eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ESL Pro League 2016』が2シーズン制、賞金総額150万ドル(約1.7億円)で開催

ESL Pro League

CS:GO大会『ESL Pro League』が2シーズン制、賞金総額150万ドル(約1.7億円)で2月より開催となることが発表されました。

『ESL Pro League 2016』が賞金総額150万ドルで開催

2015年は『ESL ESEA Pro League』として賞金総額100万ドルで開催された同大会が、今年はさらにパワーアップし賞金を50万ドル上積みして実施されることが明らかになりました。

今回のタイトルは伝統の『ESL Pro League』となっており、タイトルからは『ESEA』が外されています。

同大会は2シーズン制で開催され、1シーズン当たりの総額は75万ドル。
ヨーロッパとアメリカの2エリアで2016年2月8~14日の間に開催され、4月25~30日(最終週)までの上位チームが大規模なLANファイナルで優勝を競い合います。

出場チーム

出場チームは基本的に招待となっており、各エリアに1チームずつワイルドカード出場枠が用意されています。

Europe

  • Sweden Fnatic
  • Ukraine Natus Vincere
  • Denmark Astralis
  • France Team EnVyUs
  • France Titan
  • Denmark Team Dignitas
  • Sweden Ninjas in Pyjamas
  • Germany mousesports
  • Poland Virtus.pro
  • Denmark SK Gaming
  • Ukraine FlipSid3 Tactics
  • World ワイルドカード枠

USA

  • United States Team Liquid
  • Brazil Luminosity Gaming
  • United States OpTic Gaming
  • United States Counter Logic Gaming
  • United States compLexity
  • United States Cloud9 G2A
  • United States Splyce.gg
  • United States EnemyGG
  • Canada Sponsorless
  • United States Method
  • United States Winterfox
  • World ワイルドカード枠

ESLのUlrich Schulze氏は、テレビ放送の実施、ハイクオリティのオンライン試合、継続的な競技の実施などを2016年大会の目標に掲げているとコメントしていました

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!