ニュース Topics

『SLTV StarSeries Season X』CS:GO部門LANファイナルが日本時間の8/30(土)~9/1(月)に開催 『SLTV StarSeries Season X』CS:GO部門LANファイナルが日本時間の8/30(土)~9/1(月)に開催

『SLTV StarSeries Season X』Counter-Strike: Global Offensive部門のLANファイナルが開催中です

SteelSeries KANA SteelSeries KANA

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門 1位


『ドスパラ』はゲーミングイベントや LAN パーティをスポンサード

最新ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『ZOWIE GEAR』の光学式ゲーミングマウス『FK1』が秋葉原のPC Arkで先行販売決定

ZOWIE FK1

光学式センサーADNS-3310を搭載した『ZOWIE GEAR』の左右対称型のゲーミングマウス『FK1』が秋葉原のPC Arkで先行販売されることが発表となりました。

ZOWIE FK1

『FK1』は、従来版の『FK』ではサイズが小さすぎるというフィードバックを元に、サイズアップと最新センサーへの切り替えを行なった左右対称型のゲーミングマウスです。

このマウスは、ヨーロッパを中心に非常に高評価を得ており日本での発売に期待が集まっていましたが、ついに発売の公式情報が発表となりました。

発売日や価格については今後明らかにされていく予定で、今回は『ZOWIE GEAR』で CEO を務める Vincent Tang 氏からのメッセージを、日本代理店のマスタードシード社が翻訳し公開しました。

Vincent Tang 氏からのメッセージ (ZOWIE GEAR, CEO)

ZOWIE GEARの最新ゲーミングマウス「FK1」は、PC用FPSゲームが普及している欧米地域で爆発的に売れて生産が全く追いつかず、日本を含めた他の地域での発売スケジュールが遅れていました。
そこで、ZOWIE GEAR日本代理店であるマスタードシード株式会社の社長より、ZOWIE GEARのCEOに直接連絡があり、是非ともFK1の素晴らしさを日本のゲーマーやZOWIE GEARのファンに体験させて欲しいとの要請を受けました。
ZOWIE GEARはこれに同意し、日本市場向けにFK1を出荷する運びとなりましたが、これには条件を付けさせていただきました。

ZOWIE GEARはこれまで、e-Sports専用ゲーミングデバイスを開発してきましたが、独自のプロフェッショナルの視点に基づいて設計されるZOWIE GEAR製品は、他メーカーとは方向性が異なっています。
それゆえ、ZOWIE GEARは、お客様がZOWIE GEAR製品を購入する前に、店頭にて製品を実際に試して、製品内容をよく把握してから購入に踏み切るべきとして、購入の前段階で、店員とお客様のコミュニケーションを通じて購入前のサービスを完全なものにしたいと考えています。
自分に合うマウスが何であるかをお客様自身に把握していただきたいという理念の下、無駄なお金を使わずに、お客様はご自分の満足の行くマウスを手に入れることができるわけです。

以上の理由で、日本市場に関しては、「パソコンショップ アーク」(東京・秋葉原)にてFK1の先行販売を実施させていただきます。
この施策を通じて、サービスの質と、店員の製品知識を向上させ、販売前も販売後も高水準のサービスを提供できればと考えております。また、アーク店員の皆様には既にFK1のサンプルを提供してあり、お客様も店頭にてFK1を発売前にお試しいただくことができます。是非お試しの上、購入をご検討いただければ幸いです。
その他、製品に関する質問なども、アーク店頭にて可能な限り対応させていただきます。

その他最新ニュースなどは、日本代理店が運営するZOWIE GEAR日本公式TwitterアカウントZOWIE GEAR日本公式ブログなどで公開予定です。期待して下さい。

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

e-Sports(eスポーツ) プロゲームチームFnaticのcArn氏が来日決定、TGS2014のEIZO/MSI/SteelSeries共同ブースでDeToNator&Galacticと共演

東京ゲームショウ

2014年9月18日(木)より開催される「東京ゲームショウ2014」に世界的に有名なプロゲームチーム Fnatic のPatrik "cArn" Sättermon氏が登場することが発表されました。

EIZO / MSI / SteelSeries でcArn氏、DeToNator、Galacticが共演

「EIZO」「MSI」「SteelSeries」は、世界で活躍するプロゲームチーム Fnatic をスポンサードするメーカーとして知られています。この3社が、今回「東京ゲームショウ2014」に共同出展。

