eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

世界最大の格闘ゲームイベント『Evo』を「Sony Interactive Entertainment」とeスポーツベンチャー「RTS」が共同買収

2021年3月18日に、世界最大の格闘ゲームイベント『Evolution Championship Series(Evo)』の買収が発表されました。

世界最大の格闘ゲームイベント『Evo』が買収へ

今回の買収における要点は以下のようになります。

主なポイント

  • 『Evo』を運営する「Triple Perfect, Inc」から、『Evo』に関連する資産を買収
  • 買収したのはプレイステーションでお馴染みの「Sony Interactive Entertainment」と、アメリカの巨大なタレント・メディアエージェンシー「Endeavor」発のeスポーツベンチャー「RTS」
  • Evo共同創設者のTony Cannon氏、Tom Cannon氏は今後もアドバイザーとして『Evo』に関与
  • 新体制で『Evo 2021 Online』をアメリカ時間の2021年8月6日(金)~8日(日)、13日(金)~15日(日)に開催
  • 2020年の『Evo Online』は創設者の1人 Joey Cuellar氏のセクハラ問題がきっかけとなり、パートナーが離脱。開催中止を発表していた

プレイステーションの「SIE」が買収した影響は?

ライバルプラットフォームで展開される「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズなどが閉め出される心配は無いのかといった声もありましたが、引き続きオープンな大会であり続けるとの記載がありました。

私たちの運営チームは、ひとつのミッションにフォーカスしていく予定です。それは、Evoがこれまで築き上げてきた格闘ゲームコミュニティからの信頼や、その独創的な手法を守り、ファンに寄り添い、大会を発展させることで、イベントや配信がこれまで以上に面白く、魅力的で、より身近になるよう注力していまいります。Evoはこれまで通り、異なる国や地域の格闘ゲームファンの皆さんが繋がり、腕を競い合い、新しい友情を育む機会をご提供するオープントーナメントの大会の場であり続けます。

鉄拳シリーズプロデューサーの原田氏は、以下のようにツイートされていました。

任天堂からのコメントも下記のように出ています(松井悠さんが紹介されていました)。

共同買収した「RTS」とは

個人的に気になったのは、「Sony Interactive Entertainment」と共同で買収を行なったというeスポーツベンチャーの「RTS」です。

  • 「Endeavor」は、元「WME | IMG」として知られるアメリカの巨大なタレント・メディアエージェンシー
  • ゲーマーに馴染みの深いところだと、「WME | IMG」はアメリカのケーブルテレビ「ターナー」と共同で『ELEAGUE』を運営。『ELEAGUE』として2017年・2018年に『SFV』『TEKKEN7』『Injustice 2』といった格闘ゲームトーナメントを展開
  • この「Endeavor」が立ちあげたeスポーツベンチャーが「RTS」で、CEOはStuart Saw氏。

Stuart Saw氏とは

鳴り物入りで誕生した「RTS」のCEOとはどんな人物なのでしょうか。

ということでeスポーツについてはかなりの経験を持つ方でした。

より詳しくは下記の公式発表をご覧ください。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!