" »

関連ニュース

PUBG 日本語配信あり『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』が11/17(金)~19(日)に韓国で開催、出場全20チームが決定

pubg-asia

アジア最強決定戦『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』に出場する各国の代表全20チームが決定しています。

PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017

『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』は、2017年11月16日~19日に韓国で開催されるゲームショウ『G-STAR 2017』内の「Bluehole」ブースで実施されます。

主催はBlueholeの子会社 PUBG Corporationで、大会の運営はOverwatch国際大会『APAC Premiere』などを手がける「BANANA culture entertainment」が担当します。BANANA cultureは、2017年9月には中国の有名プロチームも多数参戦する招待制大会『PUBG Banana Culture Invitaional』を手がけています。

これまで、中国6チーム、韓国1チームが未発表でしたが、開幕前日に全ての出場チームが明らかになりました。

出場チーム

  1. Japan Team Destroy - SikiLL, DestroySenpai, rorichan, Arcccccccc
  2. Japan Sunsister Unknown - CiNVe, gabha, Sabrac_, Wesker
  3. Japan Buhidou Gaming - SeaKingJAWS, takomayo, Rapiacta, kendesu
  4. Japan Sunsister Suicider's - CrazySam, fiachan, Spyderaaaa, MolisJP
  5. Korea Anarchy - SexyPIG, Seayureka, suk_tv, ESTH3R
  6. Korea AfreecaTV_ROYAD - mercedes_benz, ruliweb_com, towerpalace, breakneck
  7. Korea KONGDOOREDDOT - FordMustang-, style-, Merald-, Evermoreow
  8. Korea AfreecaTV_Unbelievable - NUNGIL, Somaz_ez, coldoxygen, pinE-
  9. Korea Team kakaoTV - BlackBean, Le-Chapelier, vkfk, YachaGO
  10. Korea 433 - xerape, 10vic_taemin, fitu, dongdong_ju
  11. China iFTY - APLUSVABLE, Tkzhun, IFTY_kcoo, YY_Isabella_PEI
  12. China OMG - OMGLinda, OMGm4gololx, OMGIvan, OMGHM
  13. China 4AM - wlswlswlsz, LolixdeDie, Douy1969843NB211, Daiyue810
  14. China Armani - armani_tongk, pandatv_karl, bigreggie1, FTD-Fanqie
  15. China wNv - yangyao, Dec_20th, wNv_GoodBoy, wNv_AiDi
  16. China Panda - FHKP_Adv1, ScOrpioBigcoUsi, wang33333, small2
  17. Thailand MiTH.PUBG - CigaretteS7, minoru1st, grean_thailand, Ezqelusia
  18. Philippines 5Peaks - AidreN, HipsterD, MrFlirt, goodguyhero
  19. Malaysia KIZUNAAI - SRookie, F1nkY, Maying, shoroi
  20. Indonesia Team Viper - rezakulir, imamricardo, vipergaming221, askalpro

賞金総額 - 3億ウォン(約3,032万円, 1ウォン=0.10円)

SOLO

  • 1位: 1,500万ウォン(約150万円)
  • 2位: 1,000万ウォン(約100万円)
  • 3位: 800万ウォン(約80万円)
  • 4位: 600万ウォン(約60万円)
  • 5位: 500万ウォン(約50万円)
  • 6位: 400万ウォン(約40万円)
  • 7位: 300万ウォン(約30万円)
  • 8位: 200万ウォン(約20万円)
  • キル賞: 300万ウォン(約30万円)

DUO

  • 1位: 3,000万ウォン(約300万円)
  • 2位: 2,000万ウォン(約200万円)
  • 3位: 1,500万ウォン(約150万円)
  • 4位: 1,000万ウォン(約100万円)
  • 5位: 800万ウォン(約50万円)
  • キル賞: 300万ウォン(約30万円)

SQUAD

  • 1位: 6,000万ウォン(約600万円)
  • 2位: 4,000万ウォン(約400万円)
  • 3位: 3,000万ウォン(約300万円)
  • 4位: 2,000万ウォン(約200万円)
  • キル賞: 300万ウォン(約30万円)

ストリーミング配信

本大会の戦いは、下記配信チャンネルにて実施される日本語放送を通じて観戦可能です。

OPENREC.tv、ニコニコの表記によると17日(金)は12:30から配信スタート。
18日(土)、19日(日)はニコニコが12:30~、OPENREC.tvは13:00からと書かれていました
TwitchとAfreecaTVは時間の記載がありませんでしたが、同じくらいの時間帯になると思われます。

配信チャンネル

出演

  • キャスター:[RIZeST] eyes (@eyes1015)
  • コメンテーター:[DETONATOR] SHAKA (@avashaka)
  • コメンテーター:[DetonatioN Gaming] SUMOMOXqX (@SUMOMOXqX)
  • スペシャルゲスト:[ファミ通アップVS] えっか (@ekka0705)
  • スペシャルゲスト:[PUBG公式パートナー] GAMEゆうな (@yuna_game_)

『League of Legends』の日本プロリーグでメインキャスターを務める Japan eyes 氏がまさかの『PUBG』配信デビュー。

解説はプロゲームチーム Japan DeToNatorの一員として『Alliance of Valiant Arms』世界トップクラスのスナイパーとして活躍した他、2017年8月にドイツで開催された『Gamescom PUBG Invitational』に招待出場した Japan SHAKA氏と、プロeスポーツチーム Japan DetonatioN GamingのPUBG部門に所属し、『OPENREC.tv』の公認ストリーマーとしても人気を誇る Japan SUMOMOXqX氏が担当。

また、ゲストとして ファミ通App編集者の Japan えっかさん、PUBG公式パートナーとしてゲーム配信をおこなう Japan GAMEゆうなさんが出演します。

スケジュール (日本時間)

大会では、3日間をかけて「DUO」「SOLO」「SQUAD」の3モードで競技が行なわれます。
詳しいルールはまだ明らかにされていませんが、各国予選と同じく、順位やキル数に応じて付与されるボイントの総数で最終順位が決定されることになる可能性が高そうです。

pubg_timetable_en

11/17(金) - DUO

  • Round 1 - 13:00~
  • Round 2 - 14:00~
  • Round 3 - 15:00~
  • Round 4 - 16:00~

11/18(土) - SOLO

  • Round 1 - 13:00~
  • Round 2 - 14:00~
  • Round 3 - 15:00~
  • Round 4 - 16:00~

11/19(日) - SQUAD

  • Round 1 - 13:00~
  • Round 2 - 14:00~
  • Round 3 - 15:00~
  • Round 4 - 16:00~

現地の様子

PUBGバス

前日練習

ステージ

プロモーション動画

「Bluehole」ブースでは、大会の他にも開発者セッション、クイズ企画「Golden Frying Pan」、プレゼント付きSNS写真投稿企画、80人参加の現地対戦会(TOP10、最多キル、最初のキル獲得でプレゼントあり)、 Air Dropプレゼント企画などが予定されています。

より詳しくは、下記の特設サイトをご覧ください。

情報元

  • Bluehole G-Star 2017
  • プレスリリース
  • Published by ©DMM GAMES.©2017 BLUEHOLE INC.All rights reserved.

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『IEM Season 12 Oakland』プレーオフが11/17(金)4時頃よりスタート予定

iem-oakland-2017

CS:GO大会『Intel Extreme Master Season 12 Oakland』が開催中です。

『Intel Extreme Master Season 12 Oakland』

『Intel Extreme Master Season 12 Oakland』は、2017年11月18~19日にアメリカ・カリフォルニアで開催されるCS:GO大会です。

こちらには招待9チーム、「アメリカ」「ヨーロッパ」「東&東南アジア」予選を勝ち抜いた3チームを加えた12チームが出場しています。

出場チーム

招待

  • Denmark Astralis - device, dupreeh, Xyp9x, Kjaerbye, gla1ve
  • United States Cloud9 - Skadoodle, Stewie2K, autimatic, RUSH, tarik
  • Europe FaZe Clan - rain, karrigan, NiKo, GuardiaN, olofmeister
  • France G2 Esports - shox, bodyy, NBK-, kennyS, apEX
  • Kazakstan Gambit Esports - Dosia, mou, AdreN, HObbit, fitch
  • United States Team Liquid - nitr0, EliGE, jdm64, Twistzz, steel
  • Sweden Ninjas in Pyjamas - f0rest, GeT_RiGhT, Xizt, draken, REZ
  • Australia Renegades - AZR, jks, USTILO, Nifty, NAF
  • Brazil SK Gaming - FalleN, fer, coldzera, TACO, boltz