Fnaticにてプロゲーマーとして活躍し、現在は Chief Operating Officer としてチームを率いる Patrik "cArn" Sättermon氏をゲストに迎えます。
また、3社が支援する日本の『Alliance of Valiant Arms』チーム DeToNatorGalactic のメンバー達もイベントに登場し、座談会、ファンとの交流イベントなどが実施されます。

ブースでは各社の最新製品を「Alliance of Valiant Arms」「Battlefield 4」「League of Legends」「TERA」「World of Tanks」といったタイトルで体験出来るようになります。

※以下リリースより

ビジネスデイ: 19日 13:00~14:00

(1)座談会 「Fnaticチーム最高責任者Patrik "cArn" Sättermon氏から見た世界のeSports事情」

「Counter-Strike Global Offensive」や「League of Legends」といった主要eSports タイトルで活躍するFnaticチームのPatrik "cArn" Sättermon氏を交えて、各国でのeSports市場の状況や、国内のeSportsに対するイメージ、今後の課題について国内の関係者も交えた座談会を予定しています。

【参加者】

  • Fnaticチーム最高責任者Patrik "cArn" Sättermon氏
  • Alliance of Valiant Arms 運営プロデューサー 井上 洋一郎氏
  • Alliance of Valiant Arms チームDeToNator&Galactic 代表 江尻 勝氏
※今後、参加者が増える可能性あり

(2)座談会 「Patrik "cArn" Sättermon氏からのアドバイス - プロを目指すゲームユーザーへ」
国内No.1オンラインFPS「Alliance of Valiant Arms」で活躍するDeToNator&Galacticチームの選手を交えて、世界の最高峰で戦い続けているPatrik "cArn" Sättermon氏に「選手(プロゲーマー)」としての必要なスキルや考え方について語っていただき、今後プロゲーマーを目指す方へのメッセージも含めた座談会を予定しています。

【参加者】

  • Fnaticチーム最高責任者 Patrik "cArn" Sättermon氏
  • Alliance of Valiant Arms チームDeToNator&Galactic 代表 江尻 勝氏
  • Alliance of Valiant Arms チームDeToNator Dark よっぴー 氏
  • Alliance of Valiant Arms チームGalactic SyaNha1 氏

(3)座談会「Patrik "cArn" Sättermon氏とAlliance of Valiant ArmsチームDeToNator&Galactic代表 江尻 勝氏によるゲームチームマネージメント理論」
Alliance of Valiant Armsにて、国内最強チームのDeToNator やGalacticの代表を務める江尻 勝氏と、世界最高のプロゲーム集団を率いるFnaticチーム最高責任者のPatrik "cArn" Sättermon氏がゲームチームのマネージメントについての座談会を予定しています。

【参加者】

  • Fnaticチーム最高責任者 Patrik "cArn" Sättermon氏
  • Alliance of Valiant Arms チームDeToNator&Galactic 代表 江尻 勝氏

一般公開日: 20日 ・ 21日

FPSファンイベントとして、FnaticのPatrik "cArn" Sättermon氏やAlliance of Valiant Armsの「DeToNator」や「Galactic」チームを交えた一般来場者との対戦会や協力プレイを予定しています。

「Counter-Strike Global Offensive」や「Alliance of Valinat Arms」ファンの方は是非ご来場ください。
さらにMOBAの「League of Legends」ファン必見。

EIZO/MSI/SteelSeriesブースにご来場頂いた方の中から抽選で5名にFnaticのLeague of Legendsチームサイン入りTシャツをプレゼント。その他にも多数の来場者特典をご用意してお待ちしております。

一般公開日のイベントスケジュール詳細については、後日EIZO/MSI/SteelSeriesのウェブサイトにて9月10日頃に掲載を予定しています。

ゲスト情報

DeToNator

DeToNator

DeToNatorは『Alliance of Valiant Arms』で2009年9月13日に設立され、5年目を迎えるゲーミングチームです。チームの名前は英語の「Detonator(起爆装置)」に由来しており、爆破モード、護衛モードで活動しており両部門のトップを目指し日々努力しています。2011年7月よりSteelSeriesがチームのサポーターとして加わり2013年9月18日に、BenQ Japanとスポンサー契約を発表。2014年3月28日に、DXRACER、2014年4月1日に、MSI/エムエスアイコンピュータージャパン株式会社とスポンサー契約を発表、2014年7月2日にはGUNNARとスポンサー契約を締結し今後もゲーミングシーンに少しでも貢献できるように日々精進をしています。今後はマルチゲーミングチームとして活動範囲の拡大を視野にいれています。

Galactic

Galactic
オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』で活動しているゲーミングチームです。2012年1月14日に設立され、2013年4月26日にMSI/エムエスアイコンピュータージャパン株式会社とスポンサー契約、2013年11月28日にはEIZO株式会社とスポンサー契約を締結し、現在は爆破モードを中心に活動。今後はマルチゲーミングチームとして活動範囲の拡大を視野にいれています。

Fnaticチーム最高責任者 Patrik “cArn” Sättermon氏

cArn

League of LegendsやCounter-Strike Global Offensiveなど、eSports市場で人気のゲームタイトルで活躍するグローバルなプロゲーム集団「Fnatic」の最高責任者(Chief Gaming Officer および Chief Operation Officer)。Fnaticにて選手として輝かしい成績を残し、その後Counter-Strikeチームのマネージャーとして活躍。現在はFnaticが保有する全7チームの責任者として、Fnaticが参加する世界大会への意思決定などを行っています。また、各スポンサー企業のeSports事業におけるマーケティングや製品開発にも協力するなど、その活動は多岐にわたります。

3社から共同配信されたリリースについては、下記のページからご覧ください。

情報元

League of Legends League of Legendsのオフラインイベント『GIGABYTE CUP 2』がe-sports SQUARE AKIHABARAで9/13(土)に開催

GIGABYTE CUP 2

League of Legendsのオフラインイベント『GIGABYTE CUP 2』がe-sports SQUARE AKIHABARAで9/13(土)に開催されます。

GIGABYTE CUP 2

  • 開催日時: 2014年9月13日(土) 12時~
  • 会場: e-sports SQUARE AKIHABARA
  • 募集人数: 先着30名
  • 賞金: 1位10万円、2位5万円

イベントでは、主催者が参加者30名をなるべく平均的になるよう6チームに分類。
2グループずつに分れての予選リーグを行ない、各グループの上位1位同士が決勝戦を行ない優勝を競い合います。

会場では、GIGABYTE社の最新製品の展示も行なわれる予定です。
参加登録は、下記のイベント公式サイトから行う事が出来ます。

情報元

e-Sports(eスポーツ) ニューヨーク・タイムズの1面に「eスポーツ」の紹介記事が掲載

ニューヨーク・タイムズ

アメリカの新聞「ニューヨーク・タイムズ」2014年8月31日付け版の1面に「eスポーツ」の紹介記事が掲載されています。

In E-Sports, Video Gamers Draw Real Crowds and Big Money

こちらの記事はWeb版でも読むことが出来るようになっており、記事のタイトルは「ビデオゲーマーはeスポーツで大観衆と大金を引きつける」といったような感じでしょうか(もっと良い訳がありそう…)。

記事は1万4000文字を超える内容となっており、eスポーツの歴史や最近の話題をまとめた良記事でした。

主な内容

  • 7月に開催されたDota 2の世界大会「The International」の紹介(賞金総額11万ドル以上、バスケットボールスタジアムで開催され観客は1万人以上)
  • Coca-Cola、American Express、T-Mobile USAなどがeスポーツのスポンサーとなっている
  • トッププロゲーマーの収入は数千万円。さらに億単位の収入を得ている選手も。
  • 世界中で7,000万人以上がインターネットまたはテレビを通じてeスポーツを観戦している
  • 先日、世界最大級のショッピングサイトAmazonがゲーム配信サイト Twitchを9億7000万ドルで買収した
  • Twitchには2014年7月に5,500万人以上がアクセスしている
  • プロゲーマーはTwitchでゲームのストリーミング配信をするのが仕事の1つとなっている
  • 配信者は、Twitchと広告収入をシェアする。ファンは放送を通じてプロゲーマーとゲームを共にすることもある
  • 昨年、アメリカ政府がプロゲーマーにスポーツアスリートと同じビザを発行した
  • Robert Morris Universityがこの秋に50万ドルのアスリートスカラシップをゲーマーに適用する
  • 今年に韓国でのサッカースタジアムで開催される「League of Legends 2014 World Championship」は4~5万人の来場者が見込まれている
  • League of LegendsのRiot Games、
  • Evil GeniusesのDOTA部門に所属する Peter "ppd" Dager選手の紹介やコメントを掲載。

この記事の中で素晴らしいと思ったのが、Dennis "Thresh" Fong氏がTwitchでプロゲーマーの練習やゲームを配信することについて寄せたコメントです。同氏はFPS『QUAKE』にて世界王者となり開発者のJohn Carmac氏からフェラーリを獲得したことで知られ、ゲームSNS「Raptor」の創設者でもある人物です。

氏のコメント内容は「Twitchでのプロゲーマー配信は、NBAのレブロン・ジェームズ選手やマイケル・ジョーダン選手がGoProカメラを付け、さらにファンが直接質問して答えを聞くことが出来るヘッドホンを装着しながら全ての練習や試合を放送しているようなものだ」というようなもので、プロゲーマーのTwitch配信をこういう視点で説明するのは非常に興味深いものでした。

記事の全文は下記ページからご覧ください。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive 『ESEA League Season 17』CS:GO部門の賞金総額が78,000ドル以上と発表

ESEA League Season 16

『ESEA League Season 17』Counter-Strike: Global Offensiveの賞金総額が78,000ドル以上と発表されました。

ESEA League Season 17

『ESEA League Season 17』は2014年11月21~23日にアメリカで開催されます。

アメリカとヨーロッパの予選を勝ち抜いた8チームが参加するGlobal Invite 部門の賞金は、以下のようになります。

賞金総額 - $47,500

  • 1位: $20,000
  • 2位: $6,000
  • 3位: $4,500
  • 4位: $4,000
  • 5位: $3,500
  • 6位: $3,500
  • 7位: $3,000
  • 8位: $3,000

さらに、出場全8チームにはそれぞれミニマム$3,000の渡航費用サポートが行なわれるため、これを含めて$78,000の賞金と説明されていました。

現在の予選順位は以下のリンクから確認することが出来ます。

予選成績

情報元

関連ニュース

Alliance of Valiant Arms 国際親善試合『Alliance of Valiant Arms Gameon Cup 2014』が9/21(日)に東京ゲームショウ2014で開催

Alliance of Valiant Arms Gameon Cup

国際親善試合『Alliance of Valiant Arms Gameon Cup 2014』が9/21(日)に東京ゲームショウ2014で開催されます。

Alliance of Valiant Arms Gameon Cup

『Alliance of Valiant Arms Gameon Cup』には、日本、韓国、台湾、中国から「護衛」の最強チームが集結し実施される国際親善試合です。

  • 開催日: 2014年9月21日(日)11時~16時30分
  • 会場: 千葉県・幕張メッセ第9ホール
  • 賞金: 1位 50万円、2位 25万円

出場チーム

  • Japan Recycle - AVARST2014 Season2優勝
  • Korea 韓国
  • Taiwan 台湾
  • China 中国

困苦債親善試合は、シングルイリミネーション方式のトーナメントにて1セットマッチで実施されます。
初戦の組み合わせは 日本 vs 台湾、韓国 vs 中国に決定しています。

試合の模様は、現地観戦は450名限定、またオンラインでのストリーミング配信が実施されます。現地観戦者は、来場特典やシークレットイベントなどを楽しむことが出来る予定です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『SLTV StarSeries Season X』CS:GO部門LANファイナルで Fnatic が優勝

SLTV StarSeries Season X

2014年8月30日(土)~31日(日)に開催された『SLTV StarSeries Season X』Counter-Strike: Global Offensive部門で Sweden Fnaticが優勝しました。

『SLTV StarSeries Season X』Counter-Strike: Global Offensive部門

賞金

  • 1位 Sweden Fnatic - $14,000
  • 2位 Ukraine Natus Vicere - $7,000
  • 3位 Ukraine HellRaisers - $5,000
  • 4位 Denmark myXMG - $4,000

出場チーム

  • Sweden Fnatic - JW, KRiMZ, pronax, flusha, olofm
  • Ukraine HellRaisers - ANGE1, AdreN, kucher, markeloff, Dosia
  • Denmark myXMG - MSL, HUNDEN, PnX, kevve, tenzki
  • Ukraine Natus Vicere - seized, Edward, Zeus, starix, GuardiaN

試合結果

Super Final

  • Sweden Fnatic [3-2] Ukraine Natus Vicere [デモ]

    • Sweden Fnatic [19-17] Ukraine Natus Vicere (de_mirage)
    • Sweden Fnatic [03-19] Ukraine Natus Vicere (de_inferno)
    • Sweden Fnatic [11-19] Ukraine Natus Vicere (de_train)
    • Sweden Fnatic [16-14] Ukraine Natus Vicere (de_dust2)

