ニュース Topics

『第1回AORUS CUP ~Overwatchトーナメント~』でCYCLOPS OSAKAが優勝 『第1回AORUS CUP ~Overwatchトーナメント~』でCYCLOPS OSAKAが優勝

『第1回AORUS CUP ~Overwatchトーナメント~』で CYCLOPS OSAKA athlete gaming が優勝しています

ZOWIE GEAR FK2 ZOWIE GEAR FK2

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門より


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

esports(eスポーツ) 『東京ゲームショウ2017』特設ステージで「e-Sports X」開催、『カウンターストライクオンライン2』エキシビションマッチなど8競技を実施

esports-x-1

東京ゲームショウ2017』の一般公開日9月23日(土)・24日(日)に主催者企画「e-Sports X」が開催されます。

『東京ゲームショウ2017』特設ステージで「e-Sports X」開催

「e-Sports X」は世界的に注目を集めているゲームを競技として楽しむ「eスポーツ」を体感出来る企画として実施されます。

東京ゲームショウにおけるeスポーツ企画は今年で6回目となり、2017年は「PlayStation presents BLUE STAGE」「Samsung SSD presents RED STAGE」の2ステージ構成・500席と規模を拡大。

esports-x-4

esports-x-2
Samsung SSD presents RED STAGE

esports-x-3
PlayStation presents BLUE STAGE

世界・日本のトッププレーヤーを招聘し2日間で8つのゲームによる競技が行なわれます。今回は第一弾として4つの競技ゲームが明らかにされました。

9月23日(土)

コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア [PlayStation presents BLUE STAGE]
『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア SCARZ vs CLAN Rush TGS2017 頂上決戦』CoD で数々の名勝負を繰り広げてきた 2 チームが東京ゲームショウ 2017 で激突。ProfessionaleSports Team の「SCARZ」と CoD の有名クラン「CLAN Rush」によるエキシビジョンマッチを開催。
大会運営:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.[Samsung SSD presents RED STAGE]

トップ選手によるエキシビションマッチを実施予定。
大会運営:Gzブレイン(協力:カプコン)

9月24 日(日)

[PlayStation presents BLUE STAGE]ストリートファイターV
トップ選手によるエキシビションマッチを開催予定。
大会運営:カプコン

カウンターストライクオンライン 2[Samsung SSD presents RED STAGE]
『カウンターストライクオンライン 2 エキシビションマッチ』(仮)
トップ選手によるエキシビションマッチを開催します
大会運営:ネクソン

「e-Sports X」には、オフィシャルサプライヤーとして「HyperX」(ゲーム周辺機器)、「BenQ Japan(ZOWIE)」(モニター)、「DXRACER」(ゲーミングチェア)が参加しており、世界のeスポーツ大会の公式用品として採用されている製品を使用して競技が実施されます。

2017年の東京ゲームショウは、日本におけるe-Sportsの本格普及に弾みをつけるためコーナー内ステージを大幅にリニューアルし、家庭用、PC、スマートフォンの人気タイトルを採用した大会を実施予定と発表されていました。競技ゲーム第2弾は8月下旬に発表予定とのこと。スマートフォンゲームの大会情報などが出てくると思われます。

また、東京ゲームショウ開場に展開される「e-Sportsコーナー」には、いまのところ下記の3社が名を連ねています。

e-Sportsコーナー

  • JOYCITY <韓国>
  • 東プレ
  • HyperX <台湾>

espo

「e-Sportsコーナー」以外でも「Twitch」「Razer」「DXRACER」「EVO Japan」などeスポーツに関連する企業・メーカーの出展情報が掲載されていました。

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

Quake Champions 賞金総額100万ドル『Quake World Champions』Regional Finalsの全出場選手が決定

qc-prize-money

賞金総額100万ドル(約1.1億円)で実施される『Quake Champions』公式大会『Quake World Champions』の地域予選ファイナルに出場する選手が決定しています。

