eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:GO最高峰のプレーヤー「dev1ce」が『Astralis』から『Ninjas in Pyjamas』に移籍、3年契約を締結

Denmark  Astralis CS:GO部門の Denmark Nicolai “dev1ce” Reedtz選手が、Sweden Ninjas in Pyjamasに移籍したという驚きの発表が行なわれました。

「dev1ce」が『Astralis』から『Ninjas in Pyjamas』に移籍

今回の信じられないような移籍発表は、Astralisの公式Twitterで目にしました。
非常に驚いた一方、ツイートからはAstralisというチームの温かさを感じました。

「本日、レジェンドに別れを告げます。Twitterでは文字数制限によりdev1ceへ感謝を伝えきれません。dev1ceがチームに貢献してくれた全てについて感謝するためには、みなさんの手助けが必要です。dev1ceに関するあなたの一番の思い出を、ハッシュタグ #deardev1ce をつけてシェアしてください。」

本発表に関する要点は以下のとおりです。

ポイント

  • 移籍はdev1ce選手が希望し、Astralisが実現に向けて前向きに協力
  • Ninjas in Pyjamasと3年契約で移籍決定
  • Ninjas in Pyjamasはdev1ce選手と役割が重複するnawwk選手との契約を終了

この詳細については、各チームの公式サイトに掲載された関係者のコメントで知ることが出来ますので、以下よりご覧ください。

Nicolai “dev1ce” Reedtz 選手のコメント

Astralisサイトでのコメント

Astralisは自分の人生、チーム、組織の大部分を占めていますが、非常に親しい関係にあるすばらしいチームメイトやスタッフ達に別れを告げます。

この1年間は新型コロナウィルスの影響により、さまざまなキャリアの人たちと同じく、私たち全員にとっても非常に困難なものでした。オフィスから遠く離れた場所に住んでいるためチームメイト達に会うことが出来ず、オンラインやバーチャルでのトレーニングや遠方からプレーするのは大変でした。チームや組織がいかに身近な存在だったのかを見落としていたことが明らかになりました。さまざまな理由により物事を変え、自分自身を見つけることは正しい事だと感じています。

Astralisが今回の移籍に理解を示し協力してくれたことに感謝しています。自分が心から信じるプロジェクトに加わり、よりバランスの取れたワークライフのための良いエネルギー・安定性を見つけることを楽しみにしています。新たなチーム、仲間達と活動を始めるのを待ちきれません!

Astralis、チーム、オフィス、パフォーマンスグループ、全てのパートナーたちと過ごした時間は、いつも大切にしている自分の人生において重要なものとなりました。そして特に、全ファンのみなさんによる支援に感謝します。ファンが自分、チーム、ゲーム、スポーツにとって、どれほど重要であるかを言い表すのは不可能なほどです。

Astralisは常に自分の一部でした。オンラインやオフラインのサーバーで、みんなと再び会えることを楽しみにしています。

Ninjas in Pyjamasサイトでのコメント

Astralisを去るのは非常に難しい決断でした。メンバー達はまるで兄弟のようですが、新型コロナウィルス時代は自分に多くのことを考えさせました。全てが正常に戻った時、自分自身をどこで見ることが出来るのだろうか?私はしばらくスウェーデンに住んでいて、スウェーデン語を話しています。

この若くエキサイティングなNinjas in Pyjamasのプロジェクトについて、本当にワクワクしています。多くのレジェンドたちがプレーしてきた、最も成功しているチームの1つに加入することは自分を奮い立たせます。

例えば、レブロン・ジェームズがレイカーズと共に成し遂げてきたことを見てみましょう。ストックホルムでのメジャー大会開催が迫っています。メジャータイトルをスウェーデンに持ち帰ることが、一番の目標です。

Kasper Hvidt氏のコメント (Astralis、Director of Sports)

