クレジットカード『Mastercard』が『League of Legends』のグローバルパートナーに、グローバルイベントの決済サービスを独占提供、ファンサービスも実施

League of Legends』を展開するRiot Gamesが、クレジットカード『Mastercard』と複数年のグローバルパートナー契約を締結したと発表しました。

クレジットカード『Mastercard』が『League of Legends』のグローバルパートナーに

今回のパートナーシップ契約により、『Mastercard』は下記を含むグローバルイベントにおける決済サービスを独占提供することになりました。

グローバルイベント例

  • Mid-Season Invitational(MSI)
  • All-Star Event(ASE)
  • World Championship(Worlds)

『Mastercard』は「プライスレス」をキーワードに顧客に様々な魅力を提供しています。
今回の提携に合わせて、『2018 World Championship Final』の期間中に下記のようなサービスを実施する計画です。

サービス予定内容

  • オープニングセレモニーのリハーサルを見ることができる舞台裏ツアー
  • リーグ・オブ・レジェンドのプロと一緒にVIP席から試合を観戦
  • プロたちがWorld Championship Finalで使用するゲーミングPCのステージ上でのプレイテスト

『2018 World Championship Final』には、『LJL 2018 Summer Split Final』で Japan Unsold Stuff Gamingを3-1で下した Japan DetonatioN FocusMeが出場となります。

Raja Rajamannar氏のコメント(Mastercard チーフ・マーケティング&コミュニケーションズ・オフィサー)

eSportsはその人気が拡大し続ける一大現象であり、eSportsファンはいずれのメジャースポーツイベントにも劣らぬ情熱と活気を持っています。
私たちの『プライスレス』なプラットフォームは、情熱を通して人々をつなぐことを中心に築かれています。ゲーム内はもちろん、世界最大のeSportsであるリーグ・オブ・レジェンドのトーナメントを毎年観戦している数百万人のファンに向けて、私たちの経験と多様なベネフィットを提供していけることを楽しみにしています。

Naz Aletaha氏のコメント(Riot Games eSportsパートナーシップ代表)

Mastercardとチームを組めることを大変嬉しく思います。この画期的なパートナーシップによって、ファンの皆さんに意義のある長期的な価値を提供していくことができるようになるでしょう。Mastercardはグローバルな規模でeSportsに大きな一歩を踏み出した、最初の世界クラスのブランドのひとつです。Mastercardがスポンサーとなっている他の一流スポーツ・エンターテイメントイベントの数々と同様に、LoL eSportsがMastercardの
支援をいただけることを誇りに思います。

情報元