NRG eSportsがCS:GO部門のメンバー3名を変更、アメリカを主体としたチーム構成に

NRG eSports

United States NRG eSportsがCS:GO部門をアメリカを主体とした構成に変更すると発表しました。

NRG eSportsがCS:GO部門のメンバー3名を変更

United States NRG eSportsはヨーロッパ系3名をアメリカ系の3名と入れ替え2017年シーズンに挑んでいきます。
いまのところ、スターティングメンバーを外れた選手達との契約は継続されるようで、ステータスとして活動休止になります。

チームの公式サイトでは具体的な理由説明などは行なわれていませんでした。

NRG eSports

  • United States Peter “ptr” Gurney
  • United States Jacob “FugLy” Medina
  • United States Vincent “Brehze” Cayonte (新規加入、元Selfless Gaming)
  • Mexico Omar “MarkE” Jimenez (新規加入、元Team Quetzal)
  • Canada Damian “daps” Steele (新規加入、元OpTic Gaming)
  • United States Zachary “Eley” Stauffer (Analyst)
  • Germany Fatih “gob b” Dayik (活動休止)
  • Serbia Nikola “LEGIJA” Ninic (活動休止)
  • Germany Johannes “tabseN” Wodarz (活動休止)

時を同じくして、アメリカのプロバスケットボールチーム United States Philadelphia 76ers傘下となったTeam Dignitasも、デンマーク主体からアメリカ主体のチームに切り替えることを発表しています

このような動きが出てきているということは、2017年にアメリカのCS:GOチームのみを参加条件とした大規模な大会が開催されることなどが推測できます。
今の所、本当にそのようなものが行なわれるかの情報は確認出来ておらず勝手な期待ですが…。

情報元

ゲーム紹介