ニュース Topics

Negitaku.org 開設15周年 Negitaku.org 開設15周年

Negitaku.orgが2002年8月24日の開設以来15周年となりました

ZOWIE GEAR FK2 ZOWIE GEAR FK2

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門より


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

esports(eスポーツ) 賞金総額35万ドルの招待制大会『PUBG Invitational』に日本のDeToNatorが出場、2日目(Duo)8/24(木)23:20開始

dtn-pubg

ドイツで開催されるゲームの見本市「Gamescom」会場で実施される『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS Invitational』に プロゲームチーム Japan DeToNator 所属のストリーマーたちが出場します。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS Invitational

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS Invitational』は、ゲームの開発元「Bluehole, Inc.」とeスポーツ大会運営団体『ESL』の共催で、2017年8月23~26日に「Gamescom」会場内でオフライン大会として実施されます。

アメリカのプロゲームチーム Team Liquid が『PUBG』部門を結成し本大会に挑むことを発表していましたが、日本からは DeToNator の人気ストリーマー達が招待されました。

大会は「Solo」「Duo」「Duo First Person Perspective」「Squad」の4モードで実施され、Japan DeToNatorはこの全部門に出場します。公式配信の他に、各選手それぞれの個人配信も同時に実施されます。出場者それぞれがどのように生き残りをかけて戦うかという戦略や物語を好きなように見ることができるのは良いですね。

DeToNatorメンバー

現地からのツイートはそれぞれのTwittterアカウントで見ることができます。

試合スケジュール

大会では各モードで3ゲームを実施し、その総合成績で順位が決定されます。

各順位のリンクから、それぞれの配信アーカイブにアクセス出来ます。

Day 1 - Solo

8月24日(木)23時20分 - Duo

  • Japan YamatoN & Japan SPYGEA
  • Japan StylishNoob & Japan SHAKA

8月25日(金)23時20分~ Duo(FPS視点)

  • 組み合わせ未定

8月26日(土)23時20分~ Squad

  • Japan DeToNator

招待出場チーム

出場選手について見覚えがある名前があったので調べてみたところ、『Mythic』はCS:GOでプロとして活動していた実績を持つ選手で構成されていました。

大会には招待18チーム・72選手に加えて、現地会場予選を突破したチームが出場します。

公式配信

Watch live video from shobosuke on www.twitch.tv

また、DeToNatorからは以下のような発表も行なわれています。

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

negitaku Negitaku.org 開設15周年

Negitaku.org

Negitaku.orgが2002年8月24日の開設以来15周年となりました。

Negitaku.org 15周年

まずは15年も経ったというのが信じられません。
15歳くらいでこのサイトを見てくれている人もいるのでしょうか?

調べてみたところ、15年間で自分がサイトに書いた記事は約1万9千件。文字数は約1470万文字ほどでした。

  • 記事数: 19,441
  • 文字数: 約1470万文字 (400文字原稿用紙 約36,750枚分)

現在の「eスポーツ」はこの15年間で規模・注目度等全てが最高の状態です。
日本でも毎週土日は当たり前、平日でも大会やイベントが開催されており、場所も東京だけではなく日本中に広がっています。
大会をチェックしようにも、とても1人では見切れないような状態で、サイトを始めた頃はこんな規模になるとは予想すらしていませんでした。

今後「eスポーツ」がどのような発展をしていくのか、好きなゲームを中心にこれからもシーンを追いながらサイトを通じて紹介していけたらと思います。

いつもは周年といっても特に何も変わった企画もないのですが、今回はうれしいことに株式会社 ビット・トレード・ワンのご厚意により、ゲーミングキーボード『デスイルミネーター』特別仕様版のプレゼント企画を実施出来る事になりました。

15th

詳細は改めて発表いたします。

これからもよろしくお願いいたします。

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GOアジア大会『eXTREMESLAND 2017』日本予選『GALLERIA GAMEMASTER CUP』のトーナメント組み合わせ発表

extermesland2017

賞金総額10万ドルのCS:GOアジア大会『eXTREMESLAND 2017』の日本代表チームを決定する『GALLERIA GAMEMASTER CUP』のトーナメント組み合わせが発表されました。

