The King is back as Carry、『OG』Dota 2部門に「SumaiL」選手が加入

Dota 2の2年連続世界王者『OG』に、Pakistan Sumail “Suma1L” Hassan 選手が加入しました。

『OG』Dota 2部門に「SumaiL」選手が加入

『OG』は Australia ana選手の今シーズン休養、Finland JerAx 選手の引退、France Ceb 選手のスタメン辞退を立て続けに発表。

Denmark n0tail選手、Finland Topson 選手と共に3連覇を目指す新メンバーは誰なのかが気になるところでしたが、Pakistan Sumail “Suma1L” Hassan 選手の加入が明らかになりました。

Pakistan Suma1L選手は2015年の公式世界大会で優勝した最年少王者(当時16歳)の記録を持ちます。自らを「King」と称し、プレーのモチベーションは「お金」と語る恐れを知らぬ若き王は現在20歳。『OG』からFly選手、s4選手が移籍したことで因縁の関係となった United States Evil Geniuses では2019年まで Mid を担当していましたが、『OG』では ana選手に代わって新たな「Carry」を担当としていくことになります。

OG Dota 2

  • Pakistan Sumail “Suma1L” Hassan (Carry)
  • Finland Topias “Topson” Taavitsainen (Mid)
  • Denmark Johan “N0tail” Sundstein (Support)

関連記事

16歳でDota 2世界王者となった若き王「SumaiL」選手、『Evil Geniuses』2019-2020シーズンのスタメンから外れ移籍へ

2年連続『Dota 2』世界王者『OG』のCeb選手がスタメンを辞退、今後は裏方としてチームを支援 「OGに奇跡は無く、ただ懸命な取り組みとお互いに対する優しさがあった」

2年連続『Dota 2』世界王者『OG』のJerAx選手が現役引退、本来の自分、競技者としての自分との剥離を実感した末に決断

情報元

ゲーム紹介