eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『11th Esports World Championships』で日本が総合優勝、「Dota 2」ベスト8、「鉄拳7」「ウイイレ」準優勝

韓国で開催された『11th Esports World Championships』で日本が総合優勝となりました。

11th Esports World Championships

本大会は、3つのゲームを競技タイトルとして実施されました。
日本からは、日本予選を勝ち抜いた代表選手たちが出場。

下記の結果となり、総合成績で優勝という結果となりました。

日本代表結果

  • 『Dota 2』ベスト8 – Japan ENLIFE TM – Suan, 野球犬, うたたねかえる, Arab, toyomaru
  • 『鉄拳7』準優勝 Japan タケ
  • 『Pro Evolution Soccer 2020』準優勝 – Japan UDI

※Dota 2はスイス式トーナメントでグループステージを行ない、同率5位として6チームが並んでいましたが、公式の結果ではベスト8という記載になっていました。

関連記事

『11th Esports World Championships』Dota 2部門、日本代表 ENLIFE TMは3勝2敗ながらプレーオフ進出ならず、決勝はスウェーデンvsタイ

『第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ』Dota 2部門日本代表は「TeamMay」に決定、世界王者「OG」のオマージュポーズを披露

表彰式

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/