Nicolai(dev1ce)は初日からAstralisの一員、チームの中核で、チームの文化と功績を作り上げるのに不可欠な存在でした。史上最高の選手の1人で、どのようなチームであったとしても彼のような選手・人間と別れることになるのは簡単なことではありません。

Nicolaiの性格、Astralisへの貢献は、Ninjas in Pyjamasへの移籍を前向きに進めようと決断した理由にもつながっています。Nicolaiは個人的な理由からスウェーデンの自宅に近いチームに移籍する可能性はあるかとAstralisにたずねてきました。長い話し合いの末に、移籍することが本人にとって最善であるとの結論に至りました。AstralisはすぐにNinjas in Pyjamasへ連絡を取り、移籍に合意するための方法があるかを確認しました。

Nicolaiを2021年12月に契約が切れるまで引き留めておくことも可能でしたが、彼のようにチームへ貢献してくれた人のために、双方が満足する解決方法を探すために全力を尽くしました。Ninjas in Pyjamasとの移籍はその結果であり、Astralisの誰もがNicolaiに別れを告げることを悲しんでいます。またその一方で、全員が将来的に良い結果となる方法でNicolaiの要求に応えることが出来たことについてうれしく思っています。

Astralisを代表してNicolaiが尽くしてくれた時間・努力・チームの文化に対する前向きな貢献・数え切れないほどの忘れられない瞬間について感謝します!

「dev1ce」のようなプレーヤーに別れを告げることは短期的には難しいことですが、選手を入れ替えることもゲームの一部であり準備は万全です。強いAstralisがトップレベルで競うのを見ることになるでしょう。彼が移籍することでどんなに寂しくなっても、この移籍がチームの日々の取り組み、野心、戦略を変えることはありません。

Jonas Gundersen氏のコメント(Ninjas in Pyjamas, COO)

dev1ce選手の獲得は、組織のメンバー達がここ数年取り組んできたことに対する大きな評価の証です。

私たちはNinjas in Pyjamasを象徴する“マジック”を蘇らせる試みに着手しました。これは、新たなスタンダードを定義することが出来る、現代における最新のeスポーツパフォーマンスユニットへの転換を意味します。

ゲームにおける最高の才能を引きつけ保持することがその中核であり、dev1ceは世界最高の選手の1人です。

Ninjas in Pyjamasはチャンピオンシップで勝利するために存在しています。私たちの野望を実現するためのハードワークは、まだ始まったばかりです。

dev1ceのような選手を獲得出来るチャンスがあった場合、そのような機会を逃すことは出来ません。今回の移籍と関連して、ロールが重複するため残念ながらnawwkを手放さなければなりません。

Tim(nawwk)はチームのために尽くしてくれたすばらしい人物で、常に努力する並外れた才能を持つ選手です。彼が新たな所属先をすぐに見つけることが出来ると確認しており、今後の活躍を願っています。

Ninjas in Pyjamas CS:GO

  • Sweden Fredrik “REZ” Sterner
  • Sweden Nicolas “Plopski” Gonzalez Zamora
  • Sweden Hampus “hampus” Poser
  • Denmark Nicolai “device” Reedtz
  • Sweden Björn “THREAT” Pers (Coach)

放出

  • Sweden Sweden Tim “nawwk” Jonasson

dev1ce選手の実績

dev1ce選手の実績は数え切れないほどで、その一部を以下に紹介します。

  • 4度のCS:GOメジャー大会制覇
    • ELEAGUE Major: Atlanta 2017
    • FACEIT Major: London 2018
    • Intel Extreme Masters XIII – Katowice Major 2019
    • StarLadder Berlin Major 2019
  • 「HLTV TOP 20 Player」に7年連続ランクイン(2014~2020年)
    • 2014年:20位
    • 2015年:3位
    • 2016年:3位
    • 2017年:5位
    • 2018年:2位
    • 2019年:3位
    • 2020年:3位
  • 「Intel Grand Slam」達成

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!