Quake World Champions

『Quake World Champions』は、ゲームを開発する「id Software」とパブリッシャーの「Bethesda Softworks」が、世界最大規模のeスポーツリーグ『ESL』と提携して開催する『Quake Champions』の公式eスポーツ大会です。

賞金総額はシリーズ史上最高となる100万ドルとなり、「Duel」(1vs1)と「Sacrifice」(4vs4)のモードを採用して実施されます。

Duel

アメリカとヨーロッパにて4回のオンライン予選が実施され、それぞれ32選手が「Regional finals」に進出。こちらを勝ち抜いた24選手(ヨーロッパ×12、アメリカ×12)が本戦への出場権を得ることが出来ます。また、「Duel」本戦には会場で行なわれるBYOC予選を通過した8選手がさらに出場します。

European Qualifier #1

  • Ukraine Xron
  • Austria noctis
  • France Nitrino
  • France AGENT
  • Netherlands Vo0
  • Russia Cooller
  • Belarus clawz
  • Belarus Cypherrr

European Qualifier #2

  • Sweden toxjq
  • United Kingdom GaRpY
  • Poland Av3k
  • Italy stermy
  • Russia BaSe
  • Germany dem0n
  • Germany wichtL
  • Sweden fazz

European Qualifier #3

  • Germany k1llsen
  • Germany smoke
  • Russia inz
  • France strenx
  • Hungary NOFEAR
  • Czech Republic Brejk
  • Poland Pikawa
  • Spain SL1P

European Qualifier #4

  • Russia evil
  • Ireland kRoNic
  • United Kingdom zoot
  • Ireland Luke_ie
  • Germany Luminus
  • Switzerland Sephis
  • Kazakstan prox1mo
  • Poland Karwik

American Qualifier #1

  • United States malvoe
  • Canada griffin
  • United States CLAMP
  • United States erebux
  • United States Necrophag1st
  • Canada gellehsak
  • United States chance
  • United States lavak3

American Qualifier #2

  • United States rapha
  • Australia horsedoodoo
  • United States dooi
  • United States Pit
  • United States whaz
  • United States snipereyes
  • United States Vedmedik
  • United States DaHang

American Qualifier #3

  • Canada id_
  • United States hoyt
  • United States mdo
  • United States deathr0w
  • United States sane
  • United States futile
  • United States Stone
  • United States carnage

American Qualifier #4

  • United States jso
  • United States zar
  • United States discoRyne
  • United States tomservo
  • United States Ruleth
  • United States gloat
  • United States latisdavis
  • United States ScizR

Sacrifice (4vs4)

「Sacrifice」の予選はアメリカとヨーロッパにて2回開催され、各エリアの「Regional finals」には8チームが出場。本戦への出場権は、ヨーロッパとアメリカの上位4チームずつが手にすることが出来ます。

European Regional Finals

  • Europe 2z - clawz, Latrommi, Silencep, Xron
  • France Alliance - Busdriverx, Spart1e, strenx, syndrom
  • Europe The Defendants - Av3k, Cypherrr, GD.2GD, Krysa
  • Europe NOTOFAST - fazz, noctis, stermy, toxjq
  • Europe miasma! - ddk, dem0n, Juven1le, lithz
  • Europe RushB - h41, Insan3, Memphis, sev1
  • Europe Avengers - abso, k1llsen, MASTERMIND, ph0enX
  • United Kingdom myztro - GaRpY, HELL, hypno, Vo0

North America Regional Finals

  • United States Team Liquid - AZK, DaHanG, id_, rapha
  • United States Top Gun - Thump4, Player, deathr0w, griffin, Pit
  • United States Team Johnson - carnage, clampOK, Necrophag1st, sane
  • United States OnTime - br1ck, Effortless, psygib, whaz
  • United States WhenInDoubtGauntletOut - Napalm3D, pierow, shad0wma5t3r666, venOm
  • United States Turbo - Rigg5, MCCOOL, mdo, Pineapple
  • United States I Totem Teles - botmode, ckap, sen, theJeffreh
  • United States TBA - Guilte, MattKelly, Riastradh, spectrrrrrre

