ニュース Topics


『ドスパラ』はゲーミングイベントや LAN パーティをスポンサード

最新ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『ASUS ROG Winter 2015』CS:GO部門が1/31(土)、2/1(日)に開催

ASUS ROG Winter 2015

『ASUS ROG Winter 2015』CS:GO部門が1/31(土)、2/1(日)にフィンランドで開催されます。

ASUS ROG Winter 2015

『ASUS ROG Winter 2015』には招待6チーム、予選通過2チームの計8チームが出場となります。

4チーム×2グループに別れての予選がダブルイリミネーション方式のトーナメントで実施され、各グループの上位2チームずつが決勝トーナメントに進出となります。

賞金

  • 1位: $12,000
  • 2位: $7,000
  • 3位: $4,000
  • 4位: $2,000

出場チーム

  • (招待)Poland Virtus.pro - Snax, Neo, TaZ, byali, pasha
  • (招待)Ukraine HellRaisers - ANGE1, kucher, flamie, AdreN, Dosia
  • (招待)Sweden Ninjas in Pyjamas - f0rest, GeT_RiGhT, Xizt, Maikelele, friberg
  • (招待)France Titan - Ex6TenZ, apEX, kennyS, Maniac, RpK
  • (招待)Finland 3DMAX - natu, KHRN, stonde, allu, disturbed
  • (招待)Germany mousesports - chrisJ, LEGIJA, Troubley, gob b, zonixx
  • (予選通過)Germany PENTA Sports - kRYSTAL, strux1, nex, denis, Spiidi
  • (予選通過)Bulgaria volgare - flash, gabesson, FoDa, alexrad, bodito

予選グループ

Group A

  • Poland Virtus.pro
  • Ukraine HellRaisers
  • Germany PENTA Sports
  • Bulgaria volgare

Group B

  • Sweden Ninjas in Pyjamas
  • France Titan
  • Finland 3DMAX
  • Germany mousesports

スケジュール

Japan 1/31(土)

  • 00:00 [A1] Poland Virtus.pro [vs] Bulgaria volgare
  • 00:00 [A2] Ukraine HellRaisers [vs] Germany PENTA Sports
  • 01:00 [A3] A1勝者 [vs] A2勝者
  • 01:00 [A4] A1敗者 [vs] A2敗者
  • 02:00 [A5] A3敗者 [vs] A4勝者
  • 04:00 [B1] Sweden Ninjas in Pyjamas [vs] Germany mousesports
  • 04:00 [B2] France Titan [vs] Germany mousesports
  • 05:00 [B3] B1勝者 [vs] B2勝者
  • 05:00 [B4] B1敗者 [vs] B2敗者
  • 06:00 [B5] B3敗者 [vs] B4勝者
  • 19:00 Semi-final #1 BO3
  • 22:00 Semi-final #2 BO3

Japan 2/1(日)

  • 02:00 Third place decider BO3
  • 05:45 Grand final BO3

情報元

スポンサード リンク

Counter-Strike: Global Offensive 『e-sports SQUARE』が2月をFPS強化月間に、利用料金半額キャンペーンやLANパーティを開催゜

e-sports SQUARE

『e-sports SQUARE』が2月をFPS強化月間とし、キャンペーンを実施することを発表しています。

e-sports SQUARE FPS強化キャンペーン

『e-sports SQUARE AKIHARABA』は、店内全てのモニタを『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE 2015』の競技モニタ「iiyama ProLite GB2488HS」にリニューアル。

144Hz対応でFPSにも最適なこのモニタの導入を記念して下記のキャンペーンを実施するとのことです。

対象FPSタイトルのプレーでPC利用料金が50%オフ

期間

  • 2015年2月1日(日)~2月28日(土) 営業時間12:00~23:00

対象タイトル

通常の利用料金はこちらのページで確認できます。

LANパーティイベント

2月に『lliance of Valiant Arms』と『SPECIAL FORCE2』のイベントを開催。
大会、対戦会、抽選会などの実施を予定しているとのことです。

