『WESG2019-2020』日本予選『CS:GO』決勝は12/14(土)に東京都内で実施へ、出場チーム登録がスタート

世界大会『WESG(World Electronic Sports Games) 2019-2020』日本予選『Counter-Strike: Global Offensive』部門の出場登録がスタートしました。

『WESG2019-2020』日本予選『CS:GO』

『CS:GO』はオンライン予選を通じて決勝戦に進出する2チームを選出。
日本代表の座は、東京都内で行なわれるオフライン決勝戦を通じて決定されます。

予選情報

  • オンライン予選開催日:2019年12月5日(木)~8日(日)
  • オフライン決勝:2019年12月14日(土)
  • 決勝会場:東京都内
  • 日本予選賞金:1位:$20,000 + 本戦出場権、2位:$4,000
  • 出場登録:登録フォーム

2019年より『WESG』のチームゲームにおいては、これまでと異なり複数国籍でメンバー構成することが可能となるようルール変更が行なわれましたが、日本予選においては『Dota 2』部門と同じく、『CS:GO』予選も日本人以外の出場は認められないローカルルールでの実施となります。

参加資格
日本国籍、もしくは日本での永住権を有しており、2020年12月にオフラインで行われる日本予選決勝戦に参加できること。

3.2. Starting from WESG 2019-2020, a team of 5 members must have a minimum of 3 members representing the same nationality, and a maximum of 2 members from other nationalities. All members must register together. As for members with dual or multiple nationalities, he/she must represent only one country or region.

このルールの場合、Japan talooのような日本と韓国の選手で構成されたチームは、日本予選の出場が認められません。Japan talooは『eXTREMESLAND CS:GO Asia 2019』日本予選に出場が許可されず、韓国まで行き予選に出場することになってしまっていました。今回もこれと同じ展開になる可能性がありそうです。

情報元

ゲーム紹介