GALLERIA GAMEMASTER CUP

『GALLERIA GAMEMASTER CUP』はコミュニティーの活性化を目的とし国内だけで完結する「エントリー部門」と、世界を目指すeスポーツプレーヤーの育成支援を目指す「チャレンジ部門」で開催されます。

こちらの「チャレンジ部門」として、2017年10月19~22日に中国・上海で開催される『eXTREMESLAND 2017』の日本代表を決定する予選トーナメントが実施となります。

日本予選には、ここ最近では最大となる64チームが出場。8チーム×4グループに別れてのオンライン予選トーナメントを実施し、各グループの1位チームがオフライン決勝大会に進出となります。

オンライン開催情報

  • 開催日: 2017年8月26日(土)、27日(日)17時~
  • トーナメント形式: 8チーム×4グループのシングルイルミネーション方式トーナメント
  • 試合形式: Best of 1
  • 予選通過条件: 各グループの1位チームがオフライン決勝に進出
  • ストリーミング配信: https://www.twitch.tv/galleria_gm

オフライン決勝開催情報

出場チーム

Group A

  • Japan TeamMISO [vs] Japan ALTERNATIV
  • Japan MagislisK [vs] Japan NKR gaming
  • Japan 5K gaming [vs] Japan SAQUATCHFABLIX
  • Japan ARANZAN [vs] Japan

Group B

  • Japan Inspire [vs] Japan SCARZ
  • Japan RiZE [vs] Japan 格が違う
  • Japan Fantastic4 [vs] Japan zxcv
  • Japan TeamBlackEye [vs] Japan TeamCerulean

Group C

  • Japan DetonatioN Gaming [vs] Japan ANNIHILATION
  • Japan Impulse Gaming Japan [vs] Japan KaMeHaMeHa
  • Japan ZXCV [vs] Japan DETONATOR
  • Japan WildCard [vs] Japan OUTLANDISH

Group D

  • Japan 古ヶ崎ファイターズ [vs] Japan Vendetta
  • Japan daTs [vs] Japan Revival clan
  • Japan 野良連合 [vs] Japan Astonish Gaming Integral
  • Japan SZ.Absolute [vs] Japan Rage Quit Everyday

グループAには先日開催された『ROG MASTERS 2017』2位の Japan TeamMISOや、古豪 Japan 鵺が割り振られています。

グループBはプロチーム Japan SCARZ、日本のトップメンバーで構成される Japan TeamBlackEyeやJapan zxcvが存在しています。

グループCには Japan DetonatioN Gaming、Japan Impulse Gaming Japan、Japan DETONATORと3つもプロチームが割り振られています。

グループDには、国内大会で優勝を総なめにしている本命 Japan SZ.Absloute、プロチームの Japan 野良連合がいます。


a

b

c

d

final

予選トーナメントはBest of 1なので、何が起きるかわかりません。
試合は、8月26日(土)、27日(日)の17時からスタート予定です。
より詳細な試合スケジュールは、情報元の特設サイトで確認することが出来ます。

大会の様子はTwitchでストーリーミング配信が予定されています。
実況・解説者の情報はいまのところ掲載されていませんでした。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 自動車メーカー大手「メルセデスベンツ」がeスポーツに参入、『ESL』主催大会のスポンサーに

esl

ドイツの自動車メーカー「メルセデスベンツ」が、世界最大のeスポーツカンパニー『ESL』とのスポンサー契約を締結しました。

メルセデスベンツが『ESL』主催大会のスポンサーに

今回のスポンサー契約により、メルセデスベンツは『ESL』が主催する複数のグローバルトーナメントをスポンサードしていきます。

ESLとメルセデスベンツがタッグを組む大会第一弾となるのは、2017年10月28~29日にドイツのハンブルクで開催される賞金総額100万ドルのDota 2大会『ESL One Hamburg 2017 Dota 2 Major』となります。

