DetonatioN FocusMeが『LJL 2020 Spring Split Finals』で優勝、大会4連覇を達成

『League of Legends』の春シーズン日本王者を決定する『LJL 2020 Spring Split Finals』が5月4日に行なわれ、Japan DetonatioN FocusMeが Japan Sengoku Gamingに3-1で勝利し4連覇を達成しました。

LJL 2020 Spring Split Finals

『LJL 2020 Spring Split Finals』は、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールでの実施を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響により大会史上初となるオンラインでのファイナル実施となりました。

ファイナルで対戦したのは、レギュラーシーズン1位 Japan DetonatioN FocusMeと2位のJapan Sengoku Gaming。Japan Sengoku Gamingはプレーオフラウンド2で Japan DetonatioN FocusMeを下して初のファイナル進出となっていました。

プレーオフラウンド2では敗北を喫した Japan DetonatioN FoucsMeですが、約1ヶ月の準備期間を経て備えは万全。不利な流れを耐えきり押し返す、一気にゲームを決めるなど王者にふさわしい強さを見せつけました。

1番熱い試合となったのはGame3で、こちらはすさまじい殴り合いのシーソーゲームでどちらが勝つか全くわからないという試合展開でした。あえて結果は書きませんので、上記のリンクより配信アーカイブをぜひご覧になってみて下さい。

最終スコアは3-1で Japan DetonatioN FocusMe が優勝。これで大会4連覇となり、Japan PENTAGRAMが持つ4連覇の記録に並ぶことになりました。

DetonatioN FocusMe 4連覇

  • LJL 2018 Summer Split Finals
  • LJL 2019 Spring Split Finals [記事]
  • LJL 2019 Summer Split Finals [記事]
  • LJL 2020 Spring Split Finals [NEW]

ファイナルの実況解説はこれまで Japan eyes氏、Japan Revol氏が務めてきましたが、今回は Japan Jaeger氏、Japan Recruit氏の若手コンビが担当。こちらも初の出来事です。お2人とも場数をこなして、かなりのわかりやすさ・聞き取りやすさでファイナルを楽しませていただきました。

Japan eyes氏、Japan Revol氏は、Japan katsudion氏、Japan Lillebelt氏と共にプレショー・アナリストデスクのコーナーに出演されていました。

ちなみに、サードパーティサービスの統計データによると、本大会の視聴数は最大6.7万と大きく記録を更新する結果となっていました。大会視聴数については、レギュラーシーズンから2019年を超える視聴を集めていました。

『LJL 2020 Summer Split』は、約1ヶ月半後の6月13日(土)からスタート予定です。

関連記事

「DetonatioN FocusMe」が3連覇を達成、『LJL 2019 Summer Split Finals』優勝、世界大会「Worlds2019」出場へ

情報元