eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

LoL世界大会『2017 World Championship』ゲーム内アイテム売上の一部が賞金総額・チャリティ活動へ配分に

champashe_final

League of Legends公式世界大会『2017 World Championship』に関連して、特定ゲーム内アイテム売上の一部を賞金総額、チャリティ活動に配分することが発表されました。

特定ゲーム内アイテム売上の一部が賞金総額・チャリティ活動へ配分に

公式サイトでの発表によると、ゲーム内アイテム「王者アッシュ」スキンの売上を賞金総額に配分する他、25%を使ってチャリティー基金を設立するとのこと。

基金を通じて3つの慈善団体を対象に寄付を行なう予定で、プレーヤー投票を元に最も支持を集めた団体にチャリティ資金の50%、残りの2団体に25%ずつを寄付する計画です。投票にはプレーヤーの名誉レベルが関与する仕組みで、名誉レベルが高いほど投票の重みが増す仕組みを採用しています。

大会を応援すると共に慈善活動も出来るというのはすばらしい取り組みだと思います。

慈善団体の詳細等は、情報元の公式発表をご覧ください。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/