東京都が開催する『東京eスポーツフェスタ』の競技ゲームは日本産タイトルのみに、企画・運営を担当する委託事業者を公募ヘ

2020年1月11日(土)・12日(日)に開催される『東京eスポーツフェスタ』の企画・運営を担当する委託事業者公募が開始されています

東京eスポーツフェスタ

「東京eスポーツフェスタ」は、東京都や日本eスポーツ連合などで構成される実行委員会の主催にて、eスポーツの認知度向上及び都内eスポーツ関連産業の活性化を図ることを目的に実施されます。

東京都のサイトにて、このイベントの企画・運営を担当する委託業者の応募に関する条件が発表されました。

こちらを見ていくと色々と面白いのですが、個人的に気になる部分についてのみ紹介します。気になる人が多いであろう、競技ゲームについては以下のようになっています。

※下記のカラー強調は当サイトがつけたものです

競技種目について

イ 競技種目の選定
競技種目は、以下の条件を満たす複数種目による実施を提案し、実行委員会と協議の上、決定すること。なお、競技種目の提案に際しては、選定根拠を提示するとともに、使用の許諾がとれなかった場合等に備え、予備種目も提案すること。
(ア) 国内IPホルダーによるタイトルであること
(イ) 国内外で開催された競技大会での使用実績があること
(ウ) ルールが明確かつ公平性・競技性を有すること
(エ) 集客が期待できること
(オ) 少なくとも1種目は老若男女が分け隔てなく対戦できるものであること

日本産ゲームのみでの開催が明言されました。

実施要件について

(ア) 複数種目で実施すること
(イ) 応募者多数の場合は、適正な方法で競技者を選定すること
(ウ) 競技者及び観戦等の来場者からの参加費・入場料は徴収しないこと
(エ) 優勝者等への賞金は支払わないこととする。副賞として物品を提供することは妨げない
(オ) 競技に際しては、不正が行われないよう、必要な措置を図ること
(カ) 家庭用ゲームソフトの場合は、 (特非)コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)のレーティング表示が「A」、スマートフォンアプリの場合は「3+」又は「4+」のものとすること。ただし、指定のレーティング表示タイトルであっても、公序良俗に反する表現が含まれる場合、競技方法や設定の工夫等により当該表現を除外できるものに限る。

税金で開催されるイベントということもあり賞金はナシというレギュレーションです。
「CERO」レーティングの「A」は、全年齢が対象となっているゲームのことを指しています
スマートフォンアプリは、おそらくApp Storeの年齢制限指定のことだと思われますが、「4+」についてはAppleのヘルプページにて「このカテゴリの App は好ましくない内容を一切含みません。」と記載されています。つまり本大会は「健全なゲーム」で実施しましょう、ということになります。

ちなみに、日本eスポーツ連合のライセンス認定タイトルのレーティングを調べてみたところ下記のようになっていました。

  • 「パズドラ」4+
  • 「モンスターストライク」4+
  • 「ウイニングイレブン 2019」CERO A
  • 「ぷよぷよeスポーツ」CERO A
  • 「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」CERO B
  • 「ストリートファイターV アーケードエディション」CERO B
  • 「GUILTY GEAR Xrd REV 2」CERO B
  • 「BLAZBLUE CENTRALFICTION」CERO C
  • 「鉄拳7」CERO C
  • 「レインボーシックス シージ」CERO D
  • 「Call of Duty🄬: Black Ops 4」CERO Z

この中で今回の募集条件を満たしているのは 「パズドラ」「モンスターストライク」「ウイニングイレブン 2019」「ぷよぷよeスポーツ」の4タイトルとなります。

2019年10月4日(金)~6日(日)に「茨城国体」内で行なわれる「全国都道府県対抗 eスポーツ選手権大会」の競技ゲーム「ウイニングイレブン 2019」「ぷよぷよeスポーツ」が提案・採択される可能性は非常に高いのではないでしょうか。

関連記事

東京都が「東京eスポーツフェスタ」を東京ビッグサイトで2020年1月11日(土)・12日(日)に開催と発表

情報元