Valveが2021年までの『CS:GO』メジャー大会開催日程を大会運営団体に通達とHLTV.orgが報じる

Valveが、2021年までの『CS:GO』メジャー大会の開催日程を主要な大会運営団体に通達したと、HLTV.orgが報じています

『CS:GO』メジャー大会は2021年までの開催が確定か

HLTV.orgによると、Valveは2020年と2021年に開催する『CS:GO Major』の日程とその開催企画提案について主要なesportsの大会運営団体にメールで通達を行なったとのこと。

HLTVが報じてから1日ほど待ってみましたが、公式や関係団体からこの件に関するアナウンスはない状態で、各メディアがHLTV.orgをソースに記事を掲載している状況です。Valveは一方で否定もしていないため、自分も触りのみを紹介することにしました。

「CS:GO Major」開催日程

  • 2020年05月11~24日
  • 2020年11月02~15日
  • 2021年05月10~23日
  • 2021年11月01~14日

** Valveが要望しているとされる新要素**

  • ファンが最も多いエリアでの観戦体験を向上させるため、「21:00 CET」をプライムタイムとした運営を行なうこと
  • 「Major」に続く「Minor」大会は、「Major」と同じ国で実施すること(ビザ取得の問題を解決しやすくするためでもある)

この情報が正しいものであれば、2021年までは公式大会としてValveの資金・賞金提供のもと、サードパーティに運営を委託する形での 『CS:GO Major』が開催されることになります。

「esports」はゲームの権利元が展開に大きな影響を及ぼすことになるため、今回のような情報によりチーム・選手は2021年までは安心感を持って『CS:GO』で競技を継続しやすくなるでしょう。

Blizzard Entertainmentの『Heroes of the Storm』では、2019年に入りesports展開が縮小されると突如として発表され、選手の引退やプロチームの撤退が相次ぎ、突如としてキャリアを継続出来なくなるということが起こりました。

次回のMajor大会としては、2019年8月20日~9月8日に「StarLadder」主催による『StarLadder Berlin Major 2019』の開催が予定されています。

ちなみに、Valveは先日『Dota 2』の公式プロツアー『Dota Pro Circuit 2019/2020』の企画・運営公募を行なっています。

関連記事

来シーズンも開催確定、『Dota Pro Circuit 2019/2020』の運営サードパーティ公募を開始

情報元

ゲーム紹介