日本CS:GOリーグ『宴』2代目横綱は「Absolute」、8月に国際大会の出場権をかけた予選を開催へ

日本CS:GOリーグ『宴』第2杯目 最上位部門「大関」の決勝戦が7月20日(土)に行なわれ、Japan Absolute が Japan Ignis を2-1で下し2代目「横綱」となりました。

日本CS:GOリーグ『宴』2代目横綱は「Absolute」

決勝戦はレギュラーシーズン1位の Japan Ignis と 2位のJapan Absolute がBest of 3形式で対戦。

1マップ目はJapan AbsoluteピックのDust2。こちらは Japan neth 選手のAWPが次々に決まった他、テロリストサイドで6ラウンド連取の Japan Ignisが勝利。

2マップ目Inferno、3マップ目TrainはJapan takej 選手がかなりの活躍を見せ、Twitchのチャットも大盛況。Japan Absolute が2マップを連取し、優勝となりました。

大関 決勝

  • Japan Absolute [2-1] Japan Ignis
    • Japan Absolute [12-16] Japan Ignis (Dust II) [動画]
    • Japan Absolute [16-10] Japan Ignis (Inferno) [動画]
    • Japan Absolute [16-10] Japan Ignis (Train) [動画]

『宴』3杯目は8月15日から登録がスタート。
10月1日より予選ラウンドが開始されます。

8月に世界の切符をかけた戦い

大会のエンディングには、『宴』創設メンバーの1人である Japan XrayN氏が登場し「世界切符をかけて戦う場を用意させてもらうたい」とコメント。
この戦いは8月に実施となり、詳細は7月31日に発表される予定です。

その後の話の流れから、おそらく2019年11月14~17日に中国・上海で行なわれる『eXTREMESLAND CS:GO Asia Open 2019』の出場権をかけたものになるのではないかと思われます。

「esportsファイトクラブ」第3回の動画公開

初心者チーム育成企画「esportsファイトクラブ」の動画3本目も公開されました。
これまでに公開された動画と合わせてご覧ください。

関連記事

アジア大会『eXTREMESLAND CS:GO Asia Open 2019』開催決定、今年も日本予選の実施に期待

参考

ゲーム紹介