Dota 2世界王者『OG』が2019-2020年シーズンのフルラインナップを発表、SumaiL、Topson、MidOne、Saksa、n0tail

『OG』が2019-2020年シーズンのDota 2部門フルラインナップを発表しました。

Dota 2世界王者『OG』が2019-2020年シーズンのフルラインナップを発表

世界大会2連覇を達成したOGは、ana選手の長期休養、JerAx選手の引退、Ceb選手のスタメン辞退、SumaiL選手の加入を連日発表し、Dota 2シーンの注目を集めています。

そして今回、2020年の公式世界大会に繋がる2019-2020年シーズンを戦うフルラインナップが発表されました。

MidOne選手はその名の通り「Mid」をプレーする選手ですが、OGではCeb選手が担当していしたOfflaneにコンバート。

Saksa選手はNinjas in Pyjamas時代と同じくSupportを担当し、JerAx選手に代わる役割を担います。

また、先日発表されたとおりSumaiL選手もMidから代わってCarryとしての起用となっています。

OG Dota 2

  • Pakistan Sumail “SumaiL” Hassan (Carry, ex-Evil Geniuses)
  • Finland Topias “Topson” Taavitsainen (Mid)
  • Malaysia Yeik “MidOne” Nai Zheng (Offlane, ex-Team Secret)
  • Macedonia Martin “Saksa” Sazdov (Support, ex-Ninjas in Pyjamas)
  • Denmark ohan “n0tail” Sundstein (Support)

新生OGは、2020年2月3日からスタートする『ESL One Los Angeles 2020 European Open Qualifiers』に出場予定です。

関連記事

2年連続『Dota 2』世界王者『OG』のJerAx選手が現役引退、本来の自分、競技者としての自分との剥離を実感した末に決断

2年連続『Dota 2』世界王者『OG』のCeb選手がスタメンを辞退、今後は裏方としてチームを支援 「OGに奇跡は無く、ただ懸命な取り組みとお互いに対する優しさがあった」

The King is back as Carry、『OG』Dota 2部門に「SumaiL」選手が加入

情報元

ゲーム紹介