『Virtus.pro』CS:GO部門の現行ラインナップが活動中止、2018年内に新体制を発表

『Virtus.pro』がCS:GO部門の現行ラインナップを活動中止にすると発表しました。

『Virtus.pro』CS:GO部門が新体制へ

2018年の『Virtus.pro』はトップTier大会での優勝がなく、上位入賞もほぼかなわない状態で、大会における成績不振が今回の決断理由となっています。

チームは、2018年末までに新体制を発表するとしています。

Roman Dvoryankin氏のコメント (Virtus.pro General manager)

『FACEIT Major: London 2018』の後(※2018年9月)、現在のラインナップが持つ可能性について期待していましたが、残念ながら求めるどおりの結果とはなりませんでした。Virtus.proは若手プレーヤーを中心に競争力のあるチームを作るという長期戦略を展開していきます。ファンのみなさんには変わらぬサポートを期待します。

Virtus.pro CS:GO 2018

  • Poland Filip “NEO” Kubski (31歳)
  • Poland Jarosław “pashaBiceps” Jarząbkowski (30歳)
  • Poland Michał “MICHU” Müller (22歳)
  • Poland Michał “snatchie” Rudzki (20歳)
  • Poland Piotr “morelz” Taterka (24歳)
  • Poland Jakub “kuben” Gurczyński (Coach)

Virtus.proは2014~2015年に好成績を維持し、2016年には2020年までの複数年契約を締結していました。しかし、プロゲーマーは結果が出せなければ今回のように契約が切られてしまう厳しい世界であることが改めてわかりました。

プロゲームチームVirtus.proがCS:GO部門メンバーと2020年までの複数年契約を締結

元々、Virtus.proは「GOLDEN FIVE」と呼ばれる『Counter-Strike1.6』からのレジェンドで構成されたベテラン主体のチームでしたが 2013年に Poland byali、Poland Snax に若いメンバーを追加し、ベテランと若手のミックス構成でその後に大成功を収めました。今年、両選手や Poland TaZ脱退後の若手獲得による強化施策では結果が出ていませんでした。

関連記事

Virtus.pro CS:GO部門キャプテンTaZがスタメン落ちし実質の解雇、Team KinguinのMICHUをレンタル移籍で獲得

Virtus.pro CS:GO部門のSnaxがmousesportsへ移籍、STYKOに代わりスタメン入り

『Virtus.pro』CS:GO部門がメンバー変更、byaliが脱退、morelzがスタメン入り

情報元

ゲーム紹介