「Regional finals」はヨーロッパ部門をイギリス、アメリカ部門をカナダのオフライン会場で2017年8月5~6日に実施予定です。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 賞金総額35万ドルの『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS Invitational』が「Gamescom」で開催

pubg

賞金総額35万ドルの『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS Invitational』がドイツで開催されるゲームの見本市「Gamescom」会場で実施されます。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS Invitational

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS Invitational』は、ゲームの開発元「Bluehole, Inc.」とeスポーツ大会運営団体『ESL』の共催で、2017年8月23~26日に「Gamescom」会場内でオラフイン大会として実施されます。

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』は正式リリース前ながらも、『Dota 2』『CS:GO』に次ぐ『Steam』におけるトップ3人気ゲームとなっています。

steam

大会は「Solo」「Duo」「Duo First Person Perspective」「Squad」の4モードで行なわれ、3試合を行なった後の総合成績で順位が決定されます。賞金総額35万ドルは『PUBG』のeスポーツ的大会としてはこれまでの最高額となるのではないでしょうか。入賞に応じてどのように配分されるかはいまのところ明らかにされていません。

大会は下記サービスでのストリーミング配信を通じて、日本時間の各日23時より観戦可能となります。

配信サイト

世界で最も高額な「ドン勝」(勝利)を手にするのは誰になるのか?
出場選手が気になるところです。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『ESL』『ESEA』がチート・八百長等に関するルールを2017年8月より改定、過去の八百長による出場停止処分が解除へ

ESL

世界最大のeスポーツ大会運営団体『Electronic Sports League(ESL)』と、その傘下の『ESEA』が、チート・八百長等に関するルールを2017年8月より改定すると発表しました。

『ESL』『ESEA』がチート・八百長等に関するルールを2017年8月より改定

『ESL』は2017年3月に、「Valve Anti-Cheat System(VAC)」で処分を受けた『Counter-Strike: Global Offensive』選手の出場禁止を2年で解除する方針を発表しました。

今回は、『ESL』『ESEA』関係者およびCS:GOのプロゲームチームによる会合の結果や、「Esports Integrity Coalition (ESIC)」が発表した「eスポーツの不正行為に対する適切処分に関する声明」を受け入れる形でルールの改定や処分の緩和が決定されました。

決定事項

  • 2017年8月1日よりルールを改定(後述)。
  • 2015年2月15日以前に行なわれた八百長に関する処分を全て解除

今回の処分解除対象には、八百長案件で最も注目されている元iBUYPOWERのメンバーが含まれています。中でも、八百長問題に巻き込まれる形でValve公式大会への出場禁止処分を下され活躍の場を失われていた若き才能swag選手については復帰を望む声が多く上がっていました。永久処分とされていた選手は下記の記事でご覧いただく事が出来ます。

ただ、今回の処分解除は『Intel Extreme Masters』『ESL One』『ESL Pro League』『ESEA Leagues』など、『ESL』『ESEA』が主催する大会のみに限られます。Valveがスポンサードする公式のメジャー大会には今回のルールは適用されません。メジャー大会の運営を『ESL』が担当しているケースがありますが、その場合も同様にルール適用外となります。

ルール更新による処分内容

チート行為(不正ツール使用等)
トーナメント失格、試合結果無効、賞金没収、不正行為の内容に応じて2年間もしくは永久出場停止となる。アマチュアレベルを超える大会(大きな賞金、プロ大会への出場権などがかかっているもの)については通常5年の出場禁止処分とし、悪質な場合は永久出場停止とする。

八百長・賭博詐欺
試合結果無効、ESIC Anti-Corruption Codeによる軽減措置がない場合は5年の出場禁止処分。より悪質な場合は、出場禁止処分期間を延長、賞金没収、罰金等の処分を課す。

