『Cloud9』のSkadoodleがCS:GOプロ競技シーンから引退ヘ

『Cloud9』CS:GO部門のスナイパー United States Tyler “Skadoodle” Latham 選手が競技から引退となることがチーム公式サイトを通じて発表されました。

『Cloud9』のSkadoodleがCS:GOプロ競技シーンから引退ヘ

チーム公式サイトの発表によると、United States Cloud9は現在5人目のメンバーを探している状態で、新たなメンバーが見つかり次第、United States Skadoodleは正式に引退となります。

United States Skadoodle 選手は2015年4月よりチームに加入。2018年1月に開催されたメジャー大会『ELEAGUE Major: Boston 2018』では Europe FaZe Clanを破り、競技生活における最高のタイトルを獲得しました。その後、2018年3月末に活動休止を発表していましたが、メンバーが不足している状況もあり僅かな期間でチーム復帰。

そして今回、ついに改めて競技シーンを離れる決断が下されました。

Tyler “Skadoodle” Lathamのコメント

CS:GOの競技シーンを離れます。これまでの数年間サポートしてくれたファンの皆さんとCloud9に感謝します。CS:GOチームの成功を願っています。

Jack Etienne氏のコメント (Cloud9 CEO & Owner)

Skadoodleの何年にも渡るCloud9への貢献について語り尽くすことは出来ません。彼は北米Counter-Strikeの象徴であり、休息をとって然るべきです。SkadoodleがCloud9ファミリーであるのを感謝すると共に、次の活動を楽しみにしています。

Cloud9

  • United States Timothy “autimatic” Ta
  • United States William “RUSH” Wierzba
  • Sweden Maikil “Golden” Selim
  • Sweden Robin “flusha” Rönnquist
  • United States Tyler “Skadoodle” Latham (活動休止・引退)

また、本日以下のような大型資金調達の記事がフォーブスジャパンに掲載されていました。今後は、獲得した資金を元にロサンゼルスに大型のチーム施設を作り、若手の育成などにも力を入れていくとのことです。

情報元