eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

NTTドコモがeスポーツリーグブランド『X-MOMENT』を設立、モバイル『PUBG MOBILE』『LoL Wild Rift』に続き、賞金総額3,200万円のPC『レインボーシックス シージ』リーグを開催

NTTドコモが、eスポーツリーグブランド『X-MOMENT(エックスモーメント)』の設立・運営開始を発表しました。

X-MOMENT

『X-MOMENT』は日本国内で展開するドコモののeスポーツリーグブランドです。
このブランドを通じて、下記のリーグを開催していくことが発表となりました。

  • 2021年2月13日(土):PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON1
  • 2021年3月13日(土):Rainbow Six Japan League 2021

2020年11月には、『League of Legends: Wild Rift』の展開予定についても触れられていましたが、こちらの展開についてはあらためての発表となるようです。

PUBG MOBILE

『PUBG MOBILE』の展開は、11月に発表された賞金総額3億円の『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』に続いて、こちらへの昇格をかけて行なわれる2部リーグ、さらに2部リーグへの出場枠を競い合うオープン大会の開催も発表されました。

  • PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE(一部リーグ)
  • PUBG MOBILE CHALLENGE LEAGUE(二部リーグ)
  • PUBG MOBILE OPEN TOURNAMENT(オープン大会)

『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』にはサムスン電子ジャパン株式会社が協賛しており、フェーズ1の競技用端末として、スマートフォン「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」が採用されています。

一部リーグ 出場チーム

以前は候補として発表されていた出場チームについては、上記のようになりました。
各チームの所属メンバーは、プレスリリース内で確認することが出来ます。

Rainbow Six Japan League 2021

ドコモ主催だけに取り扱いとなるのはモバイルタイトルのみかと思われましたが、PCのFPS『レインボーシックスシージ』を採用する『Rainbow Six Japan League 2021』の開催が発表されました。

賞金総額3,200万円、各選手あたり年間350万円以上の給与保証など破格の条件となっています。さらに、優勝チームには公式世界大会の地域予選にあたる「APAC North 2021」の昇格戦出場権が贈られます。

開催情報

  • リーグ名:Rainbow Six Japan League 2021(略称:RJL 2021)
  • リーグ運営:主催:NTTドコモ、ユービーアイソフト
  • リーグ概要:8チームのプロチームにより行う「レインボーシックス シージ」の国内トップリーグ(1部リーグ)
  • チーム数:8チーム(1チーム5名以上、8名まで選手登録可能)
  • 試合構成:年間1シーズン制、年間合計:56試合
  • 試合形式:BO3(3セットマッチ。2本先取で勝利)
  • スケジュール:2021年3月13日~2021年9月18日(予定)
  • リーグ優勝特典:2021年リーグ優勝チームは、2021年秋に開催される世界大会「APAC North」の昇格戦出場権を獲得
  • 賞金:シーズン賞金総額:3,200万円
  • 選手への給与保証:1チームあたり所属選手最大6名に対して、1名につき年間350万円以上の給与を保証
  • 協賛:株式会社サードウェーブ

出場チーム

  • Japan Crest Gaming Lst:ariya, Eclair, RABBIT, Ruruta, Taka, Wh1skey
  • Japan CYCLOPS athlete gaming:Anitun, Ayagator, BlackRay, gatorada, SuzuC, Fuji3(コーチ)
  • Japan EVA:e:ekus99, Maavi, Reira, SIFTY, TonZ1ru
  • Japan FAV gaming:Afro, ChloroForM, No2., ShiN, Taipon, OdeNMiso(コーチ)
  • Japan GUTS Gaming:Cloud, CrazyPapiyoN, JJ, Lily.GG, Li9ht, Yura, Joghurt(コーチ)
  • Japan REJECT:NoTimeGG.RC, Shift.RC, solty.RC, Take.RC, VaNiSh.RC, Window.RC
  • Japan Sengoku Gaming:A1kyan, Febar, Ramu, Reycyil, Yahoon
  • 未定

1チームは未定となっています。実績的には、先日 Japan 野良連合を脱退したメンバー達が有力と思われるため、新たに所属契約するチームがあれば、そちらが出場するという可能性が高いのではないでしょうか。

さらに、賞金総額500万円の2部トーナメント『Rainbow Six Japan Open 2021』、プロアマ問わず出場可能な賞金総額1,500万円のオープン大会『Rainbow Six Japan Championship』も開催されます。

関連記事

NTTドコモが賞金総額3億円の『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』を2021年に開催、『League of Legends: Wild Rift』も採用

賞金総額3億円『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』に出場する16チームのオーナー候補決定

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!