『ESL One Hamburg 2017』は2017-2018年シーズン最初のDota 2メジャー大会で、入賞順位に応じで高額な賞金にプラスして、2018年の公式世界大会『The International 2018』の招待チーム選定に使用されるポイントが付与されることから『Dota 2』ファンにとっては注目の大会となります。

自動車業界大手は、車の顧客層として開拓したい若者にリーチする方法として「eスポーツ」を活用し始めており、2017年1月に「Audi(アウディ)」が強豪プロチーム Denmark Astralis の一時的なスポンサードを発表。また、2017年5月には「スバル・アメリカ」がCS:GO大会『Subaru Invitational』を賞金総額2万ドルで開催しています。

Dr Jens Thiemer氏のコメント(Mercedes-Benz Passenger Cars, Vice President Marketing)

メルセデスベンツのスポーツに対する幅広い国際的な取り組みは、様々なターゲットグループの利害に対応することを可能とします。
メルセデスベンツブランドとして顧客との密接な関係を保ちながら共感を構築することで、その世界に受けいれていただくことが可能となります。

私たちは急速に発展するeスポーツを追ってきました。eスポーツに関与していくことで、既存スポーツにおけるスポンサー活動を補完しつつ将来を見据えながら非常に興味深い新たなターゲットグループにコンタクトしていくことが可能となります。

Ralf Reichert氏のコメント(ESL, CEO)

ESL初の自動車ブランドスポンサーとなるメルセデスベンツとのパートナーシップに興奮しています。このパートナーシップは、ESLだけでなくeスポーツ業界全体にとって重要なステップです。世界中のファンや選手達に向けたモビリティ・ソリューションを模索しながら、共にeスポーツを発展させ次のレベルに到達させることを可能とします。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『OpTic Gaming』CS:GO部門にFriberg、Allu、Magiskが加入

optic

『OpTic Gaming』CS:GO部門にFriberg、Allu、Magiskが加入したと発表されました。

『OpTic Gaming』CS:GO部門にFriberg、Allu、Magiskが加入

『OpTic Gaming』CS:GO部門にFriberg、Allu、Magiskが加入することは事前リークで情報が流れていましたが、今回正式にチームから発表が行なわれました。

先日、United States Cloud 9がラインナップの変更を行ない、その際に OpTic Gaming から United States Will "RUSH" Wierzba選手と United States Tarik "tarik" Celik 選手の2人が移籍となりました。

OpTic Gamingは新たなメンバーとして、元Ninjas in Pyjamasの Sweden Adam "friberg" Friberg 選手、元FaZe ClanのFinland Aleksi "allu" Jalli選手、元NorthのDenmark Emil "Magisk" Reif選手を獲得。以前はアメリカを中心とした構成でしたが、今回からヨーロッパをベースにしたインターナショナルチームとなりました。

各選手の前チーム脱退関連情報

OpTic Gaming CS:GO

  • Spain Óscar "mixwell" Cañellas
  • Sweden Adam "friberg" Friberg (ex-Ninjas in Pyjamas)
  • Finland Aleksi "allu" Jalli (ex-FaZe Clan)
  • Denmark Emil "Magisk" Reif (ex-North)
  • Canada Keith "NAF" Markovic (サブ)

新チームは『ESL Pro League Season 6』のアメリカ部門に引き続き出場予定で、8月23日(水)8時から United States Ghost Gamingと対戦します。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-08-21)、CS:GO 5周年

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

Release Notes for 8/21/2017

2012年8月21日に正式リリースされた『CS:GO』が5周年を迎えました。
特に大きなイベントはありませんが、5周年を記念しパーティーモードがオンになっています。

CSGO

  • CS:GO 5周年!パーティモードをオンにした

AUDIO

  • 全ユーザーを対象にデフォルトで非同期オーディオミキシングを有効にした。新たなデフォルト値として「snd_mix_async」が1、「snd_mixahead」が0.025に設定された。これらの変更により、いくつかのオーディオステップが削除され、より低レイテンシーでオーディオが再生されるようになった。

