eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『SL i-League StarSeries Season 2』CS:GOファイナルの開催地がサミット開催の影響により中国からウクライナに変更

SL i-League StarSeries Season 2

『SL i-League StarSeries Season 2』CS:GOファイナルの開催地変更が発表されました。

SL i-League StarSeries Season 2

『SL i-League StarSeries Season 2』は、中国・南京で開催が予定されていました。

しかし、2016年9月4~5日に杭州で開催される『G20 Leaders Summit』(G20サミット)の影響で厳戒態勢が敷かれ、ビザ審査を含む入国の手続きが大変厳しくなっており、この状況でオフライン大会を実施することは選手や観客に取ってもむずかしい状態であることから、開催地を中国からウクライナに変更する決定を下したそうです。

これに伴い、開催日程が2016年9月7~11日にが変更となっています。
大会には招待・予選通過を合わせた16チームが出場し、賞金総額30万ドルで実施されます。

出場チーム

  • Ukraine Natus Vincere – direct invite
  • Poland Virtus.pro – direct invite
  • Sweden Ninjas In Pyjamas – direct invite
  • Sweden GODSENT – direct invite
  • Denmark Astralis – direct invite
  • France G2 Esports – direct invite
  • Denmark Team Dignitas – EU Qualification
  • Denmark Team X – EU Qualification
  • Korea MVP.Phoenix – CN Qualification
  • China TyLoo – CN Qualification
  • China VG.CyberZen – CN Qualification
  • France Team EnVyUs – EU Qualification
  • Brazil Immortals – NA Qualification
  • United States Optic Gaming – NA Qualification
  • Ukraine HellRaisers – direct invite
  • World TBA – direct invite

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/