本来は Brazil Immortalsが出場予定でしたが、ラインナップが大幅に変更されたことからルールにより出場権を失い、代わりに Australia Renegades が出場となっています。

アメリカ予選通過

  • Europe OpTic Gaming - mixwell, friberg, allu, Magisk, HS

ヨーロッパ予選通過

  • France Team EnVyUs - Happy, SIXER, RpK, xms, ScreaM

東&東南アジア予選通過

  • Mongolia The MongolZ - Tsogoo, ncl, Machinegun, Zilkenberg, maaRaa

ストリーミング配信

Watch live video from esl_csgo on www.twitch.tv

プレーオフ

プレーオフは日本時間の下記日程で実施される予定です。

決勝

  • 11/18(日)06:15~

準決勝

  • 11/18(土)06:00~ Sweden Ninjas in Pyjamas [vs] Europe OpTic Gaming [or] Brazil SK Gaming
  • 11/18(土)09:50~ Europe FaZe Clan [vs] United States Cloud9 [or] Kazakstan Gambit Esports

準々決勝

  • 11/17(金)04:00~ Europe OpTic Gaming [vs] Brazil SK Gaming
  • 11/17(金)07:35~ United States Cloud9 [vs] Kazakstan Gambit Esports

グループステージ

Group A

  • 1位: 4勝1敗: Sweden Ninjas in Pyjamas [準決勝 進出]
  • 2位: 3勝2敗: United States Cloud9 [準々決勝 進出]
  • 3位: 3勝2敗: Brazil SK Gaming [準々決勝 進出]
  • 4位: 3勝2敗: Denmark Astralis
  • 5位: 2勝3敗: France Team EnVyUs
  • 6位: 0勝5敗: Mongolia The MongolZ

Group B

  • 1位: 4勝1敗: Europe FaZe Clan [準決勝 進出]
  • 2位: 3勝2敗: Europe OpTic Gaming [準々決勝 進出]
  • 3位: 2勝3敗: Kazakstan Gambit Esports [準々決勝 進出]
  • 5位: 2勝3敗: Australia Renegades
  • 6位: 2勝3敗: France G2 Esports
  • 7位: 2勝3敗: United States Team Liquid

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『GODSENT』CS:GO部門がメンバー変更、znajder、Dennisがスタメン落ち、pyth、hampusがヘルプでラインナップ入り

godsent-logo

『GODSENT』がCS:GOチームのラインナップ変更に関する発表を行ないました。

『GODSENT』メンバー変更、znajder、Dennisがスタメン落ち

チーム公式の説明によると、 Andreas "znajder" Lindberg選手は新たなキャリアを求めてチームを脱退、Dennis "Dennis" Edman選手は現在のメンバーとフィットしないことからスタメン落ちとなりました。

Dennis選手については、他チームが残りの契約期間をGODSENTを通じて買い取り可能な状態になっているとのことです。

Dennis選手が自身の見解を投稿

Dennis選手は「TwitLonger」に今回の件に関する自身の見解を投稿しました。

GODSENTには明確な戦略・仕組みがなくラウンド獲得は個人プレーに大きく依存しており、自身が求めるプレースタイルとは異なると言及(SK GamingやFaZe Clanなら可能な戦略だが、GODSENTにはそこまでの個人スキルはないとも)。

自身は、ゲームプランがあり構造化されたチームでプレーすることで実力を発揮出来るタイプであることから、現状のチームには疲れてしまったと気持ちを明らかにしました。

今後は、他チームから契約期間買い取りオファーを待つことになります。

znajder選手もチームのスタイルに言及

znajder選手も同じく「TwitLonger」に投稿を行ないました。
こちらでは、GODSENT結成当初からチームに携わってきた思いと合わせて、これまでポジション変更などの対策を行なったものの効果が得られなかったことなどが明らかにされました。

znajder選手はDennis選手と同様に、今後はチームプレーを重視した戦略を展開出来るチームでプレーすることを望んでいるとのことです。

GODSENT

  • Sweden Simon "twist" Eliasson
  • Sweden Joakim "disco doplan" Gidetun
  • Sweden Fredrik "freddieb" Bu?
  • Sweden Hampus "hampus" Poser (Stand-in)
  • Sweden Jacob "pyth" Mouruj?rvi (Stand-in)
  • Sweden Dennis "dennis" Edman (Inactive)
  • Finland Niko "naSu" Kovanen (Coach)

