『第1回 全国高校eスポーツ選手権』の競技ゲームに『Rocket League』が追加採用

株式会社毎日新聞社と株式会社サードウェーブ主催する『第1回 全国高校eスポーツ選手権』の競技ゲームに『Rocket League』が追加採用となりました。

第1回 全国高校eスポーツ選手権

『第1回 全国高校eスポーツ選手権』は、「eスポーツを楽しむ高校生を応援し、新しい文化として発展させていくこと」を目的として実施されるeスポーツ大会です。

競技ゲーム第1弾として、『League of Legends』の採用が発表されていましたが、新たにダイナミックなジャンプや移動が可能なバトルカーでサッカーを行なう『Rocket League』の採用が決定しました。

開催情報

  • 予選大会:2018年12月23・24日 – 上位4チームが決勝大会に進出
  • 決勝大会:2019年3月23日 – 準決勝・決勝戦 (会場:幕張メッセ)
  • エントリー人数:1チーム 3名~7名 (コーチも含む ※最大1名。コーチは必須ではありません)※コーチも含め全員同じ高校の生徒であること。
  • 競技形式:トーナメント形式はシングルエリミネーション
  • 予選大会:Bo3形式(2ゲーム先取)
  • 決勝大会:準決勝 Bo3形式(2ゲーム先取)・決勝 Bo5形式(3ゲーム先取)

優勝チームには、「2泊3日の韓国eスポーツ体験旅行」が贈られます。

主催の株式会社サードウェーブは、「一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)」の正会員となっており、同社が展開するゲーミングPCブランド『ガレリア』の「GALLERIA GAMEMASTER」は「JeSU」の公認PCとなっています。

そのような関係性ながらも、今大会の競技ゲームに「JeSUライセンス認定タイトル」となっていない『League of Legends』と『Rocket League』が採用になったというには個人的に興味深いところです。

また、『Rocket League』コミュニティはゲームを広めようという活動にも積極的で、様々なイベントを開催しています。今回、高校生大会の競技ゲームに採用されたことで、若いゲーマーが『Rocket League』をプレーするようになり、よりシーンが活性化するのではないでしょうか。

関連記事

『第1回 全国高校eスポーツ選手権』の競技ゲームに『League of Legends』採用、決勝大会は2019年3月に幕張メッセで開催

情報元