F1公式eスポーツ大会『F1 ESPORTS Series』初代チャンピオンは18歳 Brendon Leigh に

f1

2017年11月24日~25日にアラブ首長国連邦で開催されたF1公式eスポーツ大会『F1 ESPORTS Series』で、United Kingdom Brendon Leigh 選手(18歳)が初代チャンピオンの座を獲得しました。

18歳のBrendon Leigh 選手が『F1 ESPORTS Series』初代王者に

『F1 ESPORTS Series』グランドファイナルは、F1グランプリ最終戦『アブダビGP』のプログラムに組み込まれる形で、会場のヤス・マリーナ・サーキット内で実施されました。
グランドファイナルは3つのコースで、予選と決勝を1レースずつ行い、それぞれのによって得られるポイント合計で最終順位が決まります。

グランドファイナルの王者を決定する最終レースは、実車レースと同じ「ヤス・マリーナ・サーキット」を舞台とし14周で争われ、最終ラップで劇的なオーバーテイクを魅せた18歳の United Kingdom Brendon Leigh が初代チャンピオンとなりました。

DP0IGa-V4AAufxh

総合ポイント順位

  • 1位: United Kingdom Brendon Leigh – 74pt (Toro Rosso)
  • 2位: Chile F. Donoso Delgado – 68pt ( Mercedes)
  • 3位: Germany Sven Zurner – 64pt (Mercedes)
  • 4位: Germany Patrik Holzmann – 45pt (Force India)
  • 5位: Turkey Cem Bolukbasi – 35pt (McLaren)
  • 6位: Denmark Frederik Rasmussen – 35pt (Force India)
  • 7位: Netherlands Allert Vanderwal – 33pt (McLaren)
  • 8位: Venezuela Gianfranco Giglioli – 33pt (Red Bull Racing)
  • 9位: United Kingdom Harrison Jacks – 24pt (Renault)
  • 10位: Finland Joni Tormala – 16pt (Red Bull Racing)
  • 11位: Italy Nicolo Fioroni – 15pt (Sauber)
  • 12位: United Kingdom Salih Saltunc – 12pt (Williams)
  • 13位: Germany Maximilian Benecke – 11pt (Haas)
  • 14位: Poland Patryk Krutyj – 9pt (Renault)
  • 15位: Netherlands Mads Soerensen – 8pt (Williams)
  • 16位: Italy Alberto Foltran – 8pt (ToroRosso)
  • 17位: Germany Cedric Thome – 7pt (Ferrari)
  • 18位: Brazil Igor Fraga – 6pt (Haas)
  • 19位: Italy Tiziano Brioni – 2pt (Sauber)
  • 20位: United Kingdom Sonuc Saltunc – 2pt (Ferrari)

DP0IHREUQAAo1Ar

3レースの獲得合計ポイントで競われたグランドファイナル

車体性能での追上げが難しいeスポーツF1
3レースの内、レース1(サーキット・ジル・ビルヌーブ)のみが初日に行われ、この段階でポイントが1ポイントでも獲得できていれば、レース3の結果次第によって表彰台の可能性があるポイント割り当てとなっていました。しかし、eスポーツでは実写と異なり車種による性能差がない状況となるため順位を上げるのが非常に難しく、現地時間の2日目、午前中から夕方に行われたレース2、レース3の練習走行及び予選走行で、最終順位がほぼ見えてくるという展開でした。

コメント

lottan

日本のゲーミングチームはレースゲーにもっと目を向けるべきだと思う。
レースゲーのタイムアタックのランキング見ても日本人は実力持ってるのがわかる。

Soyokaze

このシリーズのルールを隅から隅まで目を通しましたが、オンラインのオープン予選を含めて、タイムアタックの一発的な強さではなく、総合的なレース強さが求められてました。
セミファイナルの40名はプレイシート社の「プレイシートF1ゲームシート」に収まって競っており、25%の周回でGが掛からないとはいえその体勢も含めて、かなりの体力を要します。
瞬間的な刹那の速さもゲームとしてもちろん魅力ですが、レースとして求められるのはやはり体力を含めた総合的な速さ、そして抜き方を考えるレースマネージメントを1人で行う強さが求められているのではないかなと思います。

GTSports アカデミーからヨーロッパでは実車ドライバーが生まれましたが、国内のそれからはゲーム内のタイムアタックでは振るわなかったものの、体力と実車でのコントロールを評価されたプレイヤーが確かその時は選ばれたと、おぼろげながら記憶しております。