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO日本トップチーム「鵺」が『MSI』と契約、アマチュアゲーミングチーム支援プログラム「MSI Dragon」の選考を通過

MSI Dragon

CS:GO日本トップチーム Japan 鵺(NUE)が、『MSI』との契約締結を発表しました。

CS:GO日本トップチーム「鵺」が『MSI』と契約

「MSI Dragon」は、若い才能を探し出し、熱狂的で高い可能性を秘めたアマチュアゲーミングチームを支援するプログラムです。

Japan 鵺はこのプログラムにエントリーを行ない、見事に選考を通過。
『MSI』からの支援を受けて活動をしていくと発表しました。

「MSI Dragon」への参加が認められたチームは、『MSI』製のゲーミングギア、特製ユニフォーム、MSIのSNSやコンテンツと連動したチーム広報、渡航費用の協賛といったサポートといったサポートを受けながら活動を行なうことが可能となります。

今回の契約について、チームメンバーの Japan taka193b. さんに質問してみました。

『MSI』との契約おめでとうございます。「MSI Dragon」プログラムに応募してみようと思った理由について教えてください。

プログラムについては、こちらの記事で知りました。ちょうどその頃、長期的に活動出来そうなメンバーが揃ったので、合格できれば、チームの練習環境の向上だけでなくモチベーションや団結力の強化といった面でもプラスとなりそうだったために、「Join the dragon」プログラムの応募に踏み切りました。

デバイス提供だけでなく渡航費のサポートであったり、SNSを通じてチームの宣伝を手伝って頂けるという点にも魅力を感じました。
中でもSNSでの宣伝活動は、沢山の人にCSGOというゲームを伝えることができるという可能性を感じました。

契約は応募してからどのくらいで決まったのでしょうか?

2017年4月末に応募して、7月にプログラムに選ばれた旨の連絡があり契約という話になったのですが、最初の頃は日本語での対応は無く英語でのやり取りが続き半年以上をかけて契約締結という形に至りました。最初は契約書も英語でしたが、MSI台湾の方に翻訳作業を行っていただきました。非常に丁寧に対応していただきました。

「MSI Dragon」プログラムに合格した気持ちや意気込みを教えてください。

今は契約を結べたことをただただ嬉しく思います。それと同時にチームに責任が生まれたことを感じています。

協力頂いている企業様の名に恥じぬような結果を残し続けることを意識しつつ、日々精進していきます。国内だけでもまだまだ強豪のチームが沢山あるのでもまずはそのチームと渡り合えるようにがんばります。

もちろん、楽しむことも大切なので純粋にCSGOを楽しんでいくことも忘れずにいこうと思います!

また今回の契約を考えている段階で、「長い間コミュニティに在り続けている鵺ならきっと評価してもらえる。」という言葉をある人から頂きました(…私的には "しがみついてきた" 感覚ですが笑)。

"鵺"がコミュニティに今日まで存在できたのはコミュニティのみんなのお陰です。
コミュニティが今日まで存続できたのはみんなのCounter Strikeを大切にしたいという想いのお陰です。
この気持ちを還元できるようにコミュニティの発展のために出来ることを日々努力してゆきますので応援の程、よろしくお願い致します。

今後、鵺が参加を予定している大会やイベントなどがあれば教えてください。

直近ですと、今月末からのWESG EAST-Asia予選に参加予定です。
大会の予定がメンバーのスケジュールに合えば積極的に参加していきます!
応援よろしくお願いいたします!

NUE

メンバー

最近の戦績

Japan NUEは上位入賞するものの、なかなかタイトルには手が届かないという展開が続いてきました。新たに『MSI』の支援とプレッシャーの後押しで、今後の大会でタイトル獲得を達成していただきたいです。

ちなみに、League of Legendsチーム Japan NetherWorld Elves もMSIのプログラムによる支援を獲得しています。

参考

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO』に新たなチーター対策導入、マッチメイキングの参加基準にSteamおよびCS:GOアカウントの信用度を採用

CS:GO

『Counter-Strike: Global Offensive』の不正対策として、マッチメイキングの参加基準にSteamおよびCS:GOアカウントの信用度を採用することが発表されました。

The Trust Factor

昨今、公式マッチメイキングはチーターの出現率が高いことでプレーが敬遠され、『Faceit』『ESEA』『5Eplay』といったサードパーティが提供するマッチングプラットフォームで対戦することが主流となっていました。

今回のアップデートでは、そのような問題を改善し、より良いゲーム体験を提供することを目的として導入が決定されました。

アカウント信用度「The Trust Factor」をマッチメイキングの参加条件に採用

「Trust Factor」はSteamアカウント上での「信頼性」を元にした信頼係数のことです。

事前の実験として、「CS:GOの総プレー時間」「試合後にレポートされた頻度」「Steamで他のゲームをプレーした総時間」など様々な要素をを元に算出した「Trust Factor」の評価値を元にマッチメイキングを行なったところ、結果は非常に肯定的で電話番号とSteamアカウントの連携認証によって得られる「Prime」ステータスの有無に関わらず、参加プレーヤーの悪質な振る舞いについてレポートが行なわれることがほとんど無くなったとのこと。

この結果をふまえ、「Prime」アカウントのより良い点を残しつつ、本日から「Prime」ステータスではなく「Trust Factor」を元にしたマッチメイキングがデフォルトとなりました。

また、「Prime Matchmaking」のプレー可能条件に、下記2番のアカウントランクが追加されました。

Prime Matchmaking 参加条件

  1. Steamアカウントと携帯電話の番号登録を連携させる
  2. ゲーム内のアカウントランクを「21」以上にする

これにより、すぐにアカウントを作り直して悪質行為を行なうことが難しくなった他、Steamアカウント全体での振る舞いが評価されるようになったため、Steamコミュニティ全体における活動の健全化が期待されます。

Trust Factor F.A.Q.

以下は、今回導入された「Trust Factor」に関する公式Q&Aの内容紹介です。

Q: 新しい「Trust Factor」マッチメイキングシステムでは、どのような要因が使用されますか?

A: 下記の理由により、「Trust Factor」マッチメイキングシステムの要因リストは公開しません。

私たちは、特定の要因を心配しながらCS:GOやSteamのゲームをプレーしてほしくないと思っています

また、「Trust Factor」マッチメイキングシステムを継続的にアップデートしていくので、リストを公開してもすぐに古い情報となってしまいます。

システムが可能な限り正確となるよう、これまでのCS:GOとSteamゲームのプレー履歴のみをみていきます。

Q: 自分の「Trust Factor」を確認することはできますか?

A: 「Trust Factor」を表示することは考えていません。
この仕組みの目標は、そのようなことを気にすることなくより良いマッチメイキング体験を提供することです。

実際のところ、「Trust Factor」を知ってもあまり意味はありません。私たちは出来る限る同じようなプレーヤーとマッチするようにします。サーバーの「スキルグループ」「プレーヤー数」は、「時間帯」「リージョン」「キューを入れているマップ」に大きく依存します。

Q: 「Trust Factor」よりよくさせるために出来ることはありますか?

A:あなたに必要な全ては、CS:GO、Steam Communityにおけるポジティブなメンバーとなることです。

私たちは現在も「Trust Factor」モデルの調整等を繰り返しており、様々な要素を組み合わせています。マッチメイキングの体験を向上させるためにあなたがするべき事は、CS:GOやSteamゲームを継続して合法的にプレーし続けることです。

たくさんプレーするほどシステムに多くの情報が集まり、システムの適合性が高くなります。

Q:「Prime」ステータスを獲得しています。これで「Trust Factor」は良くなりますか?

A: もちろん!電話番号とCS:GOランクは新しい「Trust Factor」マッチメイキングで使用されます。

「Prime」ステータスをすでに得ているならば「Trust Factor」はあなたに利益を提供します。
まだ電話番号とCS:GOアカウントをリンクしていないならば、マッチメイキング体験を向上させるために設定してください

Q:新規プレーヤーですが、その場合「Trust Factor」は低い評価になるのでしょうか?

A:ご心配なく。「Trust Factor」はSteamやCS:GOでの経験に影響を受けるので、これまでSteam Communityでポジティブなメンバーとして活動していれば「Trust Factor」の評価は高くなります。

Q: 「Trust Factor」システムが以前よりも優れているという理由について教えてください

A: プレーヤーからのフィードバックや、プレーヤー間のやりとりを測定することで「Prime」を評価してきました。

客観的に、プレーヤー達が協力して試合に挑んでいたり、お互いにreportやkickをすることが少なくなる時に「Prime」は成功であるということができます(それは、より良いマッチメイキング体験によって実現される)。「Trust Factor」の発展にも同様のアプローチを取るつもりです。

Q: 参加した試合の質が悪いので「Trust Factor」が低いと思います。これについて何かできることはありますか?、

A: 「Trust Factor Feedback」というタイトルを付けて、その理由とSteam IDを添えて「SGOTeamFeedback @ http://valvesoftware.com 」にメールを送って下さい。これらのレポートは、システムを改善するのに役立ちます。

Q:一緒にプレーするフレンドが、私のせいで「Trust Factor」が低いと言っています。このような場合に出来る事はありますか?

A:上記と同じようにメールでご連絡ください。パーティでマッチメイキングする場合、その中の一番低いTrust Factorが使用されることにご注意ください。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 株式会社yTuber.tvが給料制プロゲームチーム『Zoo Gaming』を設立、『PUBG』部門のメンバー募集を開始、代表・中田氏への質問と回答を掲載

zoo-gaming

株式会社yTuber.tvが給料制プロゲームチーム『Zoo Gaming』を設立したことを発表しました。

『Zoo Gaming』が誕生、「フルタイム」「パート」方式で選手契約を実施

株式会社yTuber.tvは、ゲーム実況者専門のYouTuberプロダクションを運営する企業です。

同社は、世界で戦えるプロゲーマーを輩出すべく、プロゲームチーム『Zoo Gaming』を設立。所属選手とは「フルタイム」「パートタイム」方式のいずれかで契約を行ない、毎月給与の支払いを行なうとのこと。

また、人気のゲーム実況者を抱えるプロダクションとしての強みを活かし、所属配信者とコラボしていくことで選手の人気や認知を向上させる取り組みなども計画しています。

現状、様々なゲームで「プロゲーマー」が誕生していますが、上手いだけでなく、顔やキャラクターを覚えてもらえないと存在感をアピール出来ないといった状況があります。人気配信者との連携施策というのは、どのような結果を生むか面白そうです。

契約形態

フルタイム制
仕事としてフルタイムのプロゲーマー活動に専念することが可能。
給与は、新卒程度くらいとなる想定。

パートタイム制:
チーム練習への参加を必須とし、平日18時~24時の間で数時間、土日祝日 数時間で活動
する形態。
給与は、一般のアルバイトよりは良いと思ってもらえるくらいを想定。

『PUBG』『LoL』の2部門を設立、まずは『PUBG』のメンバー4名を公募

『Zoo Gaming』ではまず下記2タイトルで活動を行なう計画で、今回『PUBG』のメンバー募集が開始されました。

ZOO Gaming 活動タイトル

  • PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)部門「Zoo Penguin」
  • League of Legends「チーム名未定」※2018年4月開設予定

主な活動内容について

  • ゲームの練習、研究
  • チーム練習への参加
  • 大会への出場
  • イベントへの出演
  • 動画、生放送への出演/配信

『PUBG』部門 応募条件

  • 18歳以上(未成年の方は事前に親権者の許諾を得てください)
  • プレイ時間:300時間以上
  • K/D:SOLO 最低3.0以上、DUO 最低3.0以上、SQUAD 最低3.0以上
  • (上記K/Dはシーズン4、メインで活動しているサーバーで100試合以上プレイしている必要有)
  • シーズン4終了時 Rating:2,000以上(SOLO、DUO、SQUADメインでプレイしたモード)
  • 他:BANを受けたことがない、チームプレイが出来る、チーム練習が出来る

応募後の流れ

  • 1.応募→書類選考(応募フォームの情報を基に選考)
  • 2.プレイ動画選考(実際にプレイされている動画を提出)
  • 3.面談
  • 4.トライアウト
  • 5.最終面談
  • 6.採用

株式会社yTuber.tv 代表・中田博昭氏に質問

中田氏が『Zoo Gaming』を設立した経緯や目指すところについては、公式サイトの下記ページに記載されています。

要約

  • ゲーム実況者専門のYouTubeプロダクションを3年運営して、生計が成り立つ配信者を誕生させることができるようになった
  • その過程で、あと1年続けられればゲームを仕事に出来たのに、という人もいた
  • そこでプロチームを立ちあげて会社として給与を担保すれば、ゲームを仕事に出来るプレーヤーを増やすことが出来るのではないかと考えた
  • 中田氏はプロサッカー選手を目指し大宮アルディージャのU18カテゴリでプレーしていたが、プロの夢は叶えることが出来なかった。
  • しかしプロスポーツチームに関わりを持ちたいという思いがあり、別の形でプロゲーミングチームを創り上げることにした
  • 自身がプロになれなかったことについて、何が足りなかったかを選手に伝えていきたい
  • 自身はPUBGを300時間以上プレー。当初は2017年9月の募集開始を目標としていたが、スタッフのゲーム理解度が足りていないことから11月までプレーし、自身をもって選考出来る状態となった

ぜひ全文もお読みください。こちらを拝見した上で、いくつか気になる点について公式サイトから問い合わせをしてみたところ、1時間もしないうちに中田代表ご本人から返信をいただく事が出来ました。

下記ではその内容について紹介させていただきます。

『Zoo Gaming』は給与を支払ってのプロチームとして活動していきますが、目指す当面の目標などについて教えてください。

中田: チーム全体/会社としての目標はビジネス面としてはまず選手が金銭面での心配をすることなく、安定した収入をフルタイム制で得られるように黒字化することです。私自身プロサッカーチームの中を見てきて、やはりどれだけ良い環境で取り組めるかというのは一番考えなければならないと思っています。その中でも、ゲームをプレイしていても収入が安定するということを運営側としては重視していきます。

その次にビジネス面を除くと、PUBG部門では今月に韓国の『G-Star 2017』で開催される『PUBG Asia Invitational』は間に合いませんでしたが、次回開催があれば出場と優勝を目指します。また、アジア以外の世界大会が開催されるようであれば、そちらの出場と優勝を目指していきます。

契約選手は、オフィスやゲーミングハウスに集まって練習をするのでしょうか? もしくはオンライン経由での練習でしょうか?

中田: 当面はオンラインで練習を行います。理由としては、パートタイム制の方も含まれるためオフラインで集まって練習するということが難しいためです。
しかし、未確定ではありますがLoL部門発足時にはゲーミングハウスを東京都内か都内近郊に用意したいと考えております。その際にはLoL部門、PUBG部門の両方が使えるようにする予定です。

また、ゆくゆく全員がフルタイム制になった場合は、週に何日かはゲーミングハウスでの練習をして頂こうと思っております。

まず最初に『PUBG』と『League of Legends』を選んだ理由について教えてください。

中田: 単純にタイトルの知名度もありますが、一番大きな理由としては弊社のメンバーが興味を持っているか否かという点です。

『Call of Duty』『Overwatch』『Herthstone』なども検討していましたが、私自身含め運営メンバーが一番好んでプレイできるのが『PUBG』で、その次に『League of Legends』でした。

採用時の選考でもそうですし、私達も日々仕事としてもゲームをプレイする必要があるため自分達が好きで収益も期待できるこの2タイトルを選びました。

League of Legends部門はプロリーグの『LJL』参戦を目指し、『LJLCS』にチャレンジしていくことになるのでしょうか?

中田: LoL部門はもちろんLJLへ参戦したいと考えております。
ただ、LJL参戦への障壁が高いことも理解しておりますのでPUBGよりも長期的なスパンで結果を求めていく予定です。チームメンバー決定後に充分な時間をチームで過ごさないとLJL参戦は難しいと思いますので、焦ることなくじっくりと取り組む予定です。

まだ弊社メンバーのLoLへの理解度が足りないので募集は開始できませんが、会社全体としてLoLへの理解度を高めるのと同時にチームコーチ/マネージャーを先に募集して、2018年4月には始められるように準備を進めています。

――――

日本では「eスポーツ」ブームで企業運営チームやスポンサードなどでの参画が続々と発表されています。『Zoo Gaming』は単純にお金を出すというだけでなく、自分達もゲームをやりこみ必要知識を得た上でチームを創り上げていく方針だったり、中田代表の想いも合わせて立ちあげ発表が行なわれたことは非常に好感をもって受け入れられるのではないでしょうか。

より詳しくは、下記の公式チームページをご覧ください。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Immortals』CS:GO部門のsteelが、stanislawに代わり『Team Liquid』へ加入

steel

Brazil Immortals CS:GO部門に所属していた、Brazil Lucas "steel" Lopes選手が、Canada Peter "stanislaw" Jarguz選手に代わり United States Team Liquidへ入団したことが発表されています。

※以下は投稿いただいた記事になります。名前の記載がありませんでしたが、ありがとうございました。

※現状、確証がとれない「ウワサ」は自分が書く場合には基本的に扱っていませんが、今回投稿していただいた方がかなり選手と近い間柄にある上で得た情報を元にしていると判断してそのまま掲載しています

『Immortals』のsteel選手が『Team Liquid』へ加入

Brazil Immortalsではチーム内での問題により Brazil Henrique "HEN1" Teles選手、Brazil Lucas "LUCAS1" Teles選手、 Brazil Vito "kNgV-" Giuseppe選手、そして Brazil Lincoln "fnx" Lau選手らが Brazil Immortalsではプレーしない事を発表。その後、Brazil Ricardo "boltz" Prass 選手がSK Gamingのメンバーとして出場するなど、先週までは下記のラインナップとなっていました

Immortals

  • Brazil João "horvy" Horvath
  • Brazil Lucas "steel" Lopes (後にTeam Liquidへ移籍)
  • Brazil Bruno "shz" Martinelli
  • Brazil Lucas "destinyy" Bullo
  • Brazil Caio "zqk" Fonseca
  • Brazil Rafael "zakk" Fernandes (Coach)

しかし、zqk選手、Destinyy選手がビザのトラブルにより、zqk選手はアメリカではなくカナダから試合に参加していることが先週末に明らかになり、今後どうなるのか心配されていました。

steel選手がTeam Liquidへ移籍

Brazil Lucas "steel" Lopes選手は現地時間の12日まで Brazil Immortalsの選手として大会に参加していました。筆者が空港でアメリカへ帰国する際に直接話をする機会があったので訪ねてみたところ、11月9日(木)にはすでに United States Team Liquidへの移籍話がまとまっていたとの事です。

United States Team Liquidのコーチはアメリカ育ちのブラジル人 Brazil Wilton "zews" Prado氏である事、そしてSteel選手本人も英語が話せるという事で、United States Team Liquidにおけるコミュニケーションは心配ないとの事です。

United States Team Liquidからの公式発表があったとおり、ラインナップは以下のようになりました。

Team Liquid

  • United States Jonathan "EliGE" Jablonowski
  • United States Joshua "jdm64" Marzano
  • United States Nicholas "nitr0" Cannella
  • Canada Russel "Twistzz" Van Dulken
  • Brazil Lucas "steel" Lopes
  • Brazil Wilton "zews" Prado (Coach)

しかしながら、Brazil Steel選手、そして現 Brazil SK Gamingのラインナップに加入するという話が出ている Brazil Ricardo "boltz" Prass選手は2018年に開催する『ELEAGUE Major: Boston 2018』には参加できません(SK GamingはJoão "felps" Vasconcellosを起用する事になっています)。
※ELEAGUE Major: Boston 2018の出場選手登録が締め切りを過ぎているため

こちらの問題については、Liquidではまだ確定ではないがおそらくWilton "zews" Prado氏が試合に出る事になるだろうとの事。

また、こちらはまだあくまでも噂レベルだと思っていただければと思うのですが、Brazil ImmortalsのCEOであるNoah Whinston氏は、SK Gamingの選手たちを獲得する事を検討しているとの事です。SK Gamingのメンバーは一月に『ELEAGUE Major: Boston 2018』を控えているため、この「噂」が実現するのであればおそらくその大会後に発表があるのではないでしょうか。

情報元

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング