ニュース Topics

『CS:GO』大会を運営する『PGL』が主催大会参加のアカデミーチームにネームタグ、チームロゴをメインチームと異なるものにするよう通達 『CS:GO』大会を運営する『PGL』が主催大会参加のアカデミーチームにネームタグ、チームロゴをメインチームと異なるものにするよう通達

『CS:GO』大会を運営する『PGL』が、主催大会におけるアカデミーチームに関して通達のツイートを行ないました

ZOWIE GEAR FK2 ZOWIE GEAR FK2

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門より


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

Overwatch 『第1回 Overwatch World Cup選考委員会配信』で18名の候補選手、選考過程、4人の選考サポートメンバーが発表

Overwatch World Cup

Overwatch World Cup 2017』の日本代表チーム選手の決定権を持つ「競技委員会」メンバーによる『第1回 Overwatch World Cup選考委員会配信』が5/26(金)に実施されました。

『Overwatch World Cup 2017』

『Overwatch World Cup 2017』はBlizzard Entertainmentが主催する公式国別対抗戦で、、各国の上位100プレーヤーを対象に計測されるスキルレートランキングの上位32ヶ国が2017年8月よりスタートするグループステージの出場権を獲得

日本代表メンバーはコミュニティ投票によって決定された「競技委員会」メンバー3名によって選出されます。

本日のストリーミング配信では、「日本代表の選考方法」と、そのサポートを行なう「選考サポートメンバー」、そして1次審査の候補となる「18プレーヤー」が発表されました。

※「選考サポートメンバー」の起用について、Blizzard Entertainmentに問題が無いことを確認済みとのこと

「競技委員会」メンバー

Japan StanSmith - キャスター
StanSmith

Japan 太田桂 - プロチーム Japan SunSister代表

DSC_7298-2

Japan 江尻勝 - プロチーム Japan DeToNator代表
DSC_3846

選考サポートメンバー

選考サポートメンバー

  • Japan Mizuiro
  • Japan abara
  • Japan Nonke
  • Japan Zelunyan

選考方法

選考方法

1次審査

  • 選考委員会が18名を選出
  • 18名を3チームに分け総当たり戦を実施
  • 「選考委員会」と「選考サポート」メンバーが最終審査に進む12名を選出

最終審査

  • 12名を2チームに分けて3試合を実施
  • 12名の選手による無記名アンケートを実施
  • アンケート結果を参考に「選考委員会」と「選考サポート」メンバーが6名の日本代表メンバーを決定 (2017年6月中旬~下旬発表)

1次審査 候補メンバー

Tank (3名)

  • Japan ろく(RPG-KINGDOM)
  • Japan Angeldu5t (Crest Gaming.Blitz)
  • Japan だいりてん (USG Supreme)

Support (6名)

  • Japan さばげー (DeToNator.GOLD)
  • Japan keisuke3 (USG Supreme)
  • Japan Yoz (RPG-KINGDOM)
  • Japan Lasty (RPG-KINGDOM)
  • Japan Mozart (HANAGUMI LEGA)
  • Japan defuse (USG Iridata)

Flex (3名)

  • Japan Taiyo (USG Iridata)
  • Japan Jasper (USG Supreme)
  • Japan XQQ (SunSister)

Offence (6名)

  • Japan Aktm (USG Iridata)
  • Japan Pepper (USG Supreme)
  • Japan Hotate (USG Supreme)
  • Japan Nypro (GreenLeaves)
  • Japan Skeeyy (Crest Gaming.ZERO)
  • Japan ALPHARDUNrnO

これらの選手が1次審査の参加を辞退した場合は、次の候補選手に権利が移ることになります。

「競技委員会」は、今後の展開にむけてオールジャパンで取り組んでいくと改めて宣言。今後もストリーミング配信等を通じて選考の過程を公開していく予定です。

配信アーカイブ

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

Overwatch 日本代表決定の過程を公開『第1回 Overwatch World Cup選考委員会配信』が5/26(金)22時からスタート

owc2017

Overwatch World Cup 2017』の日本代表チーム選手の決定権を持つ「競技委員会」メンバーによるストリーミング放送が実施されます。

『Overwatch World Cup 2017』

『Overwatch World Cup 2017』はBlizzard Entertainmentが主催する公式国別対抗戦で、、各国の上位100プレーヤーを対象に計測されるスキルレートランキングの上位32ヶ国が2017年8月よりスタートするグループステージの出場権を獲得

日本代表メンバーはコミュニティ投票によって決定された「競技委員会」メンバー3名によって選出されます。

日本の委員会は選考の過程をオープンにしていく方針で、5月26日(金)22時からストリーミング放送を行ない、今後の方向性や方針について発表していく予定です。

出演者

Japan StanSmith - キャスター
StanSmith

Japan 太田桂 - プロチーム Japan SunSister代表

DSC_7298-2

Japan 江尻勝 - プロチーム Japan DeToNator代表

DSC_3846

配信ページ

Watch live video from detonator_ch on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) フジテレビのeスポーツ専門番組「いいすぽ!」が 『Tokyo E-sports Festival』を東京・お台場で2017年11月18日(土)・19日(日)に開催

Tokyo E-sports Festival

ゲームイベント『Tokyo E-sports Festival』が、フジテレビのeスポーツ専門番組「いいすぽ!」の主催にて2017年11月18日(土)・19日(日)に開催されます。

Tokyo E-sports Festival

フジテレビは、さらなるeスポーツの発展とプレーヤーの認知と拡大に寄与することを目的に「Tokyo E-sports Festival」を開催します。

開催情報

  • 開催日: 2017年11月18日(土)・19日(日)
  • 会場: フジテレビ社屋(東京・お台場) - 1F広場、オフィスタワーエントランス、シアターモール、22Fフォーラム
  • 入場料: 無料(※球体展望室他一部エリア、販売コンテンツは有料)

放送情報

  • 番組名:『いいすぽ!presents Tokyo E-sports Festival』
  • 放送日時:11月18日(土)19日(日)両日、2時間生中継(放送時間調整中)
  • 放送:フジテレビONE スポーツ・バラエティ(CS放送)
  • 配信:フジテレビONEsmart(インターネットチャンネル)
  • 出演者:MC バカリズム/実況 鈴木芳彦(フジテレビアナウンサー)他/解説 調整中
  • ゲスト:調整中
  • 出演:e-Sportsプレーヤー

門澤 清太 氏のツイート (番組プロデューサー)

現在のところ『実況パワフルプロ野球チャンピオンシップ2017』の全国大会『パワプロチャンピオンシップス2017』の東京大会決勝をイベント内で実施することが決定しているとのこと。

イベントに関する詳細は改めて発表されていく予定です。
これまで番組で採用されたタイトルは、このイベントでピックアップされる可能性が高いのではないでしょうか。

採用タイトルリスト

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Overwatch』を採用した賞金総額48万円のeスポーツ大会『AOC OPEN』が2017年7月1日(土)に秋葉原で開催

AOC OPEN

賞金総額48万円の『Overwatch』1Dayトーナメント『AOC OPEN』が2017年7月1日(土)にe-sports SQUARE AKIHABARAで開催されます。

AOC OPEN

『AOC OPEN』はゲーミングモニタ『AGON』シリーズを展開する「Admiral Overseas Corporation」社(AOC)が、同社製品の日本展開スタートを記念して開催するeスポーツ大会です。

ag251fz

開催情報

  • 開催日時: 2017年7月1日(土)11~20時
  • 開催場所:e-sports SQUARE AKIHABARA (東京・秋葉原)
  • ゲームタイトル:Overwatch(PC)
  • 参加チーム:最大16チーム ※規定数を超えた場合は抽選
  • 賞金:優勝30万円(1チーム)、準優勝18万円(1チーム)
  • 出場応募期間:2017年5月24日(水)~6月14日(水)23時59分締切
  • 参加チーム発表:2017年6月16日(金)
  • 大会フォーマット:BO1(1マップ先取で勝ち抜け)のシングルエリミネーショントーナメント、決勝のみ、BO3
  • 参加登録: https://e-sports-square.com/aoc_open
  • 主催:AOC

ストリーミング配信

Watch live video from aoc_gaming_japan on www.twitch.tv

キャスター

  • Japan StanSmith
  • Japan abara
  • Japan mizuiro

『AOC』は『ESL』による『ZEN Esport Network League Season 1』や『DreamHack Valencia 2016』といったeスポーツ大会の競技モニタに採用された実績を持つ他、United States Team Liquidなどのプロゲームチームをスポンサードしています。

また、『AOC』は日本のeスポーツシーンを活性化させるために費用や集客などをバックアップしてのイベント共催を計画しているとのこと。こちらについては改めて発表が行なわれる予定です。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額25万ドルのDota 2大会『The Manila Masters 2017』が5/25(木)より開幕

The Manila Masters 2017

Dota 2大会『The Manila Masters 2017』が5月25日(木)より開幕します。

Dota 2大会『The Manila Masters 2017』

『The Manila Masters 2017』は、2017年5月25~28日にフィリピンのスポーツアリーナ「SM Mall of Asia Arena」にて賞金総額25万ドルで開催されます。

開催情報

  • 開催日程: 2017年5月25~28日
  • 会場: SM Mall of Asia Arena (フィリピン・マニラ)
  • 賞金総額: $250,000
    • 1位: $125,000
    • 2位: $50,000
    • 3位: $25,000
    • 4位: $20,000
    • 5-6位: $10,000
    • 7-8位: $5,000
  • 主催: ESL、Mineski Events Team

出場チーム

招待

  • United States Evil Geniuses - Arteezy, SumaiL, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • Europe OG - N0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • China Newbee - Moogy , Sccc, kpii, Faith, Kaka
  • Europe Team Secret - MP, MidOne, Khezu, Puppey, YapzOr
  • United States Team NP - Aui_2000, EternalEnvy, MSS, pieliedie , FATA-

中国予選

  • China Invictus Gaming - BurNIng, Op, Xxs, BoBoKa, Q

東南アジア予選

  • Singapore Team Faceless - Black^ , Jabz, iceiceice, xy-, NutZ

フィリピン予選

  • Philippines Clutch Gamers - Armel, Gabbi, Rapy, Boombacs, flysolo

試合スケジュール(日本時間)

大会はダブルイリミネーション方式トーナメント、Best of 3 形式(ファイナルのみBest of 5)にて下記日程で実施されます。

5/25(木)

  • 11:30 - QF1 - Europe OG [vs] United States Team NP
  • 11:30 - QF2 - China Newbee [vs] Europe Team Secret
  • 15:05 - QF3 - China Invictus Gaming [vs] Philippines Clutch Gamers
  • 15:05 - QF4 - United States Evil Geniuses [vs] Singapore Team Faceless
  • 18:40 - SF1 - Winner of QF1 [vs] Winner of QF2
  • 18:40 - SF2 - Winner of QF3 [vs] Winner of QF4
5/26(金)
  • 11:30 - WBF - Winner of SF1 [vs] Winner of SF2
  • 15:05 - LB1-1 - Loser of QF1 [vs] Loser of QF2
  • 18:40 - LB1-2 - Loser of QF3 [vs] Loser of QF4

5/27(土)

  • 11:30 - LBR2-1 - Loser of SF2 [vs] Winner of LB1-1
  • 15:05 - LBR2-2 - Loser of SF1 [vs] Loser of LB1-2
  • 18:40 - LBR3 - Winner of LBR2-1 [vs] Winner of LBR2-2

5/28(日)

  • 12:30 - LBF - Loser of WBF [vs] Winner of LBR3
  • 16:05 - GF - Winner of WBF [vs] Winner of LBF

ストリーミング配信

試合はTwitchのストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

Watch live video from themastersgg on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO』アップデート(2017-05-23)、新オペレーション『Hydra』がスタート

Operation Hydra

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2017-05-23)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

今回リリースされた『Operation Hydra』は、2016年2月17日にリリースされた『Operation Wildfire』以来なる新オペレーションとなります。

『Operation Hydra』は基本的に全CS:GOプレーヤーが参加可能で、様々なゲームモードやオペレーションマップでのプレーを楽しむことが出来ます。

$5.99(710円)の「All Access Pass」購入することで、新たな武器スキンやミッションなどの限定コンテンツへのアクセス権が付与されます。

Release Notes for 5/23/2017

Operation Hydra

  • Operation Hydra Events - 1週間ごとに利用可能となるユニークなゲームモード。
    • WAR GAMES: 「HEAVY ASSAULT SUIT」「HEADSHOTS ONLY」「HUNTERS-GATHERERS」「STAB STAB ZAP」「THE FLYING SCOUTSMAN」「TRIGGER DISCIPLINE」などを含むクラシックなゲームモード
    • WINGMAN: 設置箇所1つの爆破マップで行なわれる2vs2 competitive match。Best of 16ラウンド方式。Wingman skillグループ対応。
    • WEAPONS EXPERT: 最初に購入した武器のみで実施する5vs5マッチ。Best of 30ラウンド方式。Wingman skillグループ対応。
  • コミュニティ製の新マップ4つ、復活マップ3つが「Hydra Events」に登場。「Casual」や「Competitive」のマッチメイキングでもプレー可能。「Austria」「Shipped」「Lite」「Thrill」「Agency」「Insertion」「Black Gold」
  • Operation Hydra All Access Pass ($5.99)
    • 自身のペースで挑戦可能な30個のミッションを含む「Guardian Mission」キャンペーン-- 「Operation」武器や「Operation Hydra Case」のドロップ入手権
    • 「Diamond」レベルまでアップグレード可能な「Operation Hydra Challenge Coin」
    • スタッツのトラッキングやフレンドリーダーボードを提供する「Operation Hydra Journal」

SOUND

  • HRTFを利用している時の3人称における武器サウンドの忠実性を増した
  • マイナーなミックスの調整を実施

GAMEPLAY

  • 「UMP45」のダメージをサブマシンガンカテゴリに合わせて減少させた(rangemodifierを0.85から0.75にした)
  • プレーヤーがDeathmatchでボーナス武器をアップデートさせる時にrespawnしないようにした
  • Demolitionモードのローカル・コミュニティーサーバーで「hostage」マップをサポートするようにした
  • 「mp_teammates_are_enemies」がオンになっている時のレーダースポッティングを改善した
  • Zeusの保有有無をピストルホルスターに反映表示するようにした
  • 「mp_teammates_are_enemies」がオンとなっている時に弾丸がチームメイトを貫通しないのを修正した

SERVER OPERATORS

  • 「sv_disable_motd」のデフォルトを「1」に変更した
  • convar「mp_free_armor」を変更した (0 = none, 1 = kevlar, 2 = kevlar + helmet)

MAPS

  • 「War Games」「Wingman」によりフィットするようレイアウトを調整した「Safehouse」「StMarc」「Lake」「Bank」
  • Canals
    • 「CT spawn」を前に移動させた
    • Tに簡単にアクセス出来るようAポイントにベンチを設置した
    • Fixed clip brushes poking through top flight of tunnel stairs.
    • プレーヤーがスタックしてしまうlamp posts にクリップを追加した
    • いくつかのprops上でのフェード距離を調整した
    • Fixed visible nodraw seen from arch.
  • Rialto
    • 「Guardian」と「2vs2」モード用の新マップを追加
  • Dizzy
    • 「Flying Scoutsman」用の新マップを追加

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO』大会を運営する『PGL』が主催大会参加のアカデミーチームにネームタグ、チームロゴをメインチームと異なるものにするよう通達

CS:GO

『CS:GO』大会を運営する『PGL』が、主催大会におけるアカデミーチームに関して通達のツイートを行ないました。

『PGL』が主催大会参加のアカデミーチームについて

『PGL』が行なった投稿は下記となります。

「CS:GO Academyについて。アカデミーチームがプレーすることは認められますが、メインチームとの混乱を避けるために異なるネームタグ・ロゴを使用しなければなりません。」

『PGL』はCS:GOの「Major」「Minor」大会の運営を行なっています。PGL Major Kraków 2017』のCIS予選に Russia Team Spirit と Russia Team Spirit Academy、本戦に Sweden Fnatic、ヨーロッパ予選に Sweden Fnatic Academy が出場していますが、両チームはこの通達に対し対応を行なわなければなりません。

Fnatic はチーム公式サイトにて、Sweden Fnatic Academy を「卒業」させ新たな所属先に移籍させる計画を発表しています

同様の話題として、大会運営団体の『ESL』は、2017年4月に『ESL One』シリーズに参加出来るのは1団体につき1チームのみとアナウンスしています

『League of Legends』の公式プロリーグでも1オーナーにつき1チームのみしか出場できないルールが制定されており、『CS:GO』もこの方式が浸透していくことになりそうです。

情報元

League of Legends 公式世界大会の出場権をかけたLoL日本プロリーグ『LJL Summer Split 2017』が2017年6月2日(金)より開幕

LJL Summer Split 2017

『League of Legends』の日本プロリーグ『League of Legends Japan League Summer Split 2017』が2017年6月2日(金)より開幕となります。

LJL Summer Split 2017

『LJL Summer Split 2017』は下記6チームの参加で実施され、優勝チームは2017年9月に中国で開催される公式世界大会『2017 World Championship』の出場権を得ることが出来ます。

出場チーム

  • Japan Rampage
  • Japan DetonatioN FocusMe
  • Japan Unsold Stuff Gaming
  • Japan Rascal Jester
  • Japan 7th heaven
  • Japan Burning Core

『LJL Summer Split 2017』には新顔として Japan Burning Coreが参戦となります。同チームは『LJL 2017 Spring Promotion Series』で勝利し昇格を果たした Japan DetonatioN Rising の出場権を入札方式で獲得しての出場となっています。

レギュラーシーズン開催情報

  • 開催日程:2017年6月2日(金)~8月12日(土) ※各金・土曜日に開催
  • 開催時間: 金曜日20:00~(1試合)、土曜日17:00~(2試合)
  • 試合方式: Best of 3 (2本先取制)
  • 試合場所: 特設スタジオ(オフライン)
  • 配信ページ: https://www.twitch.tv/riotgamesjp
    • 実況: Japan eyes
    • 解説: Japan Revol

レギュラーシーズンはRound 1~10まで開催され、成績上位3チームがプレーオフに進出。1位通過がファイナル、2位・3位チームがセミファイナルに進出します。

Round 1 試合スケジュール

  • 6/2(金)20時~ Japan Rampage [vs] Japan Burning Core
  • 6/3(土)17時~ Japan DetonatioN FocusMe [vs] Japan 7th heaven
  • 6/3(土)20時~ Japan Unsold Stuff Gaming [vs] Japan Rascal Jester

オープニングゲームは、『LJL Spring Split 2017』王者の Japan Rampage と、新チーム Japan Burning Coreの対戦。

大会の情報が徐々に大会公式サイトに反映され始めており、今後各チームの登録選手が明らかになっていく予定です。

情報元

関連ニュース

League of Legends 地域対抗方式のLoL公式イベント『Rift Rivals』が2017年7月より開催、日本からRPG、DFM、USGが出場

Rift Rivals

『League of Legends』の新たな公式イベント『Rift Rivals』が2017年7月より開催されます。

Rift Rivals

『Rift Rivals』は地理的、関係的に近しいライバル同士に別れて実施される地域対抗方式の新イベントです。

出場するのは各地域で開催された2017年春シーズンの上位3チームで、日本は2017年7月3~6日に東南アジア・オセアニアチームとベトナム・ホーチミン市の会場にてオフラインで対戦となります。

日本(LJL)

  • Japan Rampage
  • Japan DetonatioN FocusMe
  • Japan Unsold Stuff Gaming

東南アジア(GPL)

  • Viet Nam GIGABYTE Marines
  • Thailand Ascension Gaming
  • Philippines Mineski

オセアニア(OPL)

  • Australia Dire Wolves
  • Australia Legacy
  • Australia Sin Gaming

大会は、日本語の実況配信を通じて視聴可能となる予定です。
その他地域の出場チームについては、下記の公式サイトで確認することが出来ます。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Team NPがDota 2大会『DreamLeague』を1年間の出場禁止処分に、2大会連続の出場辞退が要因

DreamLeague

『DreamHack』が主催するDota 2大会『DreamLeague』は、United States Team NP を1年間の出場禁止処分にすると発表しました

Team NPがDota 2大会『DreamLeague』を1年間の出場禁止処分に

United States Team NP は2016年11月に開催された「Season 6」の出場をキャンセル。
『DreamLeague』とUnited States Team NP は「Season 6」の出場辞退について話し合いを行ない、共に前向きに取り組むことに合意し「Season 7」への招待を行ないましたが、United States Team NPは開催2週間前に別大会(ZOTAC Cup Masters)に参加することを理由に2017年5月30日、31日に実施される「Season 7」の出場を再び辞退しました。

『DreamLeague』は同じことを繰り返す United States Team NP に対し、1年間の出場禁止処分を下し、United States Team NP の代わりとして、『The Kiev Major 2017』で Europe Team Secretを下したことで大きな注目を集めた Brazil SG e-sports がアメリカ予選に出場すると発表しました。

出場チーム

  • compLexity Gaming - Moo, Feero, melonzz, DeMoN, Zfreek
  • Thunderbirds - Resolut1on, w33, MoonMeander, MiSeRy, Saksa
  • SG e-sports - hFn, 4dr, Tavo, KINGRD, c4t
  • Digital Chaos - mason, Abed, Korea Forev, BuLba, Korea DuBu

上記4チームで総当たり戦を行ない、1位チームが2017年7月21~22日に開催される賞金総額17万5000ドルの『DreamLeague Season 7』本戦に出場となります。

情報元

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp