eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

インゲームリーダー「BoombI4」が『Natus Vincere』CS:GO部門のスタメンから除外に

『Natus Vincere』がCS:GO部門のアクティブロスターからインゲームリーダー Russia Kirill “Boombl4” Mikhaylov 選手を除外したと発表しました

公式サイトの発表内容

PGL Major Antwerpの後、NAVI esports clubはKirill “BoombI4” Mikhailov選手をCS:GO部門のアクティブロスターから除外しました。この決定はチームの評判リスクに大きく関連します。決定はBoombI4選手の成績に起因するものではありません。

BoombI4選手がこの3年間で「PGL Major Stockholm 2021」優勝、「Intel Grand Slam 3」達成、その他のメジャー大会での勝利に貢献・寄与してくれたことに感謝しています。

BLAST Premier: Spring Finalsのロスターは、後日改めて発表致します。

NAVI CS:GOメンバー

  • Ukraine Oleksandr “s1mple” Kostyliev
  • Russia Denis “electroNic” Sharipov
  • Russia Ilya “Perfecto” Zalutskiy
  • Ukraine Valerii “b1t” Vakhovskyi
  • Ukraine Andrii “B1ad3” Horodenskyi (Coach)

インアクティブ

  • Russia Kirill “Boombl4” Mikhaylov

この発表直後は、公式サイトにアクセス出来ないほどの注目度でした。
脱退の明確な理由は明かされていない状況で、本人のSNS発信もありません。

Natus VincereのCEOは、2022年3月末の「ワシントンポスト」インタビューにて「Natus Vincereはロシアに居住し同国に税金を納める人とは取り組みを行なわない方針」「CS:GO部門のメンバーを維持したいと思っており、ロシア在住の選手達が移住することを願っている」とコメントしていました。

「Boombl4」選手は、メジャー大会を制するほどのチームでインゲームリーダーを勤める才能があり、成績が原因でなくロスターを外れるということは、この点が関連している可能性がありそうです。

Natus Vincere入場シーン

https://clips.twitch.tv/FancyGracefulPepperoniEleGiggle-7XEOCskACVqmNEA3

関連記事

『Natus Vincere』CEO、ロシア在住選手3名を含むCS:GO部門のロスターを維持したいとインタビューでコメント

『Natus Vincere』が『Intel Grand Slam』達成、CS:GO『ESL ProLeague Season 14』で優勝し指定4大会を制覇

CS:GO『PGL Major Stockholm 2021』で「Natus Vincere」が無敗の完全優勝、初のメジャータイトル獲得、配信視聴数は歴代最高270万越えを記録

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!