決勝戦は Best of 5 で実施。勝者側トーナメントを勝ち抜いた Fnaticに1ポイントのアドバンテージが与えられ、接戦を制し Sweden Fnatic が優勝となっています。

情報元

関連ニュース

Alliance of Valiant Arms 国際大会の日本代表決定戦『AVARST2014 Season2』でRecycle(護衛部門)、DeToNator(爆破部門)が優勝

AVARST2014 Season2

8/30(土)、8/31(日)に開催された国際大会の日本代表決定戦『AVARST2014 Season2』でRecycle(護衛部門)、DeToNator(爆破部門)が優勝しています。

AVARST2014 Season2

護衛部門

順位

  • 1位: Japan Recycle - 30万円 + 東京ゲームショウ2014 国際親善試合「AGC2014」出場権
  • 2位: Japan DeToNator - 15万円
  • 3位: Japan Conclusion
  • 4位: Japan QubeLey

決勝戦

  • Japan Recycle [W-L] Japan DeToNator (RISING DUST)

配信アーカイブ

爆破部門

順位

  • 1位: Japan DeToNator - 30万円 + 11月に中国で開催予定の国際大会出場権
  • 2位: Japan Requish - 15万円
  • 3位: Japan F4E
  • 4位: Japan DazLay

決勝戦

  • Japan DeToNator [2-0] Japan Requish

    • Japan DeToNator [7-3] Japan Requish (HAMMER BLOW)
    • Japan DeToNator [7-6] Japan Requish (DUAL SIGHT)

配信アーカイブ

護衛部門優勝の Japan Recycle は、9/21(日)に東京ゲームショウ2014で開催される国際親善試合『Alliance of Valiant Arms Gameon Cup 2014』にて、韓国、台湾、中国の強豪チームと対戦予定です。

護衛部門の国際大会に関する情報は、後日改めて発表となる予定です。

情報元

e-Sports(eスポーツ) テレビ番組『eスポーツ MaX』第22回が「TOKYO MX2」で本日8/31(日)21:30より放送、Rascal JesterのRkp選手が特集に登場

eスポーツ MaX

日本初となるeスポーツの情報&バラエティ番組『eスポーツ MaX』の第20回が本日8/31
(日)21:30よりTOKYO MX2(092ch)で放送となります。

前回の振り返りと第22回の放送内容

2014年7月にアメリカで開催された格闘ゲームの世界大会『Evolution 2014』を特集。「Ultra Street Fighter IV」部門準優勝のボンちゃん選手、3位のふーど選手、「BlazBlue Chronophantasma」部門 準優勝のどくら選手が出演し、大会の振り返りつつ、アメリカでのプロ活動するつもりはあるか、プレーヤー名の由来などについての質問に答えていました。

「金子学 PCゲームに挑戦」のコーナーでは、G-TuneのゲーミングPCを借りることに成功したお笑いコンビ・うしろシティの金子学さんが、今回は「League of Legends」を手に入れるため秋葉原へ。秋葉原のお店をまわるも見つけられない金子さんは、StanSmith氏にアドバイスをもらおうと電話し、インターネット経由で無料でダウンロード出来ることを教えて貰い愕然…。

今週放送、第22回の内容

TOKYO MX の番組表より。

海外・国内のeスポーツ情報満載でお届け!今週こそPCゲームに挑戦を始めた金子はゲームを始められたのか?そのほか内容盛りだくさんでお届けします。
http://www.mxtv.co.jp/bangumi/create_html2014.php?date_value=20140817


『eスポーツ MaX』

この番組は、日本初となるeスポーツ専門テレビ番組。
eスポーツに関する最新トピックス、国内外の大会のレポート、ゲーム情報など様々な情報を発信する『eスポーツ総合情報番組』です。

TOKYO MX * 「eスポーツMAX」

放送情報

番組について (リリースより)

「eスポーツ」とは、コンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技のことで、海外では従来のプロスポーツと同様に、スポンサー企業がついたハイレベルなeスポーツプレイヤーたちが莫大な賞金を懸けて競う大会が実施され、一大ムーブメントとなっています。

そのムーブメントを日本で盛り上げるために、日本のどの放送局もやっていない「eスポーツ情報&バラエティ番組」をTOKYO MXから発信していきます。
この番組は、日本のeスポーツファンの心をつかみ、同時に新たなeスポーツファンを増やし、eスポーツ競技者人口の裾野を広げることを目指します。

出演者プロフィール

マット・伊達
マット・伊達
https://twitter.com/forgenjuro

21年間米国カリフォルニア州に在住し帰国後、2008年から 2011年まで俳優として日本の CM、舞台などに出演、アメフトと殺陣も得意とするマルチタレント。
数々の格闘ゲーム大会の主催、日本人プレイヤーの海外遠征のコーディネートを行うなどし、プレイヤーからも慕われる兄貴的存在。現在、世界的ゲーミングデバイスメーカー「RAZER」(シンガポール本社)と契約している。

桜 めい
桜 めい
https://twitter.com/mei_0406
https://twitter.com/MXesports

ファッション誌、CM などでモデルとして活躍中。
「ar」(主婦と生活社)「TOMOTOMO」(新美容出版)などの雑誌、NEC 企業広告、マルコメ「エナジードリンク」などの CM、東京ヘアーコレクションといったショーにも参加。2013 年秋に初舞台を経験するなど、映画、舞台で女優としても活躍している。

うしろシティ
うしろシティ
http://www.shochikugeino.co.jp/talents/03/post-423.html
https://twitter.com/ushirocityaswa

2009 年 4 月コンビ結成、松竹芸能所属。結成後わずか 3 年で「24 年度 NHK新人演芸大賞」演芸部門大賞を受賞。 また、2012 年、2013 年と 2 年連続「キングオブコント」の決勝進出をしている、今最も実力のある若手芸人。

視聴について

番組は、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城で視聴可能となります。
詳細な視聴方法は、下記のページからチェックすることができます。

TOKYO MX

視聴エリアが限定されていますが、見逃さないよう番組の録画予約等をお忘れ無く。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『SLTV StarSeries Season X』CS:GO部門LANファイナルが日本時間の8/30(土)~9/1(月)に開催

SLTV StarSeries Season X

『SLTV StarSeries Season X』Counter-Strike: Global Offensive部門のLANファイナルが開催中です。

『SLTV StarSeries Season X』Counter-Strike: Global Offensive部門

『SLTV StarSeries Season X』Counter-Strike: Global Offensive部門のLANファイナルは、16チームによる総当たり予選の上位4チームの出場で開催されています。

しかし、予選一位の Germany Mousesports が出場をキャンセルしたことから、主催者側が各チームに代理出場を打診したところ、予選10位の Denmark UNU.AIN (現在は Denmark myXMG が出場となっています。

開催日

  • 2014年8月30日(土)~31)(日)

会場

  • Kyiv CyberSport Arena (ウクライナ・キエフ)

賞金

  • 1位 - $14,000
  • 2位 - $7,000
  • 3位 - $5,000
  • 4位 - $4,000

ストリーミング

Watch live video from starladder5 on www.twitch.tv

出場チーム

  • Sweden Fnatic - JW, KRiMZ, pronax, flusha, olofm
  • Ukraine HellRaisers - ANGE1, AdreN, kucher, markeloff, Dosia
  • Denmark myXMG - MSL, HUNDEN, PnX, kevve, tenzki
  • Ukraine Natus Vicere - seized, Edward, Zeus, starix, GuardiaN

スケジュール

Super Final

  • Japan 9/01(月)01:00~ Sweden Fnatic [vs]

Loosers Final

  • Japan 8/31(日)21:30~ Ukraine Natus Vincere [vs]

Loosers Small Final

  • Japan 8/31(日)18:00~ Denmark myXMG [vs] Ukraine HellRaisers

Winners Final

  • Sweden Fnatic [2-0] Ukraine Natus Vincere
    • Sweden Fnatic [16-11] Ukraine Natus Vincere (de_mirage)
    • Sweden Fnatic [16-06] Ukraine Natus Vincere (de_inferno)

Winners Semifinal

  • Sweden Fnatic [2-0] Denmark myXMG

    • Sweden Fnatic [16-04] Denmark myXMG (de_dust2)
    • Sweden Fnatic [16-02] Denmark myXMG (de_mirage)
  • Ukraine HellRaisers [vs] Ukraine Natus Vincere

    • Ukraine HellRaisers [06-16] Ukraine Natus Vincere (de_dust2)
    • Ukraine HellRaisers [14-16] Ukraine Natus Vincere (de_inferno)

トーナメント形式はダブルイリミネーション、各試合は Best of 3 形式で進行されています。

情報元

関連ニュース

スポンサードリンク

SteelSeries

Razer

ZOWIE GEAR

ROCCAT

ARTISAN

EIZO

Gunnar

MadCatz

スケジュールカレンダー

2014年09月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Peercast 配信 from 秘密基地TV