ドーピング行為
試合結果無効、1~2年の出場禁止処分、賞金没収。トーナメント中にドーピングが発覚した場合は失格。

試合操作・わいろの供与
試合結果無効、1~2年の出場禁止処分、トーナメント中に発覚した場合は失格。

Ulrich Schulze氏のコメント (Senior Vice President Product at ESL)

eスポーツにおいて誠実さとフェアプレーが最も重要であると信じており、アップデートした処分ルールにはそのコミットメントを反映させています。これらのルール変更は、Valveが直接下した処罰や、ESLによって運営されるValveスポンサードトーナメントには適用されません。

情報元

esports(eスポーツ) イギリスのeスポーツ大会運営団体『Gfinity』が、『CEVO』を買収しアメリカへ進出

gfinity

イギリスのeスポーツ大会運営団体『Gfinity』が、アメリカの『CEVO』を買収し北米に進出することが発表されました。

『Gfinity』が『CEVO』を買収

『Gfinity』はeスポーツに関連するサービスやテクノロジーを提供する『CEVO』を、現金および株式にて270万ドル(約3億円, $1=111.44円)ほどで買収し、全ての株式を取得することを明らかにしました。

この買収により、『Gfinity』は『CEVO』が持つトーナメント管理システム、アンチチートシステム、配信ソフトウェアといったテクノロジー、eスポーツに関する豊富な経験を持つスタッフを獲得し、eスポーツ展開が加速する北米への進出を強化していきます。

近年の『Gfinity』はメジャーなeスポーツ展開の路線からは外れ、『Gfinity Elite Series』などの独自路線にフォーカスしている印象です。

『CEVO』を買収したことでどのような新展開が行なわれていくか注目です。

情報元

関連ニュース

Overwatch Sycom主催プロゲームチーム『DeToNator』の大型ファンミーティングが8/19(土)に秋葉原で開催

DeToNator

プロゲームチーム Japan DeToNatorメンバーとのファン交流イベントが8/19(土)に秋葉原で開催されます。

DeToNator Fan Meeting 2017 Powered by Sycom

『DeToNator Fan Meeting 2017 Powered by Sycom』には、配信で人気のストリーマーや、世界を舞台に活躍する『Overwatch』部門日本チーム、韓国チームのメンバーなど、DeToNatorの所属メンバーが集結します。

開催情報

  • 日時:2017年8月19日(土) 11:00~18:00
  • 会場:秋葉原ラジオ会館10F
  • 主催:株式会社サイコム
  • 協力:DeToNator(株式会社GamingD)
  • 協賛:テックウインド株式会社

実施内容

  • プロプレイヤーによるゲームプレー披露
  • 来場者参加型企画
  • トークショー
  • 豪華賞品が当たるじゃんけん大会
  • サイコムゲーミングPCの展示

当日のイベントでは、選手との交流、チーム代表・江尻氏によるトーク企画「まさるの部屋」の出張編、チームをスポンサードするサイコムのDeToNatorコラボモデルのゲーミングPC展示などが実施されます。

昨年参加しましたが、イベントの合間に選手と会話したり写真を撮る事が出来たりとファンにはかなりうれしい企画でした。

記念撮影

より詳しくは下記の特設サイトを参照して下さい。

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Overwatch World Cup 2017』日本代表、オーストラリア予選プレーオフで惜敗、本戦出場権獲得ならず世界ベスト16に

Overwatch World Cup

Overwatch World Cup 2017』シドニー予選プレーオフにて日本代表がオーストラリアに惜敗となりませした。

『Overwatch World Cup 2017』

『Overwatch World Cup 2017』はBlizzard Entertainmentが主催する公式国別対抗戦です。

2017年7月21~23日にオーストラリア・シドニーの「The Star Event Centre」でグループステージのCとDが開催され、日本はグループDを2勝1分で1位通過しプレーオフに進出。

プレーオフには4チームが出場し、日本(D 1位)とオーストラリア(C 2位)、スウェーデン(1位)とスペイン(D 2位)が対戦。それぞれ勝利したチームが本戦への出場権を得ることが出来ます。

日本が対戦するオーストラリア代表は、『Overwatch Pacific Championship Season1』準優勝の実績を持つ Australia Blank Esportsのフルメンバーで構成されています。同大会に出場していた日本チームはシーズンを通じて勝利を奪うことが出来なかった強豪チームです。

プレーオフの対戦は、そのオーストラリアが1マップ目で勝利して先行。日本が追いかけるシーソーゲーム展開となり、決着は最終5マップ目までもつれ込みましたが、最後の大勝負で日本チームを制圧した地元オーストラリアが勝利となり、本戦への出場権を獲得となりました。

順位

  • 1-2位(Best 8以上): Australia Australia - Kiki, Rqt, Aetar, trill, ieatuup, Gnb [本戦進出]
  • 1-2位(Best 8以上): Sweden Sweden - Zebbosai, Reinforce, TviQ, Manneten, CWoosH, Chipshajen [本戦進出]
  • 3-4位(Best 16): Japan Japan - Aktm, Ta1yo, Claire, deartn, Jasper, yoz
  • 3-4位(Best 16): Spain Spain - HarryHook, dhaK, neptuNo, ToxikeN, BromaS, Winghaven
  • 5-6位(Best 24): Portugal Portugal - mowzassa, Greyy, Horthic, Phatt, Addicted, kiler4fun
  • 5-6位(Best 24) Finland Finland - fragi, kyynel, zappis, Zuppehw, Taimou, LiNkzr
  • 7-8位(Best 32): Italy Italy - Nisa, Bimbz, link, Cerys, fighteR, carnifex
  • 7-8位(Best 32): Viet Nam Vietnam - MreA, KJerry, Funky, Mrhip, Maverick, Simple

2017年11月3~4日にアメリカ・アナハイムの『BlizzCon 2017』会場で実施される『Overwatch World Cup 2017』本戦には、4エリアで開催される予選を勝ち抜いた計8チームが出場となります。日本代表はその出場チームを決戦する対戦で敗退となっため、世界ベスト16という結果になりました。

プレーオフ

  • Japan Japan [2-3] Australia Australia
    • Japan Japan [1-2] Australia Australia (King's Row)
    • Japan Japan [2-1] Australia Australia (Lijiang Tower)
    • Japan Japan [1-2] Australia Australia (Volskaya Industries)
    • Japan Japan [4-3] Australia Australia (Dorado)
    • Japan Japan [0-2] Australia Australia (Oasis)
  • Sweden Sweden [3-0] Spain Spain
    • Sweden Sweden [3-2] Spain Spain (Hollywood)
    • Sweden Sweden [3-1] Spain Spain (Lijiang Tower)
    • Sweden Sweden [3-2] Spain Spain (Horizon Lunar Colony)

配信アーカイブ

グループステージ

Group C

  • 2勝0敗0分 (8-0) Australia Australia [プレーオフ進出]
  • 1勝0敗1分 (6-2) Sweden Sweden [プレーオフ進出]
  • 0勝1敗1分 (2-6) Portugal Portugal
  • 0勝2敗0分 (0-8) Italy Italy

Group D

  • 2勝0敗0分 (7-1) Japan Japan [プレーオフ進出]
  • 1勝1敗0分 (5-3) Spain Spain [プレーオフ進出]
  • 1勝1敗0分 (4-4) Finland Finland
  • 0勝1敗0分 (0-8) Viet Nam Vietnam

「みんなの代表」日本Overwatchチームの健闘は日本FPSの歴史的快挙

長年FPSの国際大会における日本代表の試合を見ていますが、残念ながら日本と世界の差を感じる結果となることがケースが多いです。しかし、今回の日本代表はグループステージを圧倒的な強さで勝ち上がり、ワールドカップ本戦への出場権を手にしてくれるに違いないという確信と安心感を持って見守る事ができる本当に素晴らしいチームでした。結果としては残念でしたが、『Overwatch』のようなグローバルFPSタイトルで「世界ベスト16」は日本FPSの歴史的快挙で、シーンにおける日本の評価を高く押し上げるものになったことは間違いありません。

今回の日本代表戦は多くの人が応援していた印象がありましたが、それは日本代表の選考委員が公開方式を採用しコミュニティを巻き込んでの選考を行なったことで、「自分達の日本代表」という意識をより強く持てたチームだったからではないでしょうか。

日本代表を破ったオーストラリアは、先にも書いたとおり『Overwatch Pacific Championship』でも対戦しており日本に縁があるチームです。是非とも本戦で良い結果を残して欲しいところです。

また、『Overwatch Pacific Championship Season2』では日本代表に選ばれた Japan Libalent Supreme のメンバーたちが再び [オーストリラ] Blank Esportsと対戦することになる予定です。

今後の国際大会でも、日本チームが活躍してくれることを期待しながら応援していきたいと思います

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 賞金総額100万ドルのCS:GO大会『PGL Major Kraków 2017』でGambit Esportsが優勝

csgo-major

賞金総額100万ドルのCS:GOメジャー大会『PGL Major Kraków 2017』で Russia Gambit Esportsが優勝となりました。

PGL Major Kraków 2017

『PGL Major Kraków 2017』は賞金総額100万ドルで開催されたCS:GOのメジャー大会です。

前回のメジャー大会『ELEAGUE Major 2017』でベスト8に入賞したチームが「Legends」チーム、予選を勝ち抜いた8チーム「Challangers」を加えた16チームが出場となります。

グループステージはスイス式トーナメントで実施され、8チームがプレーオフに進出。
プレーオフ決勝戦は Russia Gambit Esports と Brazil Immortalsというどちらも予想外の組み合わせとなり、Russia Gambit Esportsが2-1で勝利し、チーム初となるCS:GOメジャータイトルを獲得しました。

賞金 - $1,000,000

  • 1位: Russia Gambit Esports - $500,000 + 次大会「Legend」出場枠(NEW)
  • 2位: Brazil Immortals - $150,000 + 次大会「Legend」出場枠(NEW)
  • 3-4位: Denmark Astralis - $70,000 + 次大会「Legend」出場枠
  • 3-4位: Poland Virtus.pro - $70,000 + 次大会「Legend」出場枠
  • 5-8位: Denmark North - $35,000 + 次大会「Legend」出場枠
  • 5-8位: Sweden Fnatic - $35,000 + 次大会「Legend」出場枠
  • 5-8位: Brazil SK Gaming - $35,000 + 次大会「Legend」出場枠
  • 5-8位: Germany BIG - $35,000 + 次大会「Legend」出場枠(NEW)
  • 9-12位: United States Cloud9 - $8,750
  • 9-11位: Ukraine FlipSid3 Tactics - $8,750
  • 9-11位: France G2 Esports - $8,750
  • 12-14位: Ukraine Natus Vincere - $8,750
  • 12-14位: Europe mousesports - $8,750
  • 12-14位: Europe PENTA Sports - $8,750
  • 15-16位: Russia Vega Squadron - $8,750
  • 15-16位: Europe FaZe Clan - $8,750

Gambit Esportsは Ukraine Zeus選手が2016年10月にUkraine Natus Vincereから移籍して以降、徐々に成績を向上させ約10ヶ月でメジャータイトル獲得を達成しました。

優勝がかかる3マップ目でスモークに身を潜めながらC4解除を試みる Brazil ImmortalsをHObbit選手が2キルし優勝にリーチをかけた瞬間のZeus選手によるガッツポーズやトロフィーを太い右腕で天高く掲げ上げた瞬間はたまらないものがありました。

以下はZeus選手がGambitに移籍した際に出したコメントですが、今読むとまさに有言実行でカッコイイとしか言い様がありません。

「私には新チームにおける多くの責任と仕事があります。最初は簡単には行かないと思いますが、私を止める事は出来ません! 新たなチームと仲間を成功に導くために、経験を活かして我慢強く努力してチームに貢献していきます。私たちを信じ、Gambit Esportsを応援してください! 私たちはあなたを失望させません!」

Zeus選手を支える家族との写真

Olofmeisterとの約束に応えるZeus

Zeus選手は2016年7月、「メジャーで勝つまで諦めるつもりはない」とTwitterに投稿しました。

試合後のインタビューにおいてこのツイートが引用され、Zeus選手に対し「ついにメジャー勝利を達成しましたが、どうしますか?」という質問が行なわれました

そこでZeus選手が行なった回答は以下のようなものでした。

「I just say "Olofmeister, I love you!"
And second! God help me, and I won Major! Wooooooooooo!」

Zeus選手は以前に自身のYouTubeにおいて Sweden Fnaticの olofmeister選手にインタビューした際に「Fnaticがメジャーで優勝したら Zeus, I love you!と言ってよ」と依頼。Olofmeister選手は「いいけど、キミがメジャーで勝ったら Olofmeister, I love you!と言ってくれよ」と返し、Zeus選手は「もちろんだよ」と返答。その約束を守ったのが今回の発言になります。

これを見たolofmeister選手は下記の通り大喜びでした。

出場チーム

Legends

  • Denmark Astralis - dev1ce, dupreeh, Xyp9x, Kjaerbye, gla1ve
  • Poland Virtus.pro - TaZ, NEO, pasha, Snax, byali
  • Sweden Fnatic - olofmeister, dennis, KRiMZ, JW, flusha
  • Brazil SK Gaming - FalleN, fer, coldzera, TACO, felps
  • Ukraine Natus Vincere - seized, GuardiaN, Edward, flamie, s1mple
  • Russia Gambit Esports - Dosia, AdreN, mou, Zeus, HObbit
  • Denmark North - MSL, k0nfig, cajunb, Magisk, aizy
  • Europe FaZe Clan - rain, allu, kioShiMa, karrigan, NiKo

Challengers

  • Europe mousesports - chrisJ, denis, oskar, loWel, ropz
  • France G2 Esports - shox, bodyy, NBK, kennyS, apEX
  • Germany BIG - gob b, LEGIJA, tabseN, nex, keev
  • United States Cloud9 - n0thing, shroud, Skadoodle, Stewie2k, autimatic
  • Europe PENTA Sports - kRYSTAL, suNny, HS, innocent, zehN
  • Brazil Immortals - HEN1, LUCAS1, boltz, steel, kNg
  • Russia Vega Squadron - mir, chopper, jR, Keshandr, hutji
  • Ukraine FlipSid3 Tactics - B1ad3, WorldEdit, markeloff, wayLander, electronic

ファイナル

  • Russia Gambit Esports [2-1] Brazil Immortals
    • Russia Gambit Esports [04-16] Brazil Immortals (de_cobblestone)
    • Russia Gambit Esports [16-11] Brazil Immortals (de_train)
    • Russia Gambit Esports [16-10] Brazil Immortals (de_inferno)

VOD

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Rogue』CS:GO部門に元Team LiquidのHikoやEnigma6 Groupのメンバーが加入

rogue-csgo

『Rogue』CS:GO部門に元United States Team Liquidの United States Hikoや United States Enigma6 Groupのメンバーが加入したことが発表されました。

『Rogue』CS:GO部門に元Team LiquidのHikoが加入

『Rogue』は2017年4月までデンマークの選手を主体とした構成のチームでヨーロッパで活動していましたが、元 United States Enigma6 Group の3選手と元 United States Team Liquid の United States Spencer "Hiko" Martin 選手、United States Counter Logic Gamingや United States Splyce でコーチ経験を持つ Canada Garett "Grt" Bambrough氏を獲得し、アメリカシーンに参入することになりました。

United States Enigma6 Groupは『ESL Pro League Season 5』のアメリカ予選で1位となり、今後開催される『ESL Pro League Season 6』アメリカ部門の出場権を保有しているチームで、『Rogue』がこの出場枠から大会に参戦していくことになります。

Rogue CS:GO

  • United States Josh "shinobi" Abastado (インゲームリーダー)
  • United States Daniel "vice" Kim
  • United States Collin "wrath" McSweegan
  • United States Spencer "Hiko" Martin
  • Canada Garett "Grt" Bambrough (Coach)

Josh "shinobi" Abastado選手のコメント

このような機会はなかなかあるものではありません。私、Vice、Wrathはここに到達するまで大変苦労しており、Rogueの元で素晴らしい成果を成し遂げたいと思います。
HikoとGrtは北米シーンのレジェンドで、その経験とベテランとしての存在感が、将来のスターとなるチームメンバーの才能を伸ばすことを手助けしてくれるでしょう。

このチームはこれまで自分がプレーした中で最強のラインナップで、課題に取り組みメンバーを手助けしながらCS:GOシーンのトップチームを目指していくことを楽しみにしています。

このような素晴らしい機会を与えてくれたRogueやこのプロジェクト、そしてサポートしてくれるファンのみなさんに感謝します。

Garett "Grt" Bambrough氏のコメント (コーチ)

Rogueの一員となることは非常にうれしく、Hikoを加えて取り組んでいくことを楽しみにしています。コアメンバーと私はこのチームのロスターを構築し続け、個人的に以前のチームでも目指していた方向に進み続けていきたいと思っています。Hikoがもたらすベテランとしての経験は、北米シーンで成功を収めた選手の1人としての計り知れないものであり、チームの発展を大きく手助けするものとなるでしょう。

情報元

関連ニュース

Overwatch 『第1回AORUS CUP ~Overwatchトーナメント~』でCYCLOPS OSAKAが優勝

AORUS CUP

『第1回AORUS CUP ~Overwatchトーナメント~』で Japan CYCLOPS OSAKA athlete gaming が優勝しています。

第1回AORUS CUP ~Overwatchトーナメント~

『第1回AORUS CUP』は『GIGABYTE』のゲーミングブランド「AORUS」が7月17日(月・祝)、22日(土)にPC版『Overwatch』を使ったシングルイルミネーション方式のオンライントーナメントとして実施されました。

今回は10チームがエントリーし、下記のような結果となっています。

順位

  • 1位: Japan CYCLOPS OSAKA
    • 90,000円 (15,000円×6) + ノベルティ詰め合わせ + α 6名分
  • 2位: Japan Crest Gaming
    • ノベルティ詰め合わせ + α 6名分
  • 3位: Japan 7th heaven
    • ノベルティ詰め合わせ6名分
  • 4位: Japan Green Leaves
  • 5-6位: Japan Team ENCOUNT NG
  • 5-6位: Japan HarmoniX Gaming
  • 7-10位: Japan イトナブ
  • 7-10位: Japan まめちゃんず
  • 7-10位: Japan DeToNator.GOLD
  • 7-10位: Japan RPG-KINGDOM

※準決勝第1試合は Japan CYCLOPS OSAKA と Japan Green Leavesが対戦する予定でしたが、Japan Green Leavesが諸事情により棄権となったため対戦は行なわれていません

ファイナル

  • Japan CYCLOPS Osaka [2-0] Japan Crest Gaming
    • Japan CYCLOPS Osaka [2-1] Japan Crest Gaming (Lijiang Tower)
    • Japan CYCLOPS Osaka [3-2] Japan Crest Gaming (Numbani)

配信アーカイブ

情報元

続きを読む "『第1回AORUS CUP ~Overwatchトーナメント~』でCYCLOPS OSAKAが優勝" »

関連ニュース

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング