『CS:GO』アップデート(2019-03-19)

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

今回は、先週にリリースされた連敗ボーナスの仕様変更に関連してスコアボードに敗北数カウントが表示される改善が加えられるという、CS:GOチームからのやさしさを感じられるアップデートとなりました。

Release Notes for 3/19/2019

GAMEPLAY

  • 「Competitive」「Wingman」ゲームモードのスコアボードに両チームの敗北ボーナス情報を表示するようにした
  • Zeus-x27で壁抜きキルが出来ないようになった

MISC

  • Danger Zoneのマッチメイキング時間を改善した
  • Danger Zoneの試合が進行中でも、最近のチームメイトタブに現在のチームメイトが表示されるようになった。これで、良い試合だった場合に再度パーティに招待してプレーすることが出来る。
  • 「The Emperor」から「The」がなくなっていたのを修正した

MAPS

  • 「Vertigo」を「Competitive」マッチメイキングに追加
  • 「Cobblestone」を「Competitive」マッチメイキングから削除
  • 「Overpass」と「Nuke」を「Defusal Group Delta」に移動
  • 「Cobblestone」と「Vertigo」を「Defusal Group Sigma」に移動

Vertigo:

  • CTがボムサイトとの安全なローテーションを可能とするためにCTエントランスを中央に変更した
  • MidのTサイド近くの木材とクレートを前に動かしTのブーストが少し安全となるようにした
  • T spawn とBサイトの金属製階段上におけるplayer collisionがスムースになるようにした
  • サウンドスケープをアップデートした
  • T spawnのジェネレーターを2階に移動させた
  • Tの廊下から天井を通じてMidにグレネードを投げ込みやすくした
  • マイナーな調整と修正を実施

関連記事

『CS:GO』アップデート(2019-03-13)、ラウンド敗北時の獲得マネー仕様変更、「AUG」の価格を値上げ

情報元

ゲーム紹介