MISC

  • チームを切り替えた後に誤ったmolotovs/incendiary grenadeの価格がメニューに表示されてしまう問題を修正した
  • Convar「mp_ct_default_grenades」「mp_t_default_grenades」が適切に動作していなかったのを修正した
  • demolitionで最後の武器をCTで使えなくなる問題を修正した
  • ナイフを使用するとkillcount HUDが消えてしまう問題を修正した
  • CS:GO Profilを見ているときのCommunity Messageボタン機能を修正した
  • taserとナイフのアイコンが重なってしまうのを修正した

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『F1』の公式eスポーツ大会『Formula 1 Esports Series』が2017年9月からスタート

f1-espoFormula 1 Esports Seriesrts

モーターレース『F1』の公式eスポーツ大会『Formula 1 Esports Series』が2017年9月からスタートします。

Formula 1 Esports Series

『Formula 1 Esports Series』は、PC、Xbox One、PlayStation4で発売が予定されている公式ゲーム『F1 2017』を競技ゲームとして実施されるeスポーツ大会です。

大会は、ゲームの開発・パブリッシャーである「Codemasters」とeスポーツ大会運営団体会「Gfinity」の協力によって実施されます。

9月から実施される予選の上位40選手が、10月10~11日にイギリス・ロンドンの「Gfnity Arena」で行なわれるセミファイナルに進出。こちらでトップ20に入った選手達が、10月24~25日にアラブ首長国連邦の「2017 Formula 1 Etihad Airways Abu Dhabi Grand Prix(アブダビGP)」会場で行なわれる決勝大会に進出となります。

優勝者は2018年大会のセミファイナル出場権、2018年に開催されるF1グランプリ観戦への招待、次回作『F1 2018』にキャラクターとして登場する権利などを得ることが出来ます。

F1に詳しい方に教えていただいたのですが、現在のF1はシミュレーターでのトレーニングが積極的に行なわれており、レースゲームが上手いゲーマーの才能が高く評価されているとのこと。

『Red Bull 5G』レーシング部門のファイナリストたちが、「グラセンツーリスモ」のタイムアタックなどの課題を含むプロレーサー育成「GTアカデミー」の最終選考に残ったり、同アカデミー出身でゲーマーからプロF1レーサーとなったヤン・マーデンボロ選手などの事例があります。

今回のeスポーツ大会開催は、そのような才能発掘や若者に人気の「eスポーツ」大会を展開することで新たなF1ファンを獲得する狙いがあるのではないかと思います。

藤井ッターさん情報提供ありがとうございました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive レジェンドSnajdanが現役復帰、Gux、kHRYSTALたちとCS:GOチーム『Blank』に加入

CS:GO

スウェーデンのレジェンドプレーヤーの1人、Sweden Mattias "Snajdan" Andersen 選手が現役復帰し、Sweden Blank に加入したことが発表されました。

レジェンドSnajdanが現役復帰、Gux、kHRYSTALたちとCS:GOチーム『Blank』に加入

Snajdan選手は2001年からCounter-Strikeでの競技をスタートし、Sweden SK Gaming、United Kingdom 4Kings、Sweden Lions、Sweden Begrip Gamingなどの有名チームで活動したレジェンドプレーヤーの1人です。

2011年にプレーを終了してからは、2013年に一時的にCS:GOに復帰しましたがしばらくして活動停止。そして、31歳にして再びプレーをする決断を下しました。

チームメイトには、Counter-Strike1.6時代にSK Gamingでプレーした Sweden Gux 選手、kHRYSTAL選手を含め、様々なヨーロッパチームでプレーしてきたメンバーが名を連ねています。

Blank

  • Sweden Mattias "Snajdan" Andersen (ex-SK Gaming、Begrip Gaming)
  • Sweden Rasmus "Gux" Ståhl (ex-SK Gaming、Fnatic)
  • Sweden Mathias "pauf" Köhler (ex-GODSENT、Team Property)
  • Sweden Frej "kHRYSTAL" Sjöström (ex-SK Gaming、Lions)
  • Hungary Daniel "t3h f4rm3r" Börzsönyi (exLemondogs、Team Orbit)

当面は、所属チームを探しながら活動を行なっていくそうです。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive ムービー『GeForce CUP CS:GO Highlight Fragmovie』

geforce

2017年7月10日に開催されたCS:GO大会『GeForce CUP: CS:GO』のハイライトムービーがリリースされています。

GeForce CUP CS:GO Highlight Fragmovie

『GeForce CUP CS:GO Highlight Fragmovie』はRapidWorksのNo1t4minA氏が制作したムービーです。

大会で飛び出した素晴らしい数々が収録されており、フラグシーン間をつなぐカメラワークにも工夫が凝らされていてダイナミック感のあるムービーに仕上がっていました。
たくさんの選手によるシーンが採用されていたので、出場した選手は自分のプレーが選ばれているかチェックしてみてください。

ムービーの評価を見る・投票する "ムービー『GeForce CUP CS:GO Highlight Fragmovie』" »

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive FnaticのOlofmeisterがFaZe、dennisがGODSENTに移籍、アカデミーチームのGolden、Lekr0を加えて新体制に

olof

Sweden Fnatic がエース Sweden Olof "Olofmeister" Kajbjer選手の移籍を含むラインナップの大型変更について発表しました。

FnaticからOlofmeister、dennisが脱退、新体制へ

Sweden Olof "Olofmeister" Kajbjer選手の Europe FaZe Clanについては、事前にリーク情報が出ていましたが正式に発表となりました。

Olofmeister選手は移籍の理由について、チームでのモチベーションの低下や新たなチャレンジをしていきたいという思いがあったことを上げており、苦渋の決断の末にFnaticを去る事にしたとコメント。

Fnaticは2016年8月に内部的な問題が原因でチームが分断され、2017月2月に和解しましたが、やはり何か上手くいかない点があったのかもしれません。

Fnaticが公式サイトに掲載したOlofmeister選手を評価する紹介文が「Counter-Strikeを語る際にOlofmeisterの話題を避けるのは難しい。彼はFnatic、そしてeスポーツを象徴する存在であり、そのスキル、スター性、ファンとの関係性を通じてシーンを新たなレベルに引き上げることに貢献してきた」という非常に素晴らしいものでした。

dennis選手がGDDSENT移籍、Fnatic Academyからインゲームリーダ起用

また、合わせてSweden Dennis "dennis" Edman選手が Sweden GODSENTへ移籍。代わりに以前Fnaticに所属していた Sweden Jonas "Lekr0" Olofsson選手をSweden GODSENTから獲得しました。

さらに、Sweden Fnatic Academy の Sweden Maikil "Golden" Selim がトップチーム入りしインゲームリーダーに就任。アカデミーでコーチを担当していたSweden Andreas "Samuelsson" Samuelsson 氏がチームマネージャーとなりました。

Sweden GODSENTは、Sweden Markus "pronax" Wallsten 選手がサブメンバーとなり、Jacob "pyth" Mourujärvi 選手を『ESL Pro League Season 6』にスタンドイン起用することも発表しています。

Fnatic

  • Sweden Maikil "Golden" Selim (インゲームリーダー, Fnatic Academyから移籍)
  • Sweden Robin "flusha" Rönnquist
  • Sweden Jesper "JW" Wecksell
  • Sweden Freddy "KRiMZ" Johansson
  • Sweden Jonas "Lekr0" Olofsson (GODSENTから移籍)
  • Sweden Alex "Karus" Sağlamoğlu (サブ, 現Fnatic Academy)
  • Sweden Linus "Bååten' Andersson (サブ, 現Fnatic Academy)
  • Sweden Jimmy "Jumpy" Berndtsson (Coach)

GODSENT

  • Sweden Simon "twist" Eliasson
  • Sweden Joakim "disco doplan" Gidetun
  • Sweden Andreas "znajder" Lindberg
  • Sweden Dennis "dennis" Edman (Fnaticから移籍)
  • Sweden Jacob "pyth" Mourujärvi (Stand-in)
  • Sweden Markus "pronax" Wallsten (サブ)

FaZe Clan

  • Norway Håvard "rain" Nygaard
  • Denmark Finn "karrigan" Andersen
  • Bosnia And Herzegovina Nikola "NiKo" Kovač
  • Slovakia Ladislav "GuardiaN" Kovács
  • Sweden Olof "Olofmeister" Kajbjer (Fnaticから移籍)
  • Sweden Robert "RobbaN" Dahlström (Coach)

Olof "Olofmeister" Kajbjer選手のコメント

Fnatic、そしてファンのみなさん。人生における最高の3年間に感謝します。
熟慮した後に、Fnaticを脱退し Faze Clanと新たなチャレンジに取り組むことにしました。
勝利、経験、友人、ファン、すばらしい時間を与えてくれた愛するチームを去るのは大変難しい決断でした。

最後の数ヶ月はモチベーションを少し失っていたり、Fnaticに初めて加入した時のポジティブな緊張感を感じたりしていました。そのような感情を取り戻し、唯一出来る解決作は新しい何かに挑戦することでした。

私には感謝をお伝えしたい人たちがいます。まずは、いつも私を信じて自分とチームを支えてくれたFnaticのみんなです。
cArnは、ビジネスにおいて最高の組織を率いるこれまでにあった中で最高の人物です。
チームメイトたちは、現在も過去もすばらしい時間を過ごしプレーしてきました。

チームの6人目の選手であるファンの皆さん、みなさんがいなければすばらしいパフォーマンスをしたり、モチベーションを持ち楽しくプレーすることは決して出来ませんでした。みなさんが全てを価値あるものにしてくれたのです。

いつの日かFnaticに戻る事が出来るようにと願っていますが、いまはキャリアにおける新たしい章、FaZe Clanにてページを綴っていきます。興奮を伴う新たな始まりを楽しみにしています。

再び競技場でお会いしましょう。

Patrik "cArn" Sättermon氏のコメント(Chief Gaming Officer)

このような日にFnaticにおけるOlofの素晴らしい活躍を振り返らないのは無理というものです。いうまでもなく、私たちはゲーム内外の貢献について誇りに思うとともに感謝しています。

スウェーデン最高の才能の1人としてFnaticに加入し、絶対的なeスポーツ界のスーパースターへと成長していくのをフォローしサポートすることは個人的に非常にやりがいがありました

不満足な結果が続いていますが、私たちが熱望する新たな章が始まります。Counter-Strikeは常に変化しています。今回のメンバー変更がチームを競技の最高レベルに引き戻すものになると心から信じています。

新加入のGoldenは、長期にわたり空席となっているインゲームリーダーの役割を担います。責任重大ですが、チームを率いるのに立ちはだかる様々な課題に対して、チーム一丸となり全力でサポートしていきます。

この場を借りて、Olofのチームに対する貢献の全てに感謝します。私たちは、素晴らしいキャリアがこれからも続いていくことを楽しみにしています。また、新メンバーGoldenとマネージャーSamuelssonの加入を歓迎します。黄金("Golden" )時代の幕開けです。

Dennis 選手のコメント

信じられない旅のためにFnaticに加入して2年が経過しましたが、終わりを告げる時がやってきました。GODSENTで元チームメイトのTwist、Doplanとプレーすることを楽しみにしています。Fnaticでは、2017年1月の『ELEAGUE Major 2017』で共にセミファイナルまで進出しました。このラインナップにはポテンシャルがあり、これ以上を目指していきます! GODSENTでプレーするのを楽しみにしています。

Patrik "cArn" Sättermon 氏のコメント(Fnatic, Chief Gaming Officer)

Dennisが加入した2015年後半からCSGOの最も成功した時代がスタートし、わずか数ヶ月でFACEIT, EPL, SLTV, IEMの優勝を達成しました。

共に活動した時間に感謝します。彼のゲーミング・人生における今後について、大きなGLHFを贈りたいと思います。

Dennisのポジションに入るのは昨年から大いに成長し、とてつもないポテンシャルを秘めるLekr0にほかなりません。この加入がFnatic CS:GOの新たな成功を導くことを願っています。

Fnatic全員からDennisに再び感謝を伝えます。また、Lekr0のFnatic再加入を歓迎します!

関連

情報元

関連ニュース

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング