プロサッカーJリーグクラブ『横浜F・マリノス』がeスポーツリーグ『RAGEシャドウバースプロリーグ』への参戦を発表

プロサッカー『Jリーグ』の Japan 横浜F・マリノスが、eスポーツへの参入を発表しました

『横浜F・マリノス』が『RAGEシャドウバースプロリーグ』への参戦を発表

公式サイトの発表によると、Japan 横浜F・マリノスは2018年10月より開幕となるカードゲーム『Shadowverse』の日本プロeスポーツリーグ『RAGE Shadowverse Pro League 2nd season』に参戦。

7月7日(土)に実施される説明会を経て、4名の所属選手を決定する予定です。

新シーズンには、先日発表された日本テレビ子会社 アックスエンターテインメント(株)が運営する Japan AXIZ と今回の Japan 横浜F・マリノスを加えた全6チームの傘下で実施される予定です。

RAGE Shadowverse Pro League 2nd season 出場チーム

  • Japan au デトネーション
  • Japan 名古屋OJA ベビースター
  • Japan レバンガ☆SAPPORO
  • Japan よしもとLibalent、
  • Japan AXIZ [NEW]
  • Japan 横浜F・マリノス [NEW]

日本におけるプロサッカーとeスポーツの展開としては、、Japan 東京ヴェルディが2016年9月にeスポーツ参戦を発表。『日本eスポーツリーグ』にて『Overwatch』『BLAZBLUE CENTRALFICTION』『FIFA 17』といったゲームタイトルで活動を行ないました。

2018年3月には『Jリーグ』が主催するeスポーツ大会『明治安田生命eJ.LEAGUE』の開催が発表され、Jリーグクラブの推薦選手や一般出場選手が大会に出場するなどの展開があります。

『Jリーグ』主催のeスポーツ大会「明治安田生命eJ.LEAGUE」が開催決定、競技ゲームは「EA SPORTS FIFA 18」

プロスポーツチーム「東京ヴェルディ」がeスポーツに参入、サッカーゲーム『FIFA』の専属プレーヤーを公募

情報元