ニュース Topics

『ESL One Cologne 2015』CS:GO東アジア予選が7/4(土)14時より開催、日本代表DeToNatorが出場 『ESL One Cologne 2015』CS:GO東アジア予選が7/4(土)14時より開催、日本代表DeToNatorが出場

『ESL One Cologne 2015 CS:GO Major Championship』東アジアオンライン予選が7/4(土)14時より開催されます

ZOWIE GEAR FK2 ZOWIE GEAR FK2

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門より


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『ESL One Cologne 2015』CS:GO東アジア予選が7/4(土)14時より開催、日本代表DeToNatorが出場

ESL One Cologne 2015

ESL One Cologne 2015 CS:GO Major Championship』東アジアオンライン予選が7/4(土)14時より開催されます。

ESL One Cologne 2015 CS:GO Major Championship

『ESL One Cologne 2015 CS:GO Major Championship』は8月20~23日にドイツの競技場「LANXESS arena」にて賞金総額25万ドルで開催される大会です。

アメリカ、アジア、ヨーロッパの3エリアで予選が行なわれ、6/28に開催された日本予選で優勝した Japan DeToNatorが、7/4(土)にアジア予選のプレ予選として行なわれる東アジアオンライン予選に出場します。

東アジアオンライン予選

東アジアオンライン予選は、4ヶ国で開催された予選を勝ち抜いた代表チームが出場します。

出場チーム

  • Japan DeToNator - shoushi, akioni, arukaS, impalement, norisen
  • Korea myRevenge.Kr - BBaSe, hsk, maverick, Sound, Sunbi, X1gN
  • Hong Kong Hong Kong Esports - hazy, master, Ming, rite2ace, zki
  • Taiwan ZAC Gaming - chrrriiiiiiiiiiis, CLoudace, HaCky, Hermana

対戦組み合わせ・スケジュール (日本時間)

セミファイナル (Best of 3)

  • 7/4(土)14時~ Japan DeToNator [vs] Korea myRevenge.Kr
  • 7/4(土)14時~ Hong Kong Hong Kong Esports [vs] Taiwan ZAC Gaming

ファイナル (Best of 5)

  • 7/4(土)16時~

ストリーミング配信

  • 実況: Japan dAicON
  • 解説: Japan [NUE] taka193

東アジアオンライン予選はシングルイリミネーション方式トーナメントで対戦を行ない、優勝チームが7月18日(土)、19日(日)にマレーシアで開催されるアジア予選に出場する権利を獲得することが出来ます。

アジア予選

マレーシアにてオフラインで開催されるアジア予選には、各エリア予選を勝ち抜いた7チーム、自薦で招待出場権を獲得した1チームを併せた計8チームの出場で行なわれます。

アジア予選出場チーム

  • オセアニア ×2
  • 中国
  • 東アジア
  • 東南アジア
  • インド
  • マレーシア
  • 自薦チーム

アジア予選の上位2チームが、8月にドイツで開催される本戦への出場権を得ることが出来ます。

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

DOTA 2 Dota 2大会『Japan Dota Cup Season 5』Day1が7/4(土)20時より開催

Japan Dota Cup Season 5

Dota 2大会『Japan Dota Cup Season 5』Day1が7/4(土)20時より開催されます。

Japan Dota Cup Season 5

『Japan Dota Cup Season 5』は、16チームの出場で開催されるオンラインのDota 2 トーナメントです。

スケジュール

7月4日(土)

  • 20:00 Winner’s Bracket Round 1
  • 21:00 Winner’s Bracket Round 2 / Loser’s Bracket Round 1
  • 22:00 Winner’s Bracket Round 3 / Loser’s Bracket Round 2

7月5日(日)

  • 20:00 Loser’s Bracket Round 3
  • 21:00 Loser’s Bracket Round 4
  • 22:00 Winner’s Bracket Final

7月11日(土)

  • 20:00 Loser’s Bracket Round 5
  • 21:00 Loser’s Bracket Final

7月12日(日)

