『Gen.G』が「CS:GO」に参入、元Cloud9のutimatic、daps、koosta、Elmapuddyを獲得

『Gen.G Esports』が「CS:GO」への参入を発表しました。

『Gen.G』が「CS:GO」に参入

チームの発表は、下記のとおりで、United States Cloud 9から3人の選手とコーチを獲得。
残りの2人は数週間以内に発表とのことなので、今月中には明らかになると思われます。

Gen.G CS:GO

  • United States Timothy “autimatic” Ta
  • Canada Damian “daps” Steele
  • United States Kenneth “koosta” Suen
  • Australia Chris “Elmapuddy” Tebbit(Coach)

『Gen.G Esports』は「League of Legends」「Overwatch (Seoul Dynastyを運営)」「PUBG」などで知られており、特にPUBGは11月に開催された世界大会『PUBG Global Championship 2019』で優勝したばかり。

プロサッカー本田圭佑選手の投資ファンドが投資しているチームとしても知られています。

United States Cloud 9は2018年1月にメジャー大会『ELEAGUE Major: Boston 2018』を制覇しましたが、以降はメンバー変更を繰り返し成績は低迷していました。Gen.Gのチーム運営力によって成績を伸ばしていくことができるか注目です。

関連記事

プロサッカー本田圭佑選手の投資ファンドらがeスポーツチーム『Gen.G esports』に出資、総額約51億円の資金を調達、esportsの成長を前向きに認識

世界大会『PUBG Global Championship 2019』優勝は韓国「Gen.G」、最多キルでポイントをリード

情報元

ゲーム紹介