Fnaticが『DreamHack Masters Malmö』CS:GO部門の出場を見合わせ、olofmeister選手の手首治療を優先

Fnatic

Sweden Fnaticが2016年4月12~17日にスウェーデンで実施となる『DreamHack Masters Malmö』CS:GO部門の出場を見合わせる事を公式に発表しました。

Fnaticが『DreamHack Masters Malmö』CS:GO部門の出場を見合わせ

公式サイトとチームメイトのJW選手の発表によると、Fnaticはolofmeister選手は先月より手首に痛みを抱えており、こちらの完治を優先させるため『DreamHack Masters Malmö』に出場しないことを決定したとのこと。

今後の活動においては、olofmeister選手にかわるスタンドイン選手を入れて試合に挑むことを検討するそうです。

Victor “vuggo” Jendeby氏のコメント (コーチ)

『DreamHack Masters Malmö』への出場を見合わせることを発表するのは非常に残念なことです。

Olofは先月より腕に問題を抱えており、本日までそれがどれほど深刻であるかわかっていませんでした。2週間ほど前から症状は悪くなり、本人は完全に治るまでプレーしないつもりで、専門家による診察を受けており問題や痛みが無くなるまでには少なくとも2週間ほどかかる見込みです。

私たちはColumbusでの残念な敗北の後に、世界一の座を守るため自国スウェーデンにおいて全てのファンの前でプレーする事を本当に楽しみにしていました。

出場を楽しみにしていたファンのみなさんには申し訳ありません。しかし、私たちはOlofの健康を優先しなくてはなりません。ご理解いただければと思います。

Natus VincereのGuardiaN選手も出場見合わせの可能性

Ukraine Natus Vincereでスナイパーを担当するGuardiaN選手も、自身のTwitterにおいて負傷を理由に『DreamHack Masters Malmö』に出場しないであろうことを明らかにしています。

どうやらこちらも手首の負傷が原因となっているようです。
FPSのトッププロは日々長時間にわたってマウスを振るため、手首を痛めやすいのかもしれません。

両選手とも完治させ素晴らしいプレーを再び披露して欲しいところです。

情報元

ゲーム紹介