  • 20:00 Grand Final

出場チーム

  • Japan Bears Pride - @IttyaDota, i_3521, yahoomi, 千里, sakiryou
  • Japan Arashi’s | Finest - 嵐 | CreeEkzjR| C149P, waka waka, F.R|m², [S]hinon♪, KyoYaは戦わない, plongskie
  • Japan RanzenoIkioiTomaRanze! - pZAXNYANqω<*゜), taisei@ikutyan ranze oshi, ume, enemy, ムーヌ
  • Japan Japeenoise - RCKLSS, Koshi, Akira, Riki, Yaku
  • Japan delta2 - mazda, ICHIRO, Maron, Mercedes, HONDA
  • Japan Epic Panic Poodle - banapa, masafumi, Neyo, Bugsystem, Amazing KENJI
  • Japan Gnj`s Revenge - Kin-chan, Mima, gnji*, yOuR.HiGhNeSss, walang forever
  • Japan Team Omakase~ - puru, nubao, Lui, 1jap, zayaku
  • Japan CrownCrow - MarusuMan, Suan, baseballdogs, toyomaru, gorori, tamaryo
  • Japan GaMeR`s LiFe - Yami, GameAnimeHunter, Venti, paopao[JPN], GenoPsydE
  • Japan FOR.V - Krr, Freddy, FrozenDragon, 龍., Masahiro, 不周
  • Japan DeToNator - dohteloff, heromu, Ryuya, maiki, STABA
  • Japan ojisan - ホーミングおじさん, uyori, CQCおじさん, バレーボールおじさん, ムチおじさん, 豹変おじさん, 力負けおじさん
  • Japan 4napkin+captain potty - 0Maru, Halzi0n, fuu, hagikun, suimin
  • Japan Team Open - Chocorental, sinoby, mafia, shinshiari, Rax, zesuran
  • Japan wakaranaiyo - homehome, z, N1ne`3, AAA, 餃子, xym

トーナメント表

大会はダブルイリミネーション方式トーナメントで進行され、決勝のみBest of 3、その他試合は Best of 1 で進行されます。

初日は勝者側1~3回戦と敗者側1~2回戦が実施されます。

観戦

試合はTwitchおよびゲーム内クライアントのDota TVで観戦可能となります。
Dota TVでの観戦には、下記の観戦チケットアイテムの購入が必要です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『ESWC 2015 CSGO』の出場チーム変更、Team Kinguinに代わりSK Gamingが出場へ

2015年7月9日~12日にカナダのモントリオールで開催される『ESWC 2015 CSGO』の出場チーム変更が明らかにされました。

ESWC 2015 CSGO

『ESWC 2015 CSGO』は5大陸から16チームが出場し、カナダで開催されます。

先日、同大会に出場を予定していた Europe Team Kinguin がラインナップの変更を発表しましたが、『ESWC 2015 CSGO』のルール(pdf)では、本戦初日のメンバーを変更することが出来ないことが規定されており、 Europe Team Kinguin はこのルールに反する事から出場権を失うことになってしまいました。

代わりに出場するのは、下記の通り Denmark SK Gamingとなります。

出場チーム

  • Sweden Ninjas in Pyjamas - friberg, GeT_RiGhT, f0rest, Xizt, allu
  • France Team EnVyUS - shox, kioShiMa, NBK, SmithZz, Happy
  • Ukraine Natus Vncere - Zeus, Edward, GuardiaN, seized, flamie
  • United States Cloud9 - sg@res, n0thing, fREAKAZOID, Skadoodle, shroud
  • Brazil Keyd Stars - FalleN, steel, zqkS, fer, boltz
  • Australia Renegades - Spunj, Havoc, Yam, AZR, jks
  • United States Team Liquid - adreN, nitr0, FugLy, EliGE, flowsicK
  • China QeeYou - advent, aumaN, MoriartyS, zhonG, Reaction
  • Portugal Bravado Gaming - Detrony, deviaNt, racno, Lighter, Flarez
  • United States Counter Logic Gaming - reltuC, Hazed, ptr, tarik, FNS
  • United States Luminosity Gaming - pyth, anger, ptr, NAF-FLY, LeX
  • Denmark SK Gaming - HUNDEN, Acilion, Friis, TENZKI, SandeN
  • France Titan - kennyS, RpK, Ex6TenZ, Maniac, apEX
  • Ukraine FlipSid3 Tactics - B1ad3, bondik, WorldEdit, markeloff, s1mple
  • France LDLC White - bodyy, Fuk5, to1nou, DEVIL, matHEND
  • Canada ESWC Canada 優勝チーム

最後の出場チームを決定するカナダ予選は、7/5に「Montreal Comic Con 2015」にて実施され、事前のオンライン予選を勝ち抜いたチームが参加となります。

情報元

関連ニュース

League of Legends プロゲームチームDetonatioNが機密保持契約違反による選手の解雇を発表、当人と出場大会に見解を質問

DetonatioN

日本のプロゲームチーム Japan DetonatioNが、6月28日にLeague of Legends 部門 Detonation FocusMeのメンバー変更を発表しました。

League of Legends 部門 Detonation FocusMeのメンバー変更を発表

チーム公式サイトでは、Korea MKZに所属していたKorea Kim "Procxin" Se-Young選手(Jungle担当)の加入、Support担当の Korea Hwang "Hwang" Youngsik選手の脱退、そして Japan Zenith選手の解雇が発表されました。

解雇に関する発表を公式サイトより引用します。

先日、加入を発表させていただきましたZenith氏ですが、重大な契約違反がありましたため、当チームから解雇することとなりました。
本違反行為は、本契約締結以前のものでありますが、その責任を追及すべくチームDetonatioNとしての対応が決まっていなかった為、皆様への発表が遅れましたこと、お詫び申し上げます。

Zenith氏におきましては、当チームのSupportとなるべく、その加入をたいへん喜ばしく迎えさせて頂きました。近い将来(LJL2015 S2)においてスターターとしてゲーミングハウスに迎えるべく準備をしておりましたが、その矢先、Zenith氏の『情報漏えい』が発生しました。

他チーム関係者(現在はチームから離脱)にPC版LINEにおいて当チームの選手事情・運営内情および次試合のPick/Banなどの情報をPC版LINEのトークで提供していた様子が、Zenith氏その本人の配信画面に掲載されました。
配信はその場で停止し、その録画を削除しましたが、既にその様子はスクリーンショットなどのキャプション画像で残って居た為、本人へ事情を確認しましたところ、当人がこれらの『情報漏えい』を認めたものです。

当チームに対しての著しい不利益行動および他チームへの迷惑行為など、プロスポーツシーンにあるまじき行動であった為、チームDetonatioNは、該当選手であるZenith氏との正式契約を破棄・解雇することを決定いたしました。

from DetonatioN LoL部門 : DFM メンバー変更のお知らせ | DetonatioN

この後、この件に関連するチーム等から新たなアナウンスがあるかと思いましたが、特に続報が無かったため、試合というのが公式大会なのか、その場合、対戦相手が事前にゲームプランを知り得た状態で試合に挑んでいたことになるのかなどの疑問について確認を行なうことにしました。

まずは、解雇となってしまったZenith氏にSNSでコンタクトを取り事実確認についてお願いしたところ、協力していただくことができました。また、そこからわかった事実に関連して『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』にも質問をさせていただきました。

Zenith氏、『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』への事実確認結果

他チーム関係者への情報伝達は事実
まず、Zenith氏に今回チームが発表した内容、そしてDetonatioNのチーム内部情報や、次の試合でのPick/Ban計画を伝えたことについて事実かどうかを確認したところ、これらは事実であり、チームが行なった解雇措置についても了承したものであるのとの回答でした。

情報を伝えたのは2チームの関係者
他チームの関係者に情報を伝えたのは計2チームで、それぞれチームの内部情報を伝えたのが1チーム、Pick/Ban等の試合に関する情報を伝えたのが1チーム。両チーム共に『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE Season 2』の出場チームとのことです。
※チーム名の掲載は見合わせました

金銭のやり取りや、第三者からの依頼は無し
まず発表を読んだ時に受けた印象は「スパイ行為」であり、他チームが勝利するために結託して情報をやりとりしているのではないかというものでした。

この点について確認したところ、依頼を受けたり、金銭的な報酬を得て情報を伝えた事実はなく、Zenith氏個人の意志によって行なった行為とのことです。

情報を伝えることで特定のチームを有利にしようという意図もなかったとのことで、では具体的になぜそのようなことをしてしまったのかという質問については回答を得られませんでした。

『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』の調査結果
情報を伝えたのが共に『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』出場チームの関係者で、公式試合前にゲームプランに関する情報が対戦チームに伝わっていたことに関して運営サイドはどのような判断・対応をするのかについて、問い合わせを行ないました。

リーグを運営する株式会社SANKOによると、本件についての情報が入った時点でチームと当該選手に聞き取り調査を行い、結果としてLJLの公平性を欠くような情報漏洩や八百長行為を証明するような事実はないと判断したとのこと。

