eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

テクノブラッドがeスポーツ事業向けの新会社「TechnoBlood eSports」を設立

株式会社テクノブラッドが、eスポーツ事業を移管した新会社「TechnoBlood eSports」を設立しました。

新会社「TechnoBlood eSports」設立

テクノブラッドは、2004年2月に『World Cyber Games』や『Cyberathlete Professional League』の日本予選を実施していた「AceGamer.net」事業とメンバーを有限会社ネクサムから買収(当時の歴史)。

2005年にAceGamerの創設メンバーである犬飼博士氏、長崎潤氏、渡辺俊吾氏はテクノブラッドを去りましたが、その後も『World Cyber Games』日本予選の開催を継続してきた他、近年では国際eスポーツリーグ『World Super League』の開催プロジェクト、エキナカ常設eスポーツ施設「ジェクサー・eスポーツ ステーション」の展開、テクノブラッドブランドでの『VALORANT』『PUBG』『League of Legends』大会主催などを行なっています。

「TechnoBlood eSports」は、これらの事業を移管した新会社で、株式会社テクノブラッド取締役 eスポーツ事業部 部長を担当していた森島 健文氏が代表取締役に就任しています。

テクノブラッドから新会社へ移管される事業

  • eスポーツ事業全般
  • PCカフェ向けコンテンツ流通事業
  • オンラインゲーム向けセキュリティ事業(nProtect Game Guard)

今後は、韓国のeスポーツプラットフォーム開発企業マンラボ社と提携して展開するeスポーツトーナメントプラットフォーム「PlayPot(プレイポット)」を、2021年上半期中にリリース予定とのこと。「World eSports League」の推奨プラットフォームとして採用することで、グローバルな展開を図ると説明されていました。

株式会社TechnoBlood eSports 会社概要

  • 社名:株式会社TechnoBlood eSports
  • 設立:2021年4月1日
  • 代表:代表取締役 森島 健文 (株式会社テクノブラッド取締役 eスポーツ事業部 部長)
  • 所在地:〒111-0051 東京都台東区蔵前3-1-10 蔵前セントラルビル6F
  • TEL:03-5835-5867
  • 事業内容:eスポーツ大会の企画・運営、eスポーツ施設の開業・運営支援、PCカフェ向けコンテンツ流通、オンラインゲーム向けセキュリティツール「nProtect Game Guard」の販売

関連記事

テクノブラッドが国際eスポーツリーグ『World Super League』(WSL)の大会運営会社として基本合意書を締結を、競技ゲームの国内リーグを展開予定

『テクノブラッド』がJR東日本スポーツ株式会社とeスポーツ事業における業務提携を発表

賞金総額50万円『VALORANT TechnoBlood Climber Series』開催、独自レーティング「クライマーポイント」を採用し賞金配分・グループ分けを実施

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!