eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

dev1ceが『Astralis』CS:GO部門に再加入、約11ヶ月ぶりの競技シーン復帰

『Astralis』CS:GO部門に Denmark Nicolai “dev1ce” Reedtz 選手が再加入しました。

dev1ceが『Astralis』CS:GO部門に再加入

dev1ce選手は、2021年4月に『Astralis』から『Ninjas in Pyjamas』に移籍し3年契約を締結して大きな話題となりました。

2021年12月には、メンタル面に問題を抱え休養に入ることを報告し、現在まで競技シーンからは姿を消していました。

そして今回、古巣の『Astralis』に戻り、改めて選手としての活動を再開することが発表されました。

近年世界トップの座に君臨してきた『Astralis』は2021年頃より調子を落とし、メジャー大会出場も逃してチーム改革に着手したことを発表した状態となっています。

CS:GOメジャー出場を逃した『Astralis』、チーム改革に着手

Nicolai “dev1ce” Reedtz 選手のコメント

Astralisに戻ってきた幸せは、言葉で言い表すことが出来ません。自分にとってAstralisは非常に身近な存在です。Astralisに所属していたことがある誰もが、すばらしい価値観、内部的なサポートを伴う非常に特別な組織であると思っています。Astralisの未来を築く手助けをする準備は、すでに万全です!

自分が難しい時間を過ごしてきたことは、みなさんがご存じのとおりです。回復し、ベストバージョンの自分を取り戻すために必要な時間でした。そのおかげでモチベーションが上がり、前に進むことにエネルギーを注ぐことが出来るようになりました。再びプレーしたいという願望と喜びを見つけたのです。自分が愛するCS:GOに復帰してチームに貢献することを楽しみにしており、始まるのを待ちきれません。

Astralisは獲得した選手の種類を正確に把握しています。自分はメンバーの大半について知っていて、サーバーの内外で何をチームにもたらさなければならないかを理解しています。期待は、自分たちが提供出来る以上のものになると思いますが、Astralisは雑音を遮断し一致団結することに非常に優れています。

そして、Astralisにはどんなことがあっても応援してくれるファンの皆さんがいます。再びユニフォームを着て、自分とチームが常に受けてきたサポートに恩返しするのをとても嬉しく思っています。

Kasper Hvidt 氏のコメント(Director of Sports)

Nicolaiは並み外れた選手・人物です。状況によってはチームメイトにとってかけがえのないサポートであり、AWPという役割においては世界最高の絶対的な存在です。

様々な理由があり公式戦には長い期間出場していませんでしたが、この数ヶ月で自らを鍛え上げ、チームを助けたいという強い意志と共にAstralisへ戻ってきました。

Astralis CS:GO

  • Denmark Andreas “Xyp9x” Højsleth
  • Denmark Lukas “gla1ve” Rossander
  • Denmark Benjamin “blameF” Bremer
  • Denmark Nicolai “dev1ce” Reedtz
  • Denmark Mikkel “MistR” Thomsen
  • Denmark Asger “farlig” Jensen

関連記事

CS:GO最高峰のプレーヤー「dev1ce」が『Astralis』から『Ninjas in Pyjamas』に移籍、3年契約を締結

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