Season2は現在までにRound8までが終了しており、7/4(土)にRound9、7/11(土)に最終戦となるRound10が実施となる予定です。

最後に
今回、Zenith氏、株式会社SANKO共に急な問い合わせにも関わらず丁寧に対応していただきました。

質問してわかったのは上記のような結果ですが、個人的には本件のようなことがプロリーグで行なわれていたことはかなりの問題であるという認識です。

内部調査の結果問題が無かったという判断については報告があった方が良かったと思いますし、情報を受け取っていたチームもその当事者はチームを去ったから関係なしというのではなく、同じく何らかのアナウンスをするべきなのではないでしょうか。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO大会『ESL ESEA Pro League Season 1 Finals』Day2 準々決勝が7/3(金)23時より開始

ESL ESEA Pro League

CS:GO大会『ESL ESEA Pro League Season 1 Finals』Day2が7/3(金)23時より開始予定です。

ESL ESEA Pro League Season 1 Finals

『ESL ESEA Pro League Season 1 Finals』には、アメリカ、ヨーロッパの2部門に別れた実施されたシーズンの成績上位4チームずつ、計8チームが出場して行なわれています。

出場チーム

  • Sweden Fnatic - pronax, olofm, flusha, JW, KRiMZ
  • Poland Virtus.pro - TaZ, Neo, pasha, Snax, byali
  • Denmark Team SoloMid - karrigan, cajunb, Xyp9x, dupreeh, device
  • France Team EnVyUs - shox, kioShiMa, NBK, SmithZz, Happy
  • United States Cloud9 – sg@res, n0thing, fREAKAZOID, Skadoodle, shroud
  • Brazil Keyd Stars – FalleN, steel, zqkS, fer, boltz
  • United States Luminosity Gaming – pyth, anger, ptr, NAF-FLY, LeX
  • United States Counter Logic Gaming – reltuC, Hazed, ptr, tarik, FNS

賞金

  • 1位: $100,000
  • 2位: $60,000
  • 3-4位: $25,000
  • 5-6位: $12,500
  • 7-8位: $7,500

ストリーミング配信

実況配信

POV1

POV2

POV配信では、各チーム内でのボイスコミュニケーション付きで試合を観戦できます。
世界のトップチームがどのようなやり取りをしながらゲームをしているかを知ることが出来ますので、非常に参考となります。

グループステージ

Group A

  • 2勝0敗: Poland Virtus.pro [準決勝進出]
  • 1勝1敗: United States Cloud9 [準々決勝進出]
  • 1勝1敗: France Team EnVyUs [準々決勝進出]
  • 0勝2敗: United States Luminosity Gaming

Group B

  • 2勝0敗: United States Counter Logic Gaming [準決勝進出]
  • 1勝1敗: Brazil Keyd Stars [準々決勝進出]
  • 1勝1敗: Sweden Fnatic [準々決勝進出]
  • 0勝2敗: Denmark Team SoloMid

グループステージは、2グループに別れてダブルイリミネーション方式トーナメントで進行され、1位チームが決勝トーナメントの準決勝に進出。2~3位チームが準々決勝に出場となりました。

試合結果

  • A1 United States Luminosity Gaming [04-16] Poland Virtus.pro (de_cobblestone)
  • A2 United States Cloud9 [16-13] France Team EnVyUs (de_cache)
  • B1 Sweden Fnatic [12-16] United States Counter Logic Gaming (de_mirage)
  • B2 Brazil Keyd Stars [16-12] Denmark Team SoloMid (de_inferno)
  • A Winners Poland Virtus.pro [16-10] United States Cloud9 (de_overpass)
  • A Losers United States Luminosity Gaming [07-16] France Team EnVyUs (de_dust2)
  • B Winners Brazil Keyd Stars [vs] United States Counter Logic Gaming
  • B Losers Sweden Fnatic [16-14] Denmark Team SoloMid (de_overpass)

スケジュール (日本時間)

トーナメント表

準々決勝

  • #1 France Team EnVyUs [0-2] United States Cloud9
    • France Team EnVyUs [12-16] United States Cloud9 (de_overpass)
    • France Team EnVyUs [12-16] United States Cloud9 (de_inferno)
  • 7/4(土)02:20~ #2 Sweden Fnatic [vs] Brazil Keyd Stars

準決勝 (2015年7月4日(土)21:45~)

  • United States Counter Logic Gaming [vs] United States Cloud9
  • Poland Virtus.pro [vs] 準々決勝#2の勝者

決勝

  • 2015年7月5日(日)23:15~

準々決勝は Best of 3 形式で実施となります。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2015』の賞金総額が1,500万ドル(約18億円)を突破、eスポーツの歴代最高賞金額記録を更新中

The International Compendium 2015

2015年8月3~8日に開催されるDota2公式世界大会『The International 2015』の賞金総額が1,500万ドルを超えています。

※$15,000,000 = 約18.50億円 , $1=123.51円

The International 2015

『The International 2015』は今年で5回目となるValve主催のDota 2公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドルで、デジタル観戦チケット等を含むゲーム内アイテム「The International Compendium 2015」や特定アイテムが購入されるごとに、売上の25%が大会の賞金総額に上乗せされる仕組みとなっています。

賞金が目標額に到達する度にゲーム内アイテム等が手に入る「ストレッチリワード」は1,500万ドル分まで用意されていましたが、今回この目標に到達。賞金総額はさらに増加を続けています。

Dota 2 Prize Pool Tracker」というサイトでは、日々の増額を昨年と照らし合わせながら参照することが出来できます。

賞金

eスポーツ史上最高賞金総額の記録を更新中

これまでの単一トーナメントでの最高賞金総額は、2014年に開催されたDota 2世界大会『The International 4』の$10,931,103でした。

この金額に到達するまでに昨年は約73日を要しましたが、今年は約半分の35日で記録を上回り、以降最高賞金総額の記録を更新し続けています。

賞金総額ランキング

  • 1位: The International 2015 (DOTA2) – $15,000,000 以上 (記録更新中)
  • 2位: The International 4 (DOTA2) – $10,931,103
  • 3位: The International 3 (DOTA2) – $2,874,407
  • 4位: Smite World Championship 2015 – $2,612,260
  • 5位: League of Legends 2014 World Championship – $2,130,000

ちなみに、上位4大会はゲーム内アイテムを購入する毎に売上の一部が大会賞金額に配分される仕組みを導入しています。この分の増加を除けば、『League of Legends 2014 World Championship』が1位となります。

『The International 2015』の賞金増額は大会終了までが対象期間となる予定です。
このまま1,600万ドルに到達すれば、基本賞金総額160万ドルが10倍に膨れあがることになります。

本戦出場チーム

招待

  • China Vici Gaming - Hao, Super, iceiceice, Fenrir, fy
  • United States Evil Geniuses - Fear, Suma1L, UNiVeRsE, Aui_2000, ppd
  • Europe Team Secret - Arteezy, s4, zai, KuroKy, Puppey
  • China Invictus Gaming - BurNIng, Ferrari_430, Luo, ChuaN, Faith
  • China LGD Gaming - Sylar, Maybe, Yao, xiao8, MMY!
  • Europe Cloud9 - EternaLEnVy, FATA-, bOne7, BigDaddy, MiSeRy
  • Russia Team Empire - Silent, Resolut1on, yoky, ALOHADANCE, ALWAYSWANNAFLY
  • Russia Virtus.pro - Illidan, God, DkPhobos, fng, Lil
  • China Newbee - Rabbit, Mu, June, Banana, SanSheng
  • Malaysia Team Malaysia - kYxY, Kecik Imba, Ohaiyo, JoHnNy, Mushi

予選

  • United States compLexity Gaming - Zyzzy, swindlemelonzz, MoonMeander, Simbaaa, Zfreek
  • China EHOME - Yang, Cty, rOtK, LaNm, DDC
  • Ukraine Natuce Vincere - XBOCT, Dendi, Funn1k, ArtStyle, SoNNeikO
  • Korea MVP.Hot6ix - Forev, MP, SunBhie, Heen, JerAx
  • World ワイルドカード予選 通過チーム
  • World ワイルドカード予選 通過チーム

Teams

ワイルドカード予選出場チーム

  • China CDEC Gaming - 中国予選 2位
  • United States North American Rejects - アメリカ予選 2位
  • Russia Vega Squadron - ヨーロッパ予選 2位
  • Korea MVP.Phoenix - 東南アジア予選 2位

ワイルドカード予選はリア予選の各2位チームが出場し、本戦会場にて残り2つの出場枠をかけて実施されます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO大会『ESL ESEA Pro League Season 1 Finals』本日7/2(木)より開幕

ESL ESEA Pro League

CS:GO大会『ESL ESEA Pro League Season 1 Finals』が7月2日(木)~5日(日)に開催されます。

ESL ESEA Pro League Season 1 Finals

『ESL ESEA Pro League Season 1 Finals』には、アメリカ、ヨーロッパの2部門に別れた実施されたシーズンの成績上位4チームずつ、計8チームが出場して行なわれます。

Finalsの会場はドイツのケルンにあるESL Stadio、賞金$250,000で実施となります。

出場チーム

  • Sweden Fnatic - pronax, olofm, flusha, JW, KRiMZ
  • Poland Virtus.pro - TaZ, Neo, pasha, Snax, byali
  • Denmark Team SoloMid - karrigan, cajunb, Xyp9x, dupreeh, device
  • France Team EnVyUs - shox, kioShiMa, NBK, SmithZz, Happy
  • United States Cloud9 – sg@res, n0thing, fREAKAZOID, Skadoodle, shroud
  • Brazil Keyd Stars – FalleN, steel, zqkS, fer, boltz
  • United States Luminosity Gaming – pyth, anger, ptr, NAF-FLY, LeX
  • United States Counter Logic Gaming – reltuC, Hazed, ptr, tarik, FNS

賞金

  • 1位: $100,000
  • 2位: $60,000
  • 3-4位: $25,000
  • 5-6位: $12,500
  • 7-8位: $7,500

ストリーミング配信

実況配信

POV1

POV2

POV配信では、各チーム内でのボイスコミュニケーション付きで試合を観戦できます。
世界のトップチームがどのようなやり取りをしながらゲームをしているかを知ることが出来ますので、非常に参考となります。

グループ分け

Group A

  • United States Cloud9
  • Poland Virtus.pro
  • United States Luminosity Gaming
  • France Team EnVyUs

Group B

  • Sweden Fnatic
  • Brazil Keyd Stars
  • Denmark Team SoloMid
  • United States Counter Logic Gaming

スケジュール (日本時間)

  • 2015年7月2日(木)

    • A1 United States Luminosity Gaming [04-16] Poland Virtus.pro (de_cobblestone)
    • A2 United States Cloud9 [16-13] France Team EnVyUs (de_cache)
    • B1 Sweden Fnatic [12-16] United States Counter Logic Gaming (de_mirage)
    • 23:50 B2 Brazil Keyd Stars [vs] Denmark Team SoloMid
  • 2015年7月3日(金)

    • 01:00 A Winners Poland Virtus.pro [vs] United States Cloud9
    • 02:00 A Losers United States Luminosity Gaming [vs] France Team EnVyUs
    • 03:00 B1 Winner [vs] B2 Winner
    • 04:00 B1 Loser [vs] B2 Loser
    • 21:45~Showmatch
    • Quarter-final #1
    • Quarter-final #2
  • 2015年7月4日(土)21:45

    • Showmatch
    • Semifinal #1
    • Semifinal #2
  • 2015年7月5日(日)23:15~

    • Showmatch
    • Grand Final

『Season 1 Finals』では8チームが2グループに別れてダブルイリミネーション方式トーナメントで予選を実施。1位チームが決勝トーナメントの準決勝に進出。2~3位チームが準々決勝に出場となります。

試合は上記のTwitchチャンネルから観戦可能です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GOチーム Team KinguinからSKYTTENが脱退、dennisが正式メンバーとして加入

dennis

Europe Team Kinguinがラインナップの変更を発表しています。

Team KinguinからSKYTTENが脱退、dennisが正式メンバーとして加入

Team Kinguinは、インゲームリーダーを務めるAlexander "SKYTTEN" Carlssonがロール変更を希望していることから6月末でチームを去る事を発表。

その後は、Sweden Dennis "dennis" Edman 選手をヘルプとして起用し『ESL Cologne Online Qualifier』に挑みました。この予選での活躍が評価され、dennis選手がチームとの正式契約を勝ち取ることになりました。

Mikail "Maikelele" Bill 選手のコメント

親友のSKYTTENを放出する事は私にとってハードなことでした。私たちは約3年ほど共にプレーしているので、この決定はより難しいものでした。

本日、私たちは新たなメンバーとして最も荒々しいプレーヤーの1人であるdennisを紹介します。チーム全員が彼の才能を知っており、dennisがその経験とチームの成功に必要とされる攻撃力をもたらしてくれると信じています。

