eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2世界大会『The International 10』の開催地がスウェーデンからルーマニアに変更、国立競技場で2021年10月に実施

Dota 2公式世界大会『The International 10』の新たな開催地・スケジュール変更が発表されました。

『The International 10』はルーマニア国立競技場で開催

『The International 10』は2021年8月5~15日にスウェーデンで実施が予定されていましたが、スポーツ待遇での開催が政府に承認されず、入国ビザに関する問題が発生。新たな開催地を模索していました

そして今回、ついに新たな開催に関する情報が発表されました。

開催情報

  • グループステージ:2021年10月7~10日
  • プレーオフ:2021年10月12~17日
  • 開催地:Arena Națională(ルーマニア・ブカレスト)
  • 出場チーム数:18
  • 賞金総額:$40,018,195 (約44.2億円, $1=110.63円)

「Arena Națională」はルーマニアの国立競技場で、サッカーでは最大5.5万人を収容した実績があります。

なぜルーマニアになったかという具体的な説明はありませんでしたが、ルーマニア政府が開催を承認してくれたというのが理由としての間違いない1点。また、『The International』は「PGL」が運営を手がけており、同社の本拠地がルーマニア・ブカレストとなります。

関連記事

Dota 2世界大会『The International 10』、スウェーデン政府がスポーツ待遇での開催を認めずビザ問題発生、ヨーロッパの別国で実施を再検討

賞金総額は約43億円、Dota 2公式世界大会『The International 10』がスウェーデン・ストックホルムで2021年8月5日~15日に開催決定

Dota 2公式プロツアー『Dota Pro Circuit 2021』全日程終了、ポイント上位12チームが公式世界大会『The Internatinal 10』出場へ

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!