eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:GOチーム「Questionmark」が投資家の支援を受け独自組織「Astralis」を設立、給与や内部を公開する「透明」方針で活動

Astralis

CS:GOチーム「Questionmark」が独自運営組織「Astralis」を設立して活動していくことを発表しました。

CS:GOチーム「Questionmark」が「Astralis」として活動開始

「Questionmark」が独自運営チーム「Astralis」に

2015年12月より Denmark Questionmarkとして活動する世界トップクラスのCS:GOチームが、2016年よりチーム組織に所属するのではなく独自組織 Denmark Astralis を結成しての運営になることが発表されました。

エンジェル投資家、ベンチャーキャピタルが支援

Denmark Astralisにはまだ固定のスポンサーはいませんが、立ち上げはベンチャーキャピタル「Sunstone Capital」とエンジェル投資家「Tommy Ahlers」氏の支援によって実現しているのとのことです。

2015年、メンバーは Denmark Team SoloMid に所属して活動していましたが、2016年の活動方針が異なることを理由に契約を終了。

その後、チームは後ろ盾がない状況で Denmark mTwに移籍金を支払いレジェンド Denmark Danny “zonic” Sørensen氏をコーチとして獲得しており、どこから資金が出ているか謎でしたがその実体が今回明らかになりました。

チームは「透明な運営」を方針に活動

Astralisは「透明な運営」を方針として活動していくことを表明しており、特に下記の2点を強調しました。

  • 所属選手達は、チームから受け取る報酬内容(給与、ゲーム内ステッカーアイテムの販売報酬、賞金やストリーミング配信の分配金額など)を公開することを禁じずむしろ推奨する
  • 選手達は「Astralis」の共同オーナーである。プレーヤーは組織の成長に不可欠な存在と考えており、選手達も会社の株主として活動する。

チームの創設者であるFrederik Byskov氏は、可能な限りの組織情報を公開し透明運営を行う事が、ファンとの関係性構築、新たな才能の獲得、業界の安定性を確保する手助けになると信じているとコメントしています。

Finn “karrigan” Andersen選手のコメント

このプロジェクトについて最初に聞かされた時、私たちはeスポーツの歴史に自分たちの足跡を残す素晴らしいチャンスであると思いました。

私たちは短期的な利益や愛するゲームで長期的な活動を継続出来る何かを構築できると信じ無数の中からこのオファーを選びました。

メンバー

  • Denmark Rene “cajunb” Borg
  • Denmark Finn “karrigan” Andersen
  • Denmark Nicolaj “devve” Reedtz
  • Denmark Peter “dupreeh” Rasmussen
  • Denmark Andreas “Xyp9x” Højsleth
  • Denmark Danny “zonic” Sørensen (Coach)

ちなみに、Counter-Strike1.6で過去にフィンランドのトップチームが astralis として活動を行なっていたことがありますが、今回のチームとは無関係と思われます。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!