eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:GO『ESL Pro League Season 12』が2020年9月2日よりオフライン実施前提で開催、新型コロナウイルス対策でオンライン展開も想定

『ESL』が、CS:GO大会『ESL Pro League Season 12』を2020年9月2日より開催すると発表しました。

ESL Pro League Season 12

『ESL Pro League Season 12』は、「パートナー」「招待」「スペシャル予選通過」「Mountain Dew League」で出場権を得た世界の24チームが出場して開催されます。
※パートナーについては過去の紹介記事を参照:『ESL』が13のCS:GOプロチームと契約、「ESL Pro Tour」を対象とする大会収益の分配や長期的な「パートナーチーム枠」出場権を付与

「スペシャル予選」は、「ヨーロッパ」「アメリカ」「南米」「オセアニア」「アジア」の5エリアで行なわれ、過去シーズンで実績を持つ招待チームのみの参加となります。

出場チーム(24チーム)

パートナー(13チーム)

  • Australia 100 Thieves
  • Denmark Astralis
  • United States Complexity Gaming
  • Finland ENCE
  • United States Evil Geniuses
  • Europe FaZe Clan
  • Sweden Fnatic
  • France G2 Esports
  • Europe Mousesports
  • Russia Natus Vincere
  • Sweden Ninjas in Pyjamas
  • United States Team Liquid
  • France Team Vitality

招待(3チーム)

  • Australia Renegades
  • Brazil Sharks Esports
  • Brazil BOOM Esports

※シーズン11が新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となり、そのため出場出来なくなったチームに補填として出場権を付与

スペシャル予選(6チーム)

  • ヨーロッパ×2
  • アメリカ×1
  • 南米×1
  • オセアニア×1
  • アジア×1

Mountain Dew League (2チーム)

  • 上位2チーム

基本的にはオフラインで実施する計画ですが、今後も新型コロナウイルスの影響が続き渡航などが不可能な場合、「ヨーロッパ」「アメリカ」「南米」「オセアニア」「アジア」の5エリアを対象とするオンラインリーグに形式を変更して展開していくプランも用意されています。

関連記事

『ESL』が13のCS:GOプロチームと契約、「ESL Pro Tour」を対象とする大会収益の分配や長期的な「パートナーチーム枠」出場権を付与

CS:GO『ESL Pro League Season 11』でFnatic(ヨーロッパ部門)、Team Liquid(アメリカ部門)が優勝

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/