複数のプロチームが出資して開催するCS:GO大会『FLASHPOINT』発表、独自フォーマット採用など「WWE」や「UFC」をインスパイアし大人向けのエンターテインメントを提供

プロチームの出資によって設立された『B Site Inc.』と『FACEIT』がCS:GO大会『FLASHPOINT』を開催すると発表しました。

FLASHPOINT

『FLASHPOINT』は、トッププロチームや団結し、様々な才能を持つ人たちとパートナーシップを組みながら開催するCS:GOのグローバルリーグです。

CS:GOチームの収益性を確保しながら、持続可能で公平な大会システムを提供し、さらにはプロレス「WWE」や総合格闘技「UFC」をインスパイアした大人向けのエンターテインメントを提供するとしています。2020年は2シーズン制で開催し、賞金総額は200万ドルとなります。

出場チーム

シーズン1に出場するのは、本大会に出資する10チームと、LAN予選通過2チームを合わせた12チームです。LAN予選には、ヨーロッパ、アメリカ、南米の予選等を勝ち抜いた8チームの出場で実施されます。

出資チーム

  • United States Cloud9
  • Europe c0ntact Gaming
  • Sweden Dignitas
  • United States Gen.G Esports
  • Denmark MAD Lions
  • Brazil MIBR
  • 後日発表
  • 後日発表
  • 後日発表
  • 後日発表

LAN予選通過チーム

  • LAN予選1位
  • LAN予選2位

大会フォーマット

大会は、4チーム×3グループによるダブルエリミネーション方式トーナメントを「Phase 1」「Phase 2」にわけて行ない、それぞれの順位に応じてポイントを付与。
獲得上位8チームがプレーオフに進出できます。

「Phase 1」のグループ分けには、「FLASHPOINT」ならではの独自システムが採用されています。

Phase 1 & 2ポイント

  • 1位:75 pt
  • 2位:50 pt
  • 3位:30 pt
  • 4位:15 pt

Phase 1

こちらは、以下のフォーマット動画を見ていただくのがわかりやすいでしょう。

  • 4チーム×3グループ
  • ダブルエリミネーション方式トーナメント
  • 1順目:シード上位3チームがランダムにA~Cグループに振り分け (残り9チーム)
  • 2順目:上位3チームのキャプテンが、残ったチームから自グループに入れる1チームを選択 (残り6チーム)
  • 3順目:2順目で選ばれた3チームが残ったチームから自グループに入れる1チームを選択 (残り3チーム)
  • 4順目:3順目で選ばれた3チームが残ったチームから自グループに入れる1チームを選択
  • スワップ:4順目に選ばれたチームは、スワップオプションを行使できる

スワップオプション

  • 1.他のグループと1チームを入れ替える (Swap Vetoの結果に基づく)
  • 2.同グループ内のチーム順を入れ替える(1試合目の対戦相手を変える)
  • 3.スワップ権をパスする

Swap Veto

  • 1順目の3チームは2枚の「否定」カードと4枚の「賛成」を持つ
  • 「1」のオプションが選択された場合、3チームのキャプテンは他に見せないよう1枚を選ぶ
  • 司会の合図と共にカードをオープンする
  • 2枚以上の「否定」カードが出た場合、「1」のスワップは拒否される。「肯定」が2枚以上となったばあい、「1」のスワップが進行される
  • スワップが拒否となった場合、スワップを提案したチームは別のスワップを再提案することが出来る
  • 同じチームによる2つのスワップ提案が拒否された場合、そのチームはスワップ権をパスすることになる
  • 「否定」カードを使い切ってしまった場合は、「賛成」カードを出さなければならない

※ルールの本文はこちら。誤っていましたらご指摘ください。

Phase 2

  • 4チーム×3グループ
  • ダブルエリミネーション方式トーナメント
  • Phase 1の結果に基づき分類を実施

Playoff

  • Phase 1 & 2の獲得ポイント上位8チームが出場
  • ダブルエリミネーション方式トーナメント

大会は、有名なキャスター陣が出演する豪華キャスティングとなっています。

大会は2020年3月よりスタート予定です。

情報元

ゲーム紹介