eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship』が賞金総額25万ドルで2014年8月に開催決定

ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship

賞金総額25万ドルのCounter-Strike: Global Offensive大会『ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship』が2014年8月14~17日に「Gamecom 2014」で開催されることが発表となりました

ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship

『ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship』は、「Electronic Sports League (ESL)」が主催するCounter-Strike: Global Offensive大会です。

  • 開催日: 2014年8月14~17日
  • 開催地: Gamecom 2014 (ドイツ・ケルン)
  • 出場チーム数: 16 (招待×8、ヨーロッパ×6、アメリカ×1、オセアニア/オーストラリア×1)
  • 賞金総額: 25万ドル(約2,545万円, $1=101.83円)

『ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship』には、2014年3月13~16日にポーランドで開催された『EMS One Katowice CS:GO Championship』でベスト8入りした8チームが招待チームとして出場が確定。

さらに、3つのエリアで開催される予選を勝ち抜いた8チームをプラスした、計16チームの参加で実施となります。

招待チーム

  • Poland Virtus.pro
  • Sweden Ninjas in Pyjamas
  • Sweden Team Dignitas
  • Sweden TEAMGLOBAL (former LGB eSports)
  • United States compLexity Gaming
  • Ukraine HellRaisers
  • France Team LDLC.com
  • Sweden Fnatic

Ulrich Schulze氏のコメント(ESL, anaging Director Pro Gaming)
私たちは、ポーランド・カトヴィツェのスリリングなイベントの後に、コミュニティファンドによる賞金プールを伴うトーナメントを再び開催することに興奮していいます。

現在、eスポーツは適切な素晴らしい場所となっており、コミュニティも同じく成長しています。競技ゲームにおける最高のショーケースを再び提供する機会をうれしく思います。世界最大のゲーミングイベントであるgamescomは、世界中から集まる最高のCS:GOチームをホストするのにベスト場所であり、ESLはそこでトーナメントを開催することを楽しみにしています。

Alexander Nehr (ESL, Product Manager)
ポーランド・カトヴィツェのファイナルで見たように、Virtus.proとNinjas in Pyjamasがドイツ・ケルンでも注目を集めるようになるのは本当に素晴らしいことです。

コンスタントにゲームプレーを向上させ、対戦相手をおびやかすTeam Dignitas や HellRaisersのような刺激的なチームをトーナメントで見ることができるのもファンタスティックです。

どのようなチームが来たる予選で勝ち抜くのかを見ることを待ちきれません。あなたは、このトーナメントを見逃すことは出来ません。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar これ誰の乳首ー?俺のー! says:

    腕毛w