『OpTic Gaming』がインドに進出、CS:GOチームを結成

アメリカを拠点とする有名プロゲームチーム『OpTic Gaming』が、新たなCS:GOチームを結成しインドに進出することを発表しました。

『OpTic Gaming』がインドに進出、CS:GOチームを結成

『OpTic Gaming』はインド進出に向けて AFK Gaming、SoStronkと提携し2018年5月よりCS:GOチームのオープントライアウトを実施。

選考の結果、下記5名が『OpTic Gaming』CS:GO部門のインドチームとして活動していくことが決定しました。

OpTic Gaming India

  • India Vishal “haivaan” Sharma (In-Game Leader)
  • India Agneya “Marzil” Koushik (Lurker)
  • India Sabyasachi “Antidote” Bose (AWP)
  • India Nikhil “forsaken” Kumawat (Support)
  • India Rishabh “Formless” Tomar (Support)

インドは中国と並び人口約13億人、準公用語が英語、IT産業が栄えていることもあり今後のeスポーツ発展における注目国で、2018年にはeスポーツ大会運営会社大手『PGL』も進出を発表しています。

世界トップクラスのeスポーツ大会運営組織『PGL』がインドに進出、現地の『Cobx Gaming』と戦略的パートナーシップ契約を締結

情報元