  • 2015年2月21日(土) e-sports SQUARE AVA LAN PARTY
  • 2015年2月22日(日) e-sports SQUARE SF2 LAN PARTY

イベントの参加登録は2月2日(月)に開始予定です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Epsilon eSportsのCS:GO部門からGMXが脱退

Epsilon

Epsilon eSportsのCounter-Strike: Global Offensive部門から France Robin "GMX" Stahmer 選手が脱退となったことが発表されています。

Epsilon eSportsのCS:GO部門からGMXが脱退

Epsilon eSportsは昨年11~12月に選手の入れ替えを実施していました。

Epsilon eSportsのラインナップはヘルプを含む5名構成でしたが、チームは新たなスタートを切るために France Robin "GMX" Stahmer 選手をメンバーから外すことを決定しました。

現状のメンバーは下記4名となっており、1人減らした代わりの補充メンバーについては明らかにされませんでした。

Epsilon

  • France Kevin "Uzzziii" Vernel
  • France Adil "ScreaM" Benrlitom
  • France Joey "fxy0" Schlosser
  • France Morgan "B1GGY" Madour (stand-in)

公式サイトに寄れば、新情報を近々発表とのことなので、近日中に新メンバーが明らかになると思われます。

一方で、チームを去る事になったGMX選手は自身のFacebookにて、今回の件についての意見を投稿しました。こちらにて、試合中の態度が悪いfxy0選手に対し何度も怒りをぶつける結果となったりしたことでチームでの居心地が悪くなっていたこと、fxy0選手が試合中に荒れ狂うことがあったことなどを明かしました。
また、チーム内のミーティング中にUzzziii 選手がfxy0選手とGMX選手のどちらかをチームから追い出すか、自分がチームを去るかという選択肢の中からfxy0選手が脱退となったという経緯も明かされていました。

fxy0選手は2014年10月に、ゲーム内での態度の悪さを理由に契約終了の措置が取られていた過去があります

情報元

DOTA 2 Dota2 世界大会『DOTA2 Asia Championship』が開幕、予選リーグが1/29(木)~2/2(月)に開催

DOTA2 Asia Championship

Dota 2大会『DOTA2 Asia Championship』が中国にて開幕となりました。

DOTA2 Asia Championship

『DOTA2 Asia Championship』は、中国で開催され招待8チーム、予選通過8チームの計16チームが参加しています。

本日より決勝トーナメント進出をかけた予選が開始されています。

予選 1/29(木)~2/2(月)

  • Best of 1 の総当たり戦
  • 1~8位 - 決勝トーナメントの勝者側トーナメントへ
  • 9~12位 - 決勝トーナメントの敗者側トーナメントへ

決勝トーナメント 2/5(木)~9(月)

  • ダブルイリミネーション方式トーナメント

ストリーミング

ファイナル出場チーム

  • China Invictus Gaming (招待)
  • China LGD-Gaming (招待)
  • China Newbee (招待)
  • China Vici Gaming (招待)
  • Korea MVP.Phoenix (招待)
  • Philippines Rave (招待)
  • United States Evil Geniuses (招待)
  • Europe Team Secret (招待)
  • China Tongufu.wanzhou (アジア予選1位)
  • China CDEC Gaming (アジア予選2位)
  • China EHOME (アジア予選3位)
  • China Big God (アジア予選4位)
  • Russia HellRaisers (ヨーロッパ予選1位)
  • World Cloud 9 (アメリカ予選1位)
  • Ukraine Natus Vincere (ワイルドカード予選1位)
  • China HyperGloryTeam (ワイルドカード予選2位)

各試合の実施時間は、下記リンク先に記載されている「SGT」に+1時間したものが日本時間となります。

初戦から、The International 王者の China Newbee を Korea MVP.Phoenix 下すという波乱の展開となっています。

大会の基本賞金総額は25万ドルで、大会向けのゲーム内アイテム「Dota 2 Asia Championship 2015 Compendium」が購入される度に売上の25%が賞金総額に追加される仕組みとなっています。

現在の賞金総額は240万ドル(約2.8億円)を超えています。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2015-01-28)

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2015-01-28)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 1/14/2015

GAMEPLAY

  • Incendiary GrenadeとSmoke Granadeがお互いに作用する範囲を調整した

UI

  • マップのローディング画面に、そのマップと関連するアイテムコレクションのアイコンが表示されるようになった
  • Spectatorモードにおける、スコアボードとServer GraphicはHUDサイズと位置設定に基づくようになった
  • 試合からメインメニューに戻るときに、New Itemのアラートに誤った数字が表示されるのを修正した

MISC

  • server convar「tv_allow_camera_man_steamid」を追加した(キャスターの64ビット数字SteamIDをトーナメントサーバーにセットする)。トーナメントキャスターが「-interactivecaster」をコマンドラインにつけてゲームを起動すると、全てのカメラとボイスが記録され、GOTVで放送されるようになる。
  • 最新のSteam SDKを使用するためにラインタイムライブラリをアップデートした
  • ゲームが最小化されている状態でマップを読み込んでいるとよくクラッシュしていたのを修正した
  • 色々な武器のCPU(使用率?)を最適化した
  • Chroma Case武器に説明文を追加した

MAPS

  • Mirage

    • T spawnでブーストしたプレーヤーがCT midのスナイパーポジションをのぞき見することが出来たバクを修正した
    • CTサイドのパレスを簡単にのぞき見ることが出来るようにpropを移動させた
    • ボムサイトAでのおかしなブースティングを出来ないようにした
  • Nuke

    • Incendiary Grenade をボムサイトBの天井で爆発させることによってAサイトにいるプレーヤーにダメージをあたすることが出来たバグを修正した
  • Overpass
    • ボムサイトAからパーク上に入る入り口を変更した
    • ボムサイトA内のmidカバーを変更した。コーナーをライフルで貫通して撃つことができるようになった。
    • Tサイドパーク上のカバーを変更した
    • Tサイドのspawn箇所をわずかに前へ移動させた
    • ボムサイトAの設置ゾーンをわずかに上へ移動させた

情報元


関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO公式ブログにて最新マップの統計データが公開

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive公式ブログにて最新マップ統計データが公開されました。

CS:GO最新マップ統計データ

ブログにて公開されたのは、Activi Dutyマッププールに分類されている7つのマップに関するデータです。

下記は、各マップにおけるテロリスト(オレンジ)とカウンターテロリスト(ブルー)の勝率をまとめたグラフになります。スキルグループやラウンド区切りをかえての統計データはこちらで公開されています

2014年1月に発表されたデータと合わせて掲載してみました。

マップ勝率

最新のデータ
CS:GO

以前のデータ
CS:GO

de_dust2はほとんどかわりがありません。
de_overpassがカウンターテロリストサイドが有利な結果となっていたり、Cobblestone が五分に近いバランスに近づいていたりとマップごとの変化を見てみると面白いです。

勝利結果

最新のデータ
CS:GO

以前のデータ
CS:GO

こちらはグラフの比率や作り方が違うので比較しにくいですが、テロリストサイドがC4を設置してから敵を全滅させて勝利する割合が増しているようです。

情報元

e-Sports(eスポーツ) 『Razer』がプロ・アマ向けゲーム大会を簡単に開催出来るプラットフォーム『Razer Arena』を発表

Razer Arena

『Razer』がプロ・アマ向けゲーム大会を簡単に開催出来るプラットフォーム『Razer Arena』を発表しました。

Razer Arena

『Razer Arena』はトーナメントシステムのプラットフォームを手がける『Gaming-Grids』と『Razer』が共同開発したプラットフォームです。『Razer Arena』には、プロレベルのゲーム大会で使用されるツールが集約されており、下記のような特徴があります。

特徴

  • 自動対戦マッチング/レポーティング
  • 対戦リマインド通知
  • Razer Commsを活用したゲーム内ボイスチャット
  • ユーザー同士で交流を深めるチャットロビー
  • チート防止エンジン
  • トーナメント制フォーマット
  • ユーザー自らが仲間と開催するカスタムトーナメントシステム(2015年3月より)

対応タイトル

  • Counterstrike: Global Offensive
  • Dota 2
  • Battlefield 4

第1フェーズとなる現在は、上記3タイトルに対応。今後さらに対応タイトルが追加されていく予定です。現在はパートナーのみがトーナメントを開催出来るようになっていますが、2015年3月よりスタート予定の第2フェーズからは誰でも開催することが可能になるとのこと。

今週末には、『Razer Arena』のキックオフ大会が賞金$500で開催されます。ヨーロッパとアメリカはすでに定員となりましたが、アジア部門はまだ参加することが可能となっていました。

Min-Liang Tan氏のコメント (Razer, CEO)
プロゲーマーの大会はあまりにハイレベルなため、大半のゲーマーたちを除外してしまいがちですが、Razer Arenaは初心者からプロまであらゆるレベルのプレイヤーが、自分に合ったレベルの競技者たちとしのぎを削って技術を磨くためのプラットフォームです。

Dana Garvey氏のコメント(Gaming Grids, CEO)
Razerと共にRazer Arenaの開発に携われたことを嬉しく思っています。Razer Arenaは同社がeスポーツ業界を引っ張っていく存在だということを再認識させるサービスになるでしょう。

Duran Parsi氏のコメント (Collegiate Star League創始者)
各大学のゲーム団体が自分たちでトーナメントを開催し、本戦へとつながる予選を独自に運営できるのは画期的です。Razer Arenaは団体側にとっても競技者側にとっても非常にスムーズな大会運営を実現してくれるプラットフォームです。

――――

ゲーム大会のプラットフォームサービスは既存のものを含め新たなものが次々に登場しており、昨年には以下のような情報を紹介しました。

『Razer Arena』の強みは、3月の第2フェーズよりプロ団体運営によるトーナメントが開催されることや、『Razer』を慕う多くのゲーマーが利用することによりプラットフォームが活性化されるのではないか、といったあたりでしょうか。

また、『Razer』が賞金・賞品を提供するトーナメントの開催や、契約プロゲーマーも参加するようなファンイベント型トーナメントの実施、優秀なゲーマーが発掘されTeam Razerと契約、といったことが今後あるかもしれません。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Team Dignitas、Copenhagen Wolvesが新たなCS:GOラインナップを発表

Team Dignitas、Copenhagen Wolvesが新たなCS:GOラインナップを発表

Denmark Team DignitasとDenmark Copenhagen Wolvesが新たなCS:GOラインナップを発表しています。

Team Dignitas、Copenhagen Wolvesが新たなCS:GOラインナップを発表

先日、Team Dignitasは公式サイトにて1月末をもって現行のCS:GOチームメンバーとの契約が終了となることを発表しました。

この時に、新たなCS:GOチームについて近日中に発表することが予告されていました。
公式サイトでの発表により、Copenhagen Wolvesとして活動していた5選手が新たなTeam Dignitasのメンバーとなることが明らかになりました。

一方で、Copenhagen Wolvesは元unu.AiNのメンバー達と新たに契約を結んでいます。

Jacob "Pimp" Winneche 選手のコメント (Team Dignitas)
CS:GOチームとして2015年の目標を達成するために Team Dignitasと協力していくことになるのを発表することに興奮しています。

また、私たちは新たな5人目の選手が元Team Dignitasのキャプテンで私たちのオファーを了承してくれた FeTiSh選手となることを発表します。ここ数週間において共にプレーしており、ゲームの内外において大きく成長しています。私たちは、強豪チームを倒す小さな片鱗をすでにみせており、それらの経験を元に向上させていくことだけを目指しています。

Team Dignitasが私たちの成し遂げようとすることを信頼してくれるのは幸運なことであり、チームメイトと私はTeam Dignitasと共に素晴らしいCS:GOチームとなり長期間に渡り成功することを願っています。

Nicolai "HUNDEN" Petersen選手のコメント(Copenhagen Wolves)
私たちはCopenhagen Wolves との6ヶ月契約に合意し、とてもうれしく思います。Copenhagen Wolvesの新たな戦略は、今後の展開に多くのポテンシャルを示しています。

チームにとって、今後の6ヶ月はとても多忙なものとなります。私たちは、出来るだけ多くの予選に参加し、いくつかのビッグイベントへの出場権を得ることを願っています。主な目標は、ESL One Katowiceへの予選通過、4月に開催されるデンマーク最大のイベント Copenhagen Gamesへの出場を確実とすることです。

Team Dignitas

  • Denmark Jacob "Pimp" Winneche
  • Denmark Markus "Kjaerbye" Kjærbye
  • Denmark Philip "aizy" Aistrup
  • Denmark Nicolaj "Nico" Jensen
  • Denmark Henrik "FeTiSh" Christensen

Copenhagen Wolves

  • Denmark Mathias "MSL" Lauridsen
  • Denmark Nicolai "HUNDEN" Petersen
  • Denmark Asger "AcilioN" Larsen
  • Denmark Michael "Friis" Jørgensen
  • Denmark Danni "smF" Dyg

情報元

Counter-Strike Online Counter-Strike Online公式大会『CSOJC 2015 WINTER』の参加登録がスタート

CSOJC 2015 WINTER

2015年2~3月に開催となるCounter-Strike Online公式大会『CSOJC 2015 WINTER』の参加登録が開始されています。

Counter-Strike Online Japan Championship 2015 WINTER(CSOJC 2015 WINTER)

開催情報

  • 開催日程: 2015年2月15日(日)~3月15日(日9
  • 募集チーム数: 最大64チーム
  • 大会形式: オンライントーナメント (上位8チーム選抜後、リーグ戦あり)
  • 試合形式: オリジナル・爆弾解除の5vs5、16ラウンド先取制

マップ

  • de_dust2、de_inferno、de_santorini、de_train、de_nuke

賞金

  • 1位: 30万円
  • 2位: 10万円
  • 3位: 5万円 × 2チーム

スケジュール

  • 2015年1月21日(水)~2015年2月4日(水) 参加受付期間
  • 2015年2月15日(日) 1回戦
  • 2015年2月22日(日) 2回戦
  • 2015年3月01日(日) 3回戦
  • 2015年3月08日(日) リーグ戦 (4チーム×2グループ)
  • 2015年3月15日(日) 決勝トーナメント (準決勝・決勝)

参加登録は、下記の特設サイトから行う事が出来ます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Fragbiteが招待制CS:GO大会『First Person Lover Challange』を開催

First Person Lover Challange

Fragbiteが招待制のCounter-Strike: Global Offensive大会『First Person Lover Challange』を開催すると発表しました。

First Person Lover Challange

『First Person Lover Challange』は、Björn Borgが開発するFPS『First Person Lover』のプロモーションとして実施される大会です。

大会は2015年2月10日(土)、11日(日)に賞金総額40,000SEK(約56万円, 1SEK=14.22円)開催され、下記4チームが出場となります。

出場チーム

  • Sweden Fnatic - flusha, jw, pronax, olofm, KRiMZ
  • Ukraine HellRaisers - ANGE1, Dosia, kucher, flamie, AdreN
  • France LDLC - Happy, shox, kioShiMa, NBK, SmithZz
  • Sweden Ninjas in Pyjamas - f0rest, GeT_RiGhT, friberg, Xizt, Maikelele

トーナメント形式はダブルイリミネーション、1試合目は Best of 1、それ以降の試合は Best of 3 形式で実施となります。

サイトに掲載されているイメージ画像の雑な合成具合がたまりません。

First Person Lover Challange

情報元

スポンサードリンク

SteelSeries

Razer

ZOWIE GEAR

ROCCAT

ARTISAN

EIZO

Gunnar

MadCatz

スケジュールカレンダー

2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Peercast 配信 from 秘密基地TV