私たちはチームに関する全てのポジティブなコメントを見てうれしく思っています。そして、将来的にさらに多くのコメントを見ることが出来ることを願っています。

Team Kinguin

  • Sweden Mikail "Maikelele" Bill
  • Norway Håvard "rain" Nygaard
  • Belgium Adil "ScreaM" Benrlitom
  • Portugal Ricardo "fox" Pacheco
  • Sweden Dennis "dennis" Edman

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) メディアカンパニー「MTG」が世界最大のeスポーツリーグ『ESL』運営会社の株式74%を約100億円で取得

MTG × ESL

スウェーデンのメディアカンパニー「Modern Times Group(MTG)」が世界最大のeスポーツリーグ『Electronic Sports League(ESL)』を展開するTurtle Entertainment社の株式74%を取得したと発表しました

メディアカンパニー「MTG」がTurtle Entertainment社の株式74%を取得

「MTG」によるTurtle Entertainment社の買収については、スウェーデンのメディア「Breakit.se」が2015年4月に独自に得た情報を元にその計画の存在を報じていました。

そして今回、「MTG」がTurtle Entertainment社の株式74%を取得したことを明らかにしました。

主な内容

  • Turtle Entertainment社の株式74%を7,800万ユーロ(約106億円、1ユーロ=136.41円)の現金で取得
  • ESLの創設者Ralf Reichert氏とマネジメントチームが残りの26%の株式を所有
  • Turtle Entertainment社は今後も独立した会社として運営を継続

ESLが展開するサービスについては基本的には現在と同様に行なわれ、MTGのメディアネットワークと連動してさらに多くの人々にその魅力を伝えていくことになります。

Ralf Reichert氏のコメント(ESL 創設者、CEO)

私たちが15年前にESLを設立した時の目標は、eスポーツを世界中のファンに届けグローバルなスポーツとして確立することでした。

本日、eスポーツは世界的に認知され楽しまれています。そして今、MTGと共にeスポーツは次のレベルに引き上げる時がやってきました。

私たちは、スポーツに対する私たちの熱狂を共有し、夢を実現するための企業家的なコミットメントをもたらすMTGとパートナーとなったことに興奮しています。

MTGが100ヶ国以上で展開する幅広いネットワークは、ESLとeスポーツを世界中のより多くの場所に広めることに役立ちます。

ESLリーダーシップチームは、これからの長きに渡りMTGと共にeスポーツ産業全体を加速的に発展させていくことについて興奮しないはずがありません。

Jørgen Madsen Lindemann氏のコメント

MTGはスポーツとそのファンを愛しています。

MTGのテレビチャンネルとプラットフォームは、世界の主要なスポーツブランドのホームであり、主に若者達によって視聴されています。

eスポーツは若者の間で最も視聴され、情熱が追従するグローバルなスポーツカテゴリの一つになっています。

伝統的なスポーツファンのように、世界中には多くのゲーマーがいます。eスポーツは2014年において、熱狂するファンの数がアイスホッケーに匹敵するほどでした。

しかしながら、2014年の平均収益額は伝統的スポーツの$56に対し、eスポーツは$2でした。このグローバルな現象には、相当なポテンシャルがあります。

今回の投資は、MTGのデジタル展開の鍵となるマイルストーンです。

私たちはグローバルeスポーツコミュニティを成長させるために、才能あふれるTurtle Entertainmentチームと共に取り組んでいくことをたのしみにしています。このeスポーツというエキサイティングなコンテンツを、オンラインとテレビで利用出来るようにしていきます。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2015-06-30)

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2015-06-30)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 6/30/2015

AUDIO

  • in-eyeで観戦している時の足音を静かにした
  • 新しいOverwatch kill通知サウンドを追加

MISC

  • コントローラーで自動aimingを使用できてしまう古いコードを利用不可にした
  • 巨大なインベントリを持つプレーヤーのパフォーマンスを最適化した
  • 実行が許可されないコードを利用出来てしまういくつかのexploitを修正した
  • GOTVデモに player_hurt イベントを追加した
  • Baggage CollectionとCobblestone Collectionsに説明テキストを追加した

情報元

関連ニュース

スポンサードリンク

SteelSeries

Razer

ZOWIE GEAR

ROCCAT

ARTISAN

EIZO

Gunnar

MadCatz

